クニグンデ・フォン・エスターライヒ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バイエルン公妃クニグンデ

クニグンデ・フォン・エスターライヒ(Kunigunde von Österreich, 1465年3月16日 - 1520年8月6日)は、バイエルン公アルブレヒト4世の妃。

神聖ローマ皇帝フリードリヒ3世と皇后エレオノーレの娘として、ウィーナー・ノイシュタットで生まれた。夫婦の間の5人の子供うち成人したのは、兄マクシミリアン1世とクニグンデだけであった。

1470年ハンガリーマーチャーシュに求婚されたが、フリードリヒ3世はこれを拒絶した。クニグンデは父の意に反してバイエルン公アルブレヒト4世と結婚した。夫の死後、長男ヴィルヘルム4世の摂政となった。宮廷から辞した後も、息子達のために政治に介入しようとした。また、兄マクシミリアン1世や、他国にいる縁者と密接に連絡をとっていた。

アルブレヒト4世が死んだ1508年、クニグンデはピュートリヒ修道院に入り、修道女となった。

子女[編集]