クタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

座標: 南緯8度44分 東経115度10分 / 南緯8.733度 東経115.167度 / -8.733; 115.167

クタ(Kuta)は、インドネシアバリ島南部に位置するビーチリゾート。インドネシア共和国バリ州バドゥン県クタ郡クタ村に属する。中心部はおおむね南緯8度43分20秒東経115度10分20秒

西向きの海岸に砂浜が広がる。かつては静かな漁村であったが、1960年代サーフィンと夕陽の名所としてインドネシア国外からサーファーやヒッピーなどが集まるようになり、北隣のレギャンとともにレギャン通りを中心に観光地化、ホテルやレストラン、バー、ディスコ、土産物店などが並ぶ、バリ島きっての繁華な商業地区となっている。

2010年代に入ると海岸に大量の漂流・漂着ごみが打ち寄せられるようになり、特にモンスーンの時期には深刻な問題となった。2018年、当局は海岸6キロを対象にゴミ緊急事態を宣言。多数の作業員を投入し、大量のゴミ回収を始めている[1]

交通[編集]

デンパサール国際空港から車で10〜15分。

脚注[編集]

  1. ^ バリ島で「ごみ緊急事態」 観光客に人気のビーチも AFP(2018年1月21日)2018年1月21日閲覧

関連項目[編集]

ギャラリー[編集]