クノール (食品ブランド)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クノール本社ビル、ハイルブロン

クノールドイツ語:Knorr)は、ドイツ発祥の食品飲料ブランド乾燥スープで知られる。

現在の所有者はイギリスオランダ多国籍企業ユニリーバで、クノールはユニリーバ最大のブランドである。日本では味の素子会社であるクノール食品ライセンス生産を行い、味の素から販売されている。

歴史[編集]

発祥[編集]

クノールのエンドウマメスープ(紙巻きパッケージ)

1885年、ドイツのカール・ハインリッヒ・クノルスイスにスープ工場を建てたのが発祥。その後1907年に工場をドイツのタインゲンに移し、世界初の乾燥スープを生産した。当時のパッケージ円筒形の巻きで、クノールのロゴはこのパッケージを図案化している。ヨーロッパでは今もほぼ同じパッケージで売られている。

クノール社の本社はハイルブロンにあった。ハイルブロンでは今でも工場が稼働している。

買収[編集]

クノール社はその後、1958年にコーン・プロダクツ・インターナショナル(CPCインターナショナル)に吸収合併され、クノールは同社の主力商品となった。CPCは1998年にベストフーズに社名変更。

しかし、ベストフーズは経営悪化し、多大な債務を負った。2000年にユニリーバに買収され、ユニリーバ・ベストフーズに社名変更した。この買収によりユニリーバは、食品会社としては世界第3位から第1位となった。

各国での展開[編集]

日本[編集]

日本では、味の素の子会社日本コンソメが、1963年にCPCの出資により合弁化し日本食品工業となった。翌1964年に「クノールスープ」を発売。1965年にクノール食品に社名変更。

1987年に味の素はクノール食品を100%子会社化すると同時に、東南アジア6ヶ国のCPC子会社7社を50%合弁化した。その後もCPCとの提携は続いたが、合弁会社のはベストフーズ買収の際にユニリーバに売却されている。

また、これ以外の主な提携企業として三菱商事(グループ企業に日本食品化工を持つ)等がある。

その他の国[編集]

オランダでは、クナッスヴォルシェス(ホットドッグソーセージ)のブランドとしても知られる。

発音[編集]

発祥のドイツ語の発音は[knɔr](クノル)で、日本はこれに順じている。英語には[kn]という発音は存在せずknの綴りは単に[n]と読む語が多いので、Knorrを[nɔɚ](ノア、ノー)と読む人もいるが、CMなどではkのあとに母音を挿入して[kənɔɚ](クノア、クノー)と読んでいる。

外部リンク[編集]