クトゥブッディーン・ムバーラク・シャー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クトゥブッディーン・ムバーラク・シャーのコイン

クトゥブッディーン・ムバーラク・シャーウルドゥー語:قطب الدین مبارک شاہ‎, ヒンディー語:क़ुतब उद्दीन मुबारक शाह, Qutb-ud-din Mubarak Shah, 1299年年頃 - 1320年7月)は、インド北部を支配したハルジー朝の第5代君主(在位:1316年 - 1320年)。父は第3代君主アラー・ウッディーン・ハルジー

-生涯[編集]

1316年1月、父アラー・ウッディーン・ハルジーが死亡すると、宰相で宦官のマリク・カーフールに上の兄二人は盲目にされて幽閉され、三男のクトゥブッディーン・ムバーラクもまた同様に幽閉され、危うく盲目にされるところであった[1]

その後、幼い末弟シハーブッディーン・ウマルが傀儡として擁立されたが、2月にマリク・カーフールは専横に反発する貴族に暗殺され、ウマルも廃された。貴族らは幽閉されていたムバーラク・シャーを擁立し、4月14日に彼が即位した[2]

ハルジー朝ではアラー・ウッディーンが強力な指導権の確立のために圧政を行なっていたため、その反動で内紛や反乱が相次いでいた。ムバーラク・シャーはこれを抑えるために大赦を布告したばかりか、父時代の統制の緩和や恩赦を連発したが、かえって王朝にさらなる混乱を招き、社会不安も増大させた[3]

とはいえ、ムバーラク・シャーは父アラー・ウッディーンのような冷酷さを見せ、1316年ヒズル・ハーンシャーディー・ハーン、シハーブッディーン・ウマルの三人を殺害したばかりか、1317年にヤーダヴァ朝の君主ハリパーラデーヴァが反乱を起こした際、その生皮をはぎ取って殺した[4]

また、ムバーラク・シャーは父アラー・ウッディーンがマリク・カーフールを重用したように、自身もヒンドゥー教からの改宗奴隷である ホスロー・ハーン を重用し、彼を総司令官の地位に任命した。グジャラート出身の彼は親戚と称して、同地方の低級カーストであるパルワーリを集め、300人を宮殿に引き入れた。

1320年7月、ムバーラク・シャーはホスロー・ハーンに殺害され、首のないその死体は中庭に放り投げられたのだという[5]

脚注[編集]

  1. ^ ロビンソン『ムガル皇帝歴代誌』、p.131
  2. ^ ロビンソン『ムガル皇帝歴代誌』、p.131
  3. ^ ロビンソン『ムガル皇帝歴代誌』、pp.131-132
  4. ^ ロビンソン『ムガル皇帝歴代誌』、p.132
  5. ^ ロビンソン『ムガル皇帝歴代誌』、p.132

参考文献[編集]

  • フランシス・ロビンソン; 月森左知訳 『ムガル皇帝歴代誌 インド、イラン、中央アジアのイスラーム諸王国の興亡(1206年 - 1925年)』 創元社、2009年 

関連項目[編集]

先代:
シハーブッディーン・ウマル
ハルジー朝の君主
1316年 - 1320年
次代:
滅亡