クビナガカイツブリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
クビナガカイツブリ
Aechmophorus clarkii on nest.jpg
クビナガカイツブリ Aechmophorus occidentalis
保全状況評価
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: カイツブリ目 Podicipediformes
: カイツブリ科 Podicipedidae
: クビナガカイツブリ属 Aechmophorus
: クビナガカイツブリ A. occidentalis
学名
Aechmophorus occidentalis
(Lawrence, 1858)
和名
クビナガカイツブリ
英名
Western Grebe

クビナガカイツブリ(首長鳰、学名Aechmophorus occidentalis)は、鳥綱カイツブリ目カイツブリ科に属する1種[1]

形態[編集]

本種は北アメリカ最大のカイツブリであり、56-74cmの全長である。長く細いハクチョウの様な首にある黒白と赤い目をしている。クビナガカイツブリは同じ特徴、振る舞い、習性を持つクラークカイツブリ Aechmophorus clarkii と紛らわしい。

本種は目の周りが黒く、まっすぐで緑っぽい黄色のをもっている。一方でクラークカイツブリは目は白くふちどられ、先端が上を向いた輝く黄色い嘴をもっている。クビナガカイツブリの幼鳥は灰色であり、クラークカイツブリの幼鳥は白である。

生態[編集]

     繁殖地      周年生息地      越冬地

クビナガカイツブリの多くは内陸の湖沼に巣をつくる。北アメリカ西部では海岸沼地に巣をつくることもある。クビナガカイツブリは激しい求愛行動を行う。2羽の鳥が立ち上がり、水の表面をパタパタと打つ。北アメリカの北部ではになると海岸部の外洋へ渡りを行う。北アメリカの南西部やメキシコでは定住しているかもしれない。

本種は水に潜りコイニシン軟体動物カニサンショウウオを捕食する。

更新世後期の北米大陸南西部には、古代の亜種[2]である Aechmophorus occidentalis lucasi が存在したとされている。 クラークカイツブリが1990年代まではクビナガカイツブリと同一種とされてきたことから、出土した化石がクラークカイツブリではなくクビナガカイツブリと同定されるのか明確でない。現在の生物地理学から判断する限りはその割り当ては正しいのであるが、クビナガカイツブリおよびクラークカイツブリが果たして今と同じ地域に分布していたのか、はっきりとはわかっていない。

Sibley分類体系での位置[編集]

シブリー・アールキスト鳥類分類

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 語源Aechmophorus とは "槍を持つ者" を意味する。古代ギリシア語の aichme (槍)と phoros (身につけている者)を合わせたものでありその嘴の形状を表している。occidentalis とはラテン語で "西の" を表す。
  2. ^ 訳者注 「古い亜種」原文 "paleosubspecies" とありましたが適切な日本語が見つからずこの表現にしています。ご存知の方がいらっしゃいましたら訳語を当てていただけると幸いです。

参考文献[編集]

  • BirdLife International (2004). "Aechmophorus occidentalis". IUCN Red List of Threatened Species. Version 2006. International Union for Conservation of Nature. 2006年5月12日閲覧 Database entry includes justification for why this species is of least concern

外部リンク[編集]