クジラのソラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
クジラのソラ
ジャンル SF
小説
著者 瀬尾つかさ
イラスト 菊池政治
出版社 富士見書房
レーベル 富士見ファンタジア文庫
巻数 4巻
テンプレート - ノート

クジラのソラ』は、瀬尾つかさによる日本ライトノベルイラスト菊池政治が担当。2006年、富士見ファンタジア文庫富士見書房)より刊行。

ストーリー[編集]

十年前。地球は異星人の圧倒的艦隊を目の前に一戦も交えず全面降伏した。地球を制圧した異星人たちが地球の人間達に課したのは一つのシステム「ゲーム」。異星人が求めたのは「ゲーム」の勝者。一年に一度行われるゲームの大会で優勝し世界一となった3人の人間を、異星人の艦隊に迎え入れること。以来10年。異星人と各国政府の後押しを受け、人々は「ゲーム」に熱狂していた。

桟敷原雫は3年前にゲームの勝者となって宇宙へ旅立った兄を追う為、自身もまたゲームの勝者となることを望んでいた。チーム「ジュライ」を率い大会の勝者となるべく奮闘する彼女は、更なるチームの強化の為にかつて伝説のメカニックと呼ばれた少年・門倉聖一を仲間に引き入れようと彼の下を訪れ、そこで枕井冬湖と言う名の少女と出会う。


登場人物[編集]

「ジュライ」のメンバー[編集]

桟敷原 雫
15歳、高校1年の少女。
門倉 聖一
枕井 冬湖
小池 智香

既刊一覧[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]