クライナー・パーキンス・コーフィールド・アンド・バイヤーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
クライナー・パーキンス
Kleiner Perkins
Kleiner Perkins logo black.svg
種類 非公開企業
本社所在地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
Flag of California.svgカリフォルニア州メンローパーク
設立 1972年(46年前) (1972
業種 ベンチャーキャピタル
代表者 ジョン・ドーア(会長)
関係する人物 ユージーン・クライナー(創業者)
トム・パーキンス(創業者)
フランク・コーフィールド(創業者)
ブルック・バイヤーズ(創業者)
ジョン・ドーア(創業社)
ビル・ジョイ(パートナー)
外部リンク 公式ウェブサイト
テンプレートを表示

クライナー・パーキンス英語: Kleiner Perkins) は、カリフォルニア州メンローパークに本部を置くアメリカ合衆国ベンチャーキャピタル。以前の社名であるクライナー・パーキンス・コーフィールド・アンド・バイヤーズ(KPCB)としても知られる。以前の社名は4人の代表社員ユージン・クライナー、トム・パーキンス、フランク・コーフィールド、ブルック・バイヤーズらの名前に由来する。


歴史[編集]

クライナー・パーキンス・コーフィールド・アンド・バイヤーズ(以下KPCB)は1972年に設立された。その頃、ほとんどのベンチャーキャピタルの創設者が財政資格を持っていたのに対し、KPCB の創設者は彼らの産業経験によって特徴づけられた。クライナーはフェアチャイルドセミコンダクターの創設者であり、パーキンスはヒューレット・パッカードの初期のコンピュータ事業部のリーダーの1人だった。

Amazon.comAOLコンパックエレクトロニック・アーツGoogleロータス・デベロップメントマクロメディアネットスケープコミュニケーションズセグウェイサン・マイクロシステムズタンデムコンピューターズジンガ等々、KPCB は300社以上の情報技術・バイオテクノロジー会社に出資してきた。

パートナーにジョン・ドーア、ブルック・バイヤーズがいる。2005年1月、ビル・ジョイはパートナーに任命された。同年7月、元アメリカ合衆国国務長官コリン・パウエルは新設された戦略的有限責任組合員 (Strategic Limited Partner) として会社に加わった。さらに2007年11月12日、アル・ゴア前副大統領を代替エネルギー投資担当のパートナーに迎えた。2008年には元サン・マイクロシステムズ副社長ジョン・ゲージがパートナーに加わった。

主な投資先[編集]

外部リンク[編集]