クズネツォフ NK-12

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Tu-95に装備されたNK-12M

クズネツォフ NK-12Kuznetsov NK-12 )は、1950年代ソ連クズネツォフが開発したターボプロップエンジンである。直径18.4ft(5.6m)の8枚の(それぞれ4枚羽根のプロペラが前後2組にある)2重反転プロペラを駆動させる。NK-12MVの重量は2,540lb(1,155kg)で、NK-12MAの全長は20.4ft(6.2m)である。

設計と開発[編集]

NK-12 ターボプロップエンジンは、第二次世界大戦後、ソ連に連行されたドイツユンカース社の技術者である"フェルディナント・ブランドナー"(Ferdinand Brandner)の下で原型が開発された。戦時中に検討されていた出力6,000hp、重量3,000kgのユモ012 ターボプロップの設計を元に開発されたものである。1947年に5,000ehp、重量1,700kgのエンジンが完成している。ソビエトは新しいニッケルクロムコバルト系の合金(Nimonic)を使用する事で、1951年に出力12,000ehpのTV-12 エンジンが開発された[1]

NK-12Mは出力8,948kW(12,000ehp)、NK-12MVは11,033kW(14,795ehp)、NK-12MAは11,185kW(15,000ehp)に達した。NK-12はこれまでに製造されたうちで最大出力を有するターボプロップエンジンである。現在これに匹敵するのはプログレス D-27TP400のみである。

Tu-95爆撃機とその派生機種であるTu-142哨戒機Tu-114旅客機にNK-12MVが装備され、実用機としては今なお、最速のプロペラ機の一つとなっている。同様にAn-22輸送機にもNK-12MAが装備されている。その他、エクラノプラン地面効果翼機)であるA-90 オリョーノクにも装備された。

同軸反転プロペラは、14段式の軸流式圧縮機により高度に応じて圧縮比9:1から13:1まで変化し、同様に吸気口の案内翼および排気弁も高度・出力に応じて制御される。燃焼室はカンニュラー方式でそれぞれの燃焼管噴射装置の下流の中央に備えられ、後端はアニュラ型になっており、同軸反転式プロペラと圧縮機は5段軸流式タービンで駆動される。空気流量は65kg(143lb)/秒である[2]

搭載機[編集]

仕様諸元[編集]

一般的特性

構成要素

性能


脚注[編集]

  1. ^ Kuznetsov NK-12 (Russian Federation) - Jane's Aero-Engines
  2. ^ a b c d e f g Creation of the TV-2 (NK-12) turboprop engine
  3. ^ Civil Turboshaft/Turboprop Specifications

外部リンク[編集]