クマノミ亜科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
クマノミ亜科
Amphiprion ocellaris (Clown anemonefish) PNG by Nick Hobgood.jpg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 条鰭綱 Actinopterygii
: スズキ目 Perciformes
亜目 : ベラ亜目 Labroidei
: スズメダイ科 Pomacentridae
亜科 : クマノミ亜科 Amphiprioninae
英名
Clownfish, Anemonefish,
Sea bee

クマノミ亜科(隈之魚、熊之実、隈魚[1])は、スズメダイ科の亜科の一つ。2属30種が所属し[2]、一般的にクマノミと呼ばれるが、この名はクマノミ亜科の1種 Amphiprion clarkii標準和名として与えられている(クマノミを参照)。鮮やかな体色、大型イソギンチャクとの共生性転換など多くの特徴を持ち、鑑賞魚としても広く利用される一群である。

特徴[編集]

すべて海水魚で、インド太平洋熱帯域のサンゴ礁に分布する[3]。日本近海では本州中部以南に6種が知られる[4][5][6]食性雑食性で、小型甲殻類や付着藻類を食べる[5]

他のスズメダイ科魚類と同じく、左右に平たく側扁した体型を持つ。この体つきはサンゴの枝やイソギンチャクの触手の間をすり抜けるのに都合がよい。成魚の全長は10-15cm程度。体色は鮮やかで、0-3本の白い横縞を持つ[3]

背鰭の棘条は通常10本、まれに9本または11本で、軟条は14-20本[3]。横列鱗数は50-78枚、鰓蓋骨は鋸歯状である点が、スズメダイ科に属する他の亜科(背鰭棘条12-14本、横列鱗数40枚未満、鰓蓋骨は非鋸歯状)との鑑別点になっている[3]

生態[編集]

イソギンチャクとの共生[編集]

卵を保護するクマノミ亜科の1種

何らかの形でイソギンチャクと関わりを持つ魚類は多いものの、クマノミ類とイソギンチャクの共生関係は最も高度に発達したものとなっている[7]。すべての種がハタゴイソギンチャク科の大型イソギンチャク類と共生する。通常イソギンチャクの触手に触れた動物は刺胞による攻撃を受けるが、クマノミ類は刺胞に対する免疫を持つため、触手に触れても問題なく行動できる[7]。ただしこれは生まれもった体質ではなく、幼魚が徐々にイソギンチャクと触れ合うことで免疫を獲得する[5]。このメカニズムは完全には解明されていないが、体表の粘液分泌もまた、刺胞毒への順応に不可欠な役割を果たすとみられている[7]

両者の関係は一般に相利共生と考えられている[7]。クマノミ類はイソギンチャクの触手の中で外敵による捕食を避け、自身と卵を守りつつ、他の共生生物やイソギンチャクそのものを餌とする[7]。一方で、クマノミはチョウチョウウオなど、イソギンチャクを狙う他の生物を追い払う[7]。さらに、イソギンチャク表面のゴミを取り除き、餌となりそうな有機物をイソギンチャクに運び、共生藻類の繁殖を促すような行動が観察されている[7]。この関係を通じてイソギンチャク側が得る利益は大きく、クマノミと共生するイソギンチャクはそうでない場合と比べて、高い成長率と無性生殖率、および低い死亡率を示すことがわかっている[7]

クマノミ類は孵化する前の卵の時点で、将来の宿主となるイソギンチャクの匂いを刷り込まれる[7]。成魚が住み着くイソギンチャクは生涯にただ一つで、数メートル以上離れることもまれである[7]

同じハタゴイソギンチャク科各種に共生する動物として、クマノミと同じスズメダイ科のミツボシクロスズメダイ、甲殻類ではイソギンチャクカクレエビアカホシカニダマシなどが知られている。

繁殖行動[編集]

一つのイソギンチャクには、通常複数のクマノミが共生する。この中で最大の個体が雌、2番目に大きい個体がつがいの雄となり、残りの個体は繁殖に参加しない。雌がいなくなると、つがいの雄だった個体が雌に性転換し、3番目に大きい個体が雄に昇格して新たなペアが形成される。このように雄から雌へと性転換することを雄性先熟と呼ぶ。

宿主のイソギンチャクにごく近い岩場に産卵し、産卵後はつがいで卵に水を送ったりゴミを取り除いたりと、こまごました世話をする。これはスズメダイ科に共通する習性である。卵から孵化した仔魚は数日にわたる浮遊生活を送った後、海底のイソギンチャク類に定着する[5]

人間との関係[編集]

名称[編集]

和名「クマノミ」は色分けされた体色を歌舞伎役者の隈取に見立てたもので、「ミ」は魚介を表す接尾語とされる。また「隈」は隠れ場所を意味し、イソギンチャクの触手の間に隠れる行動に由来するという説もある。英名「Clownfish」は、イソギンチャクと戯れるような行動がクラウン(ピエロ)のようであることに由来する。またイソギンチャク(Sea Anemone)に寄り添うことから「Anemonefish」、さらに花に群がるミツバチに見立てての「Sea bee」という呼称もある[1]

ファインディング・ニモに登場するニモ[編集]

2003年の映画「ファインディング・ニモ」のヒットにより、飼育・鑑賞用に人気の高まったクマノミの「クラウン・アネモネフィッシュ(ペルクラ種/学名Amphiprion percula)」や、「カクレクマノミ(オセラリス種/学名Amphiprion ocellaris」は、商業的に人工繁殖させた個体が安価に流通している。

前述のクラウン・アネモネフィッシュ(ペルクラ種)は、英語圏では一般に「オレンジ・クラウンフィッシュ(Orange clownfish)」と呼ばれ、生息海域に面するオーストラリアでは「イースタン・クラウン・アネモネフィッシュ(Eastern clown anemonefish)」とも。

本邦の飼育向け魚類市場では、クラウン・アネモネフィッシュの学名を取り「ペルクラ・クラウン」の名で流通して居る場合もある。

日本版ディズニーの公式ページで、「ニモやその家族はカクレクマノミ」との記述があるが、これは誤りである。

新江ノ島水族館、下関市立しものせき水族館海響館、日本魚類学会評議員で日本魚類学会標準和名検討委員会の委員長を務める瀬能 宏ら専門家の分析では、「ニモはカクレクマノミ(オセラリス種)では無く、クラウン・アネモネフィッシュ(ペルクラ種)である」としている[8][9][10]


ニモがカクレクマノミ(オセラリス種)では無く、クラウン・アネモネフィッシュ(ペルクラ種)とされる理由の一部は、次の通り。

1、ニモとその家族はオーストラリア北東部に在る世界最大のサンゴ礁地帯グレート・バリア・リーフに巣を構えており、劇中の舞台となるのは、そのグレート・バリア・リーフからオーストラリア南東部の都市シドニー近海に掛けてである事 (オレンジ・クラウンフィッシュは、オーストラリア北部からグレート・バリア・リーフオーストラリア東部にまたがって分布して居るが、カクレクマノミは日本の奄美大島以南から、西部太平洋オーストラリア北東部、インド洋の一部などの海域に分布し、劇中で描かれた海域には生息していない)

2、劇中のニモの背鰭の鰭条数は10本である事 (両種の背鰭の鰭条(しじょう)数に付いて、ペルクラ種(A.percula)は10本で在り、カクレクマノミは11本である)

分類[編集]

30種が属する(FishBaseに基づく:2014年6月現在)[2]Premnas 属はクマノミ属 Amphiprionシノニムとして扱われる場合もある[3]

クマノミ Amphiprion clarkii
ハマクマノミ Amphiprion frenatus
カクレクマノミ Amphiprion ocellaris

系統[編集]

派生的な系統に属する種ほど、体の横縞が少なく、体高が高くなる傾向にある。次のような系統樹が得られている[11]


Actinicola 亜属

カクレクマノミ



Amphiprion percula





Premnas biaculeatus




Amphiprion latezonatus




クマノミ





Amphiprion chrysopterus



Amphiprion leucokranos






Amphiprion akindynos



Amphiprion mccullochi






Amphiprion akallopisos




ハナビラクマノミ



セジロクマノミ







Amphiprion sebae



トウアカクマノミ






ハマクマノミ




Amphiprion rubrocinctus



Amphiprion melanopus







Amphiprion allardi



Amphiprion chrysogaster






Amphiprion omanensis



Amphiprion bicinctus





Amphiprion nigripes



Amphiprion chagosensis














日本近海に産する種[編集]

  • クマノミ Amphiprion clarkii (Bennett, 1830)
    全長15cmほど。インド太平洋の熱帯域に分布し、サンゴイソギンチャク Entacmaea actinostoloides、ジュズダマイソギンチャク Heteractis aurora 等と共生する[15][16]。体の上半分は黒く、頭部・胴・尾鰭つけ根に計3本の白い横縞が入る。
  • トウアカクマノミ A. polymnus (Linnaeus, 1758)
    全長15cmほど。西太平洋の熱帯域に分布する。主にイボハタゴイソギンチャク S. haddoni と共生し、宿主ともどもやや内湾性の環境を好む[16][17]。体の上半分は黒いが、前半部と後半部に白い大きな鞍状斑があり、尾鰭も白く縁取られる。顔と腹部は橙色で、外見はクマノミに似る[5]
  • カクレクマノミ A. ocellaris Cuvier, 1830
    全長9cmほど。西太平洋の熱帯域に分布し、ハタゴイソギンチャク S. gigantea、センジュイソギンチャク Radianthus ritteri と共生する[5][16][17]。体形は他種より前後に細長く、尾鰭が円い。体は橙色で、目の後ろ・胴体・尾鰭つけ根に白い横縞が入る。各鰭は黒または白黒で縁取られる[18]。沖縄の礁池の低潮線付近の非常に浅いところから水深20mくらいまでに多い[19]
  • ハマクマノミ A. frenatus Brevoort, 1856
    全長12cmほど。インド太平洋の熱帯域に分布し、タマイタダキイソギンチャク E. ramsayi と共生する[16][17]。全身が橙色で、幼魚はクマノミと同様の3本帯があるが、成長すると目の直後の白帯だけが残る[5]
  • ハナビラクマノミ A. perideraion Bleeker, 1855
    全長9cmほど。西太平洋の熱帯域に分布し、センジュイソギンチャク、シライトイソギンチャク R. crispus と共生する[16][17]。セジロクマノミに似るが鰓蓋上に白い線が出るので区別できる[5]。奄美大島以南のサンゴ礁において、外側の比較的潮通しの良い場所で見られる[19]
  • セジロクマノミ A. sandaracinos Allen, 1972
    全長12cmほど。西太平洋の熱帯域に分布し、シライトイソギンチャク[16]やハタゴイソギンチャクと共生する。全身は黄色だが、和名通り背中に白線が縦走する。ハナビラクマノミと異なり、鰓蓋上に白線はない[5]。沖縄のサンゴ礁外縁の比較的潮通しの良い場所で見られるが、数は少ない[19]

脚注[編集]

  1. ^ a b 『魚の名前』
  2. ^ a b c Amphiprioninae in fishbase”. 2014年6月15日閲覧。
  3. ^ a b c d e 『Fishes of the World Fourth Edition』 p.393
  4. ^ 『野外観察図鑑4 魚』
  5. ^ a b c d e f g h i 『日本の海水魚』 pp.434-437
  6. ^ 『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』 pp.1030-1031
  7. ^ a b c d e f g h i j 『The Diversity of Fishes Second Edition』 pp.494-495
  8. ^ http://ameblo.jp/hutagonomatoryoshica/entry-11523052185.html
  9. ^ http://www.kaikyokan.com/cgi/fish0/179.htm
  10. ^ http://getnews.jp/archives/59559
  11. ^ a b Santini, Simona and Polacco, Giovanni (2006). “Finding Nemo: Molecular phylogeny and evolution of the unusual life style of anemonefish”. Gene 385: 19-27. doi:10.1016/j.gene.2006.03.028. 
  12. ^ Ollerton, Jeff and McCollin, Duncan and Fautin, Daphne G and Allen, Gerald R (2007). “Finding NEMO: nestedness engendered by mutualistic organization in anemonefish and their hosts”. Proceedings of the Royal Society B: Biological Sciences 274 (1609): 591-598. doi:10.1098/rspb.2006.3758. 
  13. ^ Allen, Gerald R and Drew, Joshua and Fenner, Douglas (2010). “Amphiprion pacificus, a new species of anemonefish (Pomacentridae) from Fiji, Tonga, Samoa, and Wallis Island”. Aquaculture 16: 129-138. http://www.thefreelibrary.com/Amphiprion+pacificus,+a+new+species+of+anemonefish+(Pomacentridae)...-a0322782156. 
  14. ^ Allen, Gerald R and Kaufman, Les and Drew, Joshua Adam (2008). “Amphiprion barberi, a new species of anemonefish (Pomacentridae) from Fiji, Tonga, and Samoa”. Aqua 14 (3): 105-114. http://hdl.handle.net/10022/AC:P:14506. 
  15. ^ 『新装版山渓フィールドブックス3 海辺の生きもの』
  16. ^ a b c d e f 『新装版山渓フィールドブックス4 サンゴ礁の生きもの』
  17. ^ a b c d 『ヤマケイポケットガイド16 海辺の生き物』
  18. ^ 『エコロン自然シリーズ 魚』
  19. ^ a b c 『ダイバーのための海中観察図鑑』 pp.28-30

参考文献[編集]