クフモ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
クフモ
Kuhmo
クフモの市章
町章
位置
クフモの位置の位置図
クフモの位置
座標 : 北緯64度07分40秒 東経29度31分05秒 / 北緯64.12778度 東経29.51806度 / 64.12778; 29.51806
行政
 フィンランド
 県 カイヌー県
 郡 ケヒュス=カイヌー郡
 町 クフモ
地理
面積  
  町域 5,457.58 km2
    陸上   4,820.93 km2
    水面   636.65 km2
人口
人口 (2008年10月31日現在)
  町域 10,449人
    人口密度   2.2人/km2
公式ウェブサイト : [1]

クフモ (フィンランド語: Kuhmo)はフィンランドカイヌー県の自治体。ケヒュス=カイヌー郡に属する。人口は10,449人で面積は5,457.58km2。このうち636.65km2は水域になっている。人口密度は低く1km2あたり2.2人。ロシア国境に面しておりその長さは120km。

フィンランド語のみを公用語に指定している。

歴史[編集]

17世紀の始め、クフモの人々はカヤーニオウルヤルヴィの教区に属していた。クフモは1865年に自治体となり1937年まではクフモニエミとして知られていた。この名前を略して現在のクフモに収まった。クフモは1986年に市に格上げされた。

19世紀の間、乾留液やその他の燃料が経済の中心になっていた。1900年に乾留液の生産量はフィンランド最高になり、160万リットルが清算された。

冬戦争ではクフモで重要な戦闘が起こった。クフモの戦いの間48回の地上戦と砲撃がクフモ中心から10kmの位置でおこなわれた。クフモの戦いの後もこの地域の国境線は変わらず、1595年のTäyssinä平和条約より400年国境線を保ち続けている

文化[編集]

クフモは「クフモ室内楽音楽祭」で良く知られている。このお祭りは1970年セッポ・キマネン新井淑子夫妻とその友人のグループから始まった。2006年に出版された本には「森の音楽を聴きましょう」とフランス語と英語で書かれている。

レンティッラ教会