クボタショック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
クボタ・ショックから転送)
移動先: 案内検索

クボタショックは、2005年6月29日に毎日新聞兵庫県尼崎市の大手機械メーカー・クボタの旧工場の周辺住民にアスベスト疾患が発生しているとの報道[1]したのを契機として、社会的なアスベスト健康被害の問題が急浮上してきた現象である。

報道までの道のり[編集]

2004年2月7日に日本で初めてのアスベスト被害者団体である「中皮腫・アスベスト疾患・患者と家族の会」が結成される[2] 。その結成をラジオ放送で聞いたドキュメンタリー工房のスタッフらが、2004年6月上旬に上記患者団体の関係者に接触を持ったことにはじまる。スタッフらは患者団体の関係者と協力する形で中皮腫の患者と接触を図っていくが、その過程で職業関連上でアスベストを扱ったことがない患者と出会うこととなった。その1人にとあるガソリンスタンドの女性店長の患者がいた。スタッフらが彼女と初めて接触を持った際に、その患者からクボタが原因企業ではないかとう示唆的な訴えがなされた。患者団体関係者がクボタに電話にて労災死亡者数を問い合わせたところ、全69人のうち原因となった尼崎の旧神埼工場が68人と高率であることがわかった。そのような結果も踏まえ、2005年5月28日にドキュメンタリー工房が制作した「終わりなき葬列〜発症まで30年・いま広がるアスベスト被害〜」が朝日放送で放送された。しかし企業名が伏されていたこと、関西ローカル放送に限定されていたことなどもあって大きな反響を生むわけではなかった[3]。6月中旬、この放送を見た毎日新聞記者が患者団体の関係者に問い合わせを入れ、取材を始めた。6月30日にクボタから被害者への見舞金の支払いがおこなわれる予定となっていたが、前日にそれを毎日新聞が報道して反響を生み出した[4]

クボタショックから救済金制度の設立過程[編集]

クボタは2005年6月30日に3名の中皮腫患者に対して見舞金の支払いを決定したことを発表した[5]。8月12日には「お見舞金(弔慰金)」を制度化させることを発表。対象となる判断基準を設け、該当者に一律200万円の支払いをするとした[6]。 8月末には見舞金制度の請求が24人となり、被害者らは補償についての話し合いに応じるよう要請をし始めた。11月下旬にクボタの部長級幹部が被害者らに初めて謝罪をした。12月25日には中皮腫・アスベスト疾患・患者と家族の会の会合に社長と専務が参加し、被害者らに謝罪するとともに被害者からの訴えや追及、質問に答えた。その中で社長は、「塀の内と外で差別することはしません」と答えた[7]。また、「お見舞金制度」に代わる新たな対策を検討していくことを表明した[8]

2006年3月2日、被害者や尼崎労働者安全衛生センターなどの支援団体関係者らとクボタ との補償に向けての交渉がクボタの阪神事務所で持たれた。クボタからは部長・課長らの5名が参加した。その後、3月31日まで合計4回の交渉が持たれた。その結果は4月15日、被害者らに合意の内容が確認された[9]。2006年4月17日にはクボタが「旧神埼工場周辺の石綿疾患患者並びにご家族の皆様に対する救済金支払い規定」を制定した。同規定の骨子として、①救済金として最高4600万円、最低2500万円の支払い、②石綿による健康被害の救済に関する法律にもとづく認定者に支給、③工場から1キロ以内の範囲に1年以上の居住歴、あるいは通学・通勤歴があること、となっている[10]

2014年3月末時点でクボタが救済金を支払った住民被害者は265人、それとは別に労災認定された元従業員らの石綿関連疾病疾患は190人に達している。救済金制度の創設に向けた交渉にも携わった中皮腫・アスベスト疾患・患者と家族の会会長の古川和子は「救済金の支払いのとき、クボタの社員は深々と頭を下げます。あの姿を信じたい。クボタ・ショック直後、幡掛大輔社長(当時)は尼崎で患者と向き合い、謝罪しました。その原点に立ち戻ってほしい。現社長がもう一度、尼崎の患者や遺族と会うべきだと思います。そうでないと、救済金の支払いが単なる手続きで終わってしまう」と現在までの歴史を振り返っている[11]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 大島秀利、2005年6月29日(夕刊)、「10年で51人死亡 アスベスト関連病で」、「住民5人も中皮腫 見舞金検討、2人は死亡」『毎日新聞』
  2. ^ http://www.chuuhishu-family.net/info/greetings.html
  3. ^ 今井明著・『明日をください』出版委員会編、(2006)、『明日をください―アスベスト公害と患者・家族の記録』アットワークス、pp.64-76
  4. ^ 中皮腫・アスベスト疾患 患者と家族の会 尼崎支部・尼崎労働者安全衛生センター編著、(2011)、『明日への伝言―アスベストショックからノンアスベスト社会へ』、pp.286-288
  5. ^ http://www.kubota.co.jp/kanren/index1.html
  6. ^ http://www.kubota.co.jp/kanren/index2.html
  7. ^ 中皮腫・アスベスト疾患 患者と家族の会 尼崎支部・尼崎労働者安全衛生センター編著、(2011)、『明日への伝言―アスベストショックからノンアスベスト社会へ』、pp.294-5
  8. ^ http://www.kubota.co.jp/new/2006/s4-17.html
  9. ^ 中皮腫・アスベスト疾患 患者と家族の会 尼崎支部・尼崎労働者安全衛生センター編著、(2011)、『明日への伝言―アスベストショックからノンアスベスト社会へ』、pp.295-6
  10. ^ http://www.kubota.co.jp/new/2006/s4-17.html
  11. ^ 中部剛、2014年6月23日、「編集委員インタビュー クボタ問題から9年、何を思う? 健康被害の広がり、驚き」『神戸新聞』