クマ牧場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
一般的な牧場
牧場のエゾヒグマ
阿蘇カドリー・ドミニオン
(熊本県・阿蘇市)

クマ牧場(クマぼくじょう)は、クマを中心に展示飼養する動物園テーマパーク観光牧場)のこと。「熊牧場」と名乗る施設もある[注釈 1]。多くはクマに給餌して楽しむことができる。北海道のぼりべつクマ牧場が先駆けとなり、日本に広まる。野生に帰すことができないクマの保護収容施設となっている[1]

本来、牧場とは広い土地で家畜を放し飼いにする場所を指すが、日本ではクマの動物園に名付けられた『クマ牧場』( Bear Park )が有名であるため、これを中国などのクマの家畜繁殖場である『熊農場』( Bear Farm )と混同して用いる場合がある。中国の「熊農場」は動物園ではなく、熊製品生産のための畜産場[注釈 2]であるが、日本ではそれと規模や施設に類似点があることから“クマ牧場”と誤って称することがある。

一覧[編集]

現在、日本には7つの熊牧場が開設されている[2]

  • 北海道
    • のぼりべつクマ牧場 - 登別温泉登別市[3]
      草分け。ヒグマは芸をしないという定説を打ち破り芸を披露し全国的な知名度を高めた。“人間の檻”というガラス室からヒグマを観察できる。雄では国内最高齢のヒグマ「ロコ」(1980年生まれ)を飼育する[4]ヒグマ博物館を併設。学術研究が多い。
    • 昭和新山熊牧場 - 昭和新山有珠山山麓[5]
      およそ100頭のヒグマがいる。“人のオリ”があり身近でヒグマを観察できる。仔羆のミルクタイムがある。
    • 北の森ガーデン・熊牧場(大雪山ベアーセンター) - 上川町 (環境省では「大雪くま牧場」)[6]
      道北地方ではただ一つの熊牧場。ヒグマで構成。
    • ベア・マウンテン - 新得町・サホロ岳(サホロリゾート内)[7]
      日本初のベアマウンテン。敷地面積約15ヘクタールに野生に近い“クマの森”を構成。登別からヒグマを搬入。放し飼いにされたヒグマを遊歩道やサファリバスから観察。毎年、冬ごもり実証実験を行う。

※一覧は、環境省による[注釈 3][12]

施設概要[編集]

ここでは日本で主に見られる施設の概要を述べる。

  • 飼養場が高いコンクリート壁で構成される場合は、安全性が高い。
  • 飼養場には木製又は金属製の台が設置されたり、遊具が設置されたり、池が設置される。
  • 飼養場の底面は平面型が主流だが、斜面型もある。
  • コンクリート製の飼養場の場合はホースで散水しながら清掃できる。

クマのポーズ[編集]

  • クマが後脚で立っている場合は、手(前脚)を上げる、手を振る、手を口に当てる、両手を挙げる、腹を叩く、など。
  • クマが寝ころがっている場合は、手や足(後脚)を片方上げる、両手両足を上げる、足をⅤ字に開く、など。
  • クマが座っている場合は、手だけでアピールする、足先を掴んでみせる、など。
  • 池にいると、手で水面を叩く、など。

特にV字に足を開き、足先を手で掴むと、人間の“ヨガ”のポーズに似て見える[13]。V字に綺麗に開脚して足先を掴むヒグマは、「全日本動物写真コンテスト」の作品「開脚」として、朝日新聞2010年10月25日朝刊に取り上げられている。

クマのボスについて[編集]

クマは自然界でも順位があり、強いクマ優先であるが、おとなのオスを群れで飼育すると、「第一位」のクマが現れ、それを「ボス」と呼ぶ。クマはケンカが強いだけではボスになれず、他のクマの承認も重要で、いくら強くても嫌がられるだけの存在では、他のクマがボスとして認めない傾向にある。

ボスとなったクマは、定期的に牧場内を巡回(みまわり)するようになり、この行動は自分の力を誇示するもので、他のクマを圧倒し不要なケンカをなくす効果もある。そのため、群れの安定につながる。

のぼりべつクマ牧場では、ボスを決定する上でマーキングの回数や、攻撃(ケンカ)や威嚇(口ゲンカ)の原因や勝敗、結果なども記録し、集計をし、判断している[14]

社会的意義[編集]

  • 動物園並みの設備を整え、野生動物の保護と観察、研究を行っているところもあり[15]、様々な研究や実証実験が熊牧場で行われた[16]。クマ対策ゴミ箱[17]や、ヒグマ事故の検証[18]なども行われている。クマに関する著作のある前田菜穂子は登別に勤務した[19][20]
  • 環境省によると動物園も含めた国内のクマの総飼育数は1204頭とされ[21]、その過半は熊牧場の所有である。熊牧場は動物園へのクマの供給源である[22]。又、登別で国内最高齢の雄ヒグマを飼育する他、阿蘇には国内最高齢のホッキョクグマもいた[23][24]

行われる講座[編集]

  • ここではのぼりべつクマ牧場での「飼育係によるレクチャー」[25]により先進例を見てみる。
    • 『クマの嫌いなもの』…食べ物の好き嫌い,嫌いな動物,火を怖がるか,嫌いな物,ランコが嫌なこと。[26]
    • 『飼育係のしごと』…6人の飼育係が行う一般的な仕事について。[27]
    • 『クマ牧場のボスについて』…第一位,マーキング,喧嘩の仲裁について。[28]
    • 『クマの耳について』…アレンの法則,聴力,クマよけ,ユキコについて,アイヌについて。[29]
    • 『クマの冬ごもり』…冬眠と冬ごもり,着床遅延,サチコの体重について。[30]
    • 『クマの能力について』…木登り,噛む力,視力などについて。[31]
    • 『クマの食べ物』…野生での食事,牧場での食事,クマの好き嫌い,嗅覚,クマ避けゴミ箱について。[32]
    • 『クマのお母さん』…出産や穴の中での子育ての初撮影,オッパイの成分,サトミのビデオ,ユキコについて。[33]
    • 『エゾヒグマのお話し』…毛色,視力,足,クマの赤ちゃん,事故防止について。[34]
    • 『リスについて』…牧場のリスについて。北海道の3種類のリスについて。それぞれのリスの性格について。[35]

歴史年表[編集]

※略称:「WSPA」-世界動物保護協会(ロンドン)、「ALIVE」-地球主物会議(東京:代表野上ふさ子)、「日動水」-日本動物園水族館教会、「登別」-のぼりべつクマ牧場、「阿蘇」-阿蘇カドリー・ドミニオン、「定山渓」-定山渓熊牧場、「八幡平」-秋田八幡平熊牧場。

注釈[編集]

  1. ^ 例えば、昭和新山熊牧場、阿仁マタギの里熊牧場である。また、奥飛騨クマ牧場は運営会社の正式名称が熊牧場、阿蘇カドリー・ドミニオンは動物取り扱い業の届出が熊牧場となっている。
  2. ^ いわゆる熊胆を中心としたクマの製品を産出する畜産業が動物園施設も併設している
  3. ^ 環境省は、のぼりべつ、昭和新山、サホロ、大雪(上川・北の森)、秋田八幡平、阿仁、奥飛騨、阿蘇の8箇所を把握しているが、秋田八幡平は閉園したため7箇所となる。

脚注[編集]

  1. ^ 野生生物のダイオキシン類蓄積状況等調査マニュアル 環境省 (PDF)
  2. ^ 中央環境審議会動物愛護部会 動物愛護管理のあり方検討小委員会(第22回)議事要旨の資料の一部 (PDF)
  3. ^ のぼりべつクマ牧場 公式HP
  4. ^ クマ山ブログ 2011年2月1日
  5. ^ 昭和新山熊牧場 公式HP
  6. ^ 北の森ガーデン 公式HP
  7. ^ ベア・マウンテン 公式HP
  8. ^ 秋田県 森吉山麓 打当温泉 マタギの湯 公式HP
  9. ^ 北秋田市観光情報HP
  10. ^ 奥飛騨クマ牧場 公式HP
  11. ^ 阿蘇カドリー・ドミニオンHP
  12. ^ 『(社)日本動物園水族館協会の会員以外の動物園等の一覧(およそ300施設)』 中央環境審議会動物愛護部会 動物愛護管理のあり方検討小委員会(第9回)議事要旨の資料の一部 (PDF)
  13. ^ 股を広げて運動をする熊「まるでヨガをしているみたいだ!」(フィンランドの餌付けのできる動物園の例)2010年9月15日,rocketnews24
  14. ^ 『クマ牧場のボスについて』(6月9日、10日実施) のぼりべつクマ牧場-レクチャーダイジェスト
  15. ^ のぼりべつクマ牧場-会社概要
  16. ^ 特定鳥獣保護管理計画 (PDF)
  17. ^ クマ類出没対応マニュアル 環境省 (PDF)
  18. ^ 福岡大ワンゲル部羆襲撃事件の検証実験
  19. ^ 『ヒグマが育てる森』著者紹介 岩波書店
  20. ^ 『北海道民医連新聞 連載エッセー ヒグマからの恋文』著者紹介
  21. ^ 毎日新聞2012年4月25日
  22. ^ 室蘭民報ニュースHP 登別・クマ牧場でも超高齢化―雄の国内最高齢を更新
  23. ^ 動物の寿命図鑑
  24. ^ 阿蘇カドリー・ドミニオンのホッキョクグマ(大きいほうが国内最高齢のオス「トウチャン」)
  25. ^ イベント 飼育係によるレクチャーのぼりべつクマ牧場-イベント&アトラクション
  26. ^ 『クマの嫌いなもの』「みなさんは、クマについてどんなイメージを持っていますか?可愛い?強そう?結構恐ろしいという印象を持っているひとも多いのではないでしょうか? 今回は、そんなクマさんに嫌いなものはあるのでしょうか?というお話をします。」
  27. ^ 『飼育係のしごと』「のぼりべつクマ牧場には、92頭のエゾヒグマが暮らしています。6人の飼育係は、クマのために色々なことをしなければなりません。では、皆さんの知らないクマ牧場の裏側では、飼育係はいったいどんな仕事をしているのでしょうか。秘密の話も入れながら紹介しましょう。」
  28. ^ 『クマ牧場のボスについて』「本来、クマは集団で生活をせず、単独で行動をする動物です。ですが、環境や時期によっては例外もあります。」
  29. ^ 『クマの耳について』「ヒグマは聴力の大変優れた動物です。このヒグマはどれだけ耳が良いのか。また、ヒグマだけでなく色々な生き物の耳、またその役割についても紹介をします。」
  30. ^ 『クマの冬ごもり』「みなさんは、クマの冬ごもりという言葉を聞いたことありますか?のぼりべつクマ牧場で飼育されているヒグマは、冬の間も外に出て元気に動き回っていますが、野生のヒグマは穴の中にこもって冬を越す「冬ごもり」ということをします。北海道の冬はたくさん雪が積もって、気温もグッと下がります。そんな過酷な冬を過ごすために、ヒグマにそなわった能力。今回は、その不思議な冬ごもりについてお話ししましょう。」
  31. ^ 『クマの能力について』「今回のおはなしは、ヒグマはいったいどんなことが出来るのかにスポットをあて、皆さんが知らなかったヒグマの秘密を紹介します。」
  32. ^ 『クマの食べ物』「みなさん、こんにちは。北海道は日に日に寒くなってきており、秋らしい天候になってきています。秋と言えば、やっぱり「食欲の秋」。そこで、9月のテーマはクマの食べ物についてお話しました。」
  33. ^ 『クマのお母さん』「5月第1日曜日は母の日ということで、クマのお母さんを紹介します。クマさんは冬の12月頃から4月上旬頃まで大きな木の根元の下や土の中で、冬ごもりをします。その穴の中でメスグマは、1月から3月に子グマを産みます。そのためクマさんの出産や穴の中での子育ての様子がわかりませんでした。そこでクマ牧場では、ビデオカメラをセットしその撮影に日本ではじめて?成功しました。」
  34. ^ 『エゾヒグマのお話し』「みなさんこんにちは。今回は「エゾヒグマのお話し」と題しまして、クマの能力などをお話ししました。クマの不思議や能力はたくさんあります。ここでは一部を紹介したいと思います。」
  35. ^ 『リスについて』「クマ牧場なのに、なぜクマではなくてリスの話しなのか…?実は、クマ牧場では20年以上もリスを飼育しているのですが、意外と皆さんに知られていないのです。なので、今回は、少しでも多くの人にクマ牧場ではリスも飼育していることをわかっていただきたいとの思いから、今回は「リスについて」のお話しをしましょう。」
  36. ^ 飼育クマが脱走する例は140年近く前からある。(読売新聞より)日本ツキノワグマ研究所,2012/4/25
  37. ^ 雇用管理研究会に参加し経営環境の強化を図る(株)阿蘇熊牧場ポリテクセンター熊本
  38. ^ 株式会社阿蘇熊牧場 代表取締役社長 小笠原 徹朗【その2】|muchcolor アーカイブスマチカラドットコム,ニューコ・ワン株式会社
  39. ^ a b 秋田八幡平クマ牧場について 1 秋田八幡平クマ牧場の経営等の状況 (PDF) 秋田県 生活衛生課
  40. ^ あきた(通巻340号) 1990年(平成2年) 9月1日発行 -全40ページ- ふるさとナウ(20)(秋田県)
  41. ^ a b c 1991、1997、2001に調査したことを示す文書
  42. ^ 「クマ牧場2カ所に改善勧告」asahi.com(朝日新聞)2006年2月21日「92年のワシントン条約京都会議で、ロンドンに本部がある世界動物保護協会(WSPA)が、のぼりべつクマ牧場を「クマの虐待」と告発した経緯がある。増えすぎたヒグマの大量殺処分や、クマの胆嚢(たんのう:熊胆)を売ったことなども明るみに出た。
  43. ^ 野生動物を家畜化する「クマ牧場」のやりたい放題, 金曜日(347), p34〜36, 2000-11-17
  44. ^ a b 地球生物会議ALIVE 動画で見る八幡平クマ牧場
  45. ^ WSPA(世界動物保護協会)&ALIVEによる日本のクマ牧場の調査レポート2003
  46. ^ クマ牧場 世界動物園協会長が会見2005/08/19 11:39 共同通信
  47. ^ 北海道新聞2006年2月22日
  48. ^ 「Japan's parks of pain」(日本語吹き替え版)(YOUTUBE)
  49. ^ WSPAビデオ紹介ページ
  50. ^ 日動水の平成23年度事業報告書 (PDF)
  51. ^ 阿仁熊牧場、年内にも改修計画作成 県、来春着工し来夏受け入れ目指す2012/09/21 22:04 更新,秋田魁web

外部リンク[編集]