クエンテン・マルティノス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
クエンテン・マルティノス Football pictogram.svg
名前
本名 クエンテン・ジョージ・フェリックス・マルティノス
Quenten Geordie Felix Martinus
愛称 マルちゃん[1]
ラテン文字 Quenten Martinus
基本情報
国籍 オランダの旗 オランダ
キュラソーの旗 キュラソー
生年月日 (1991-03-07) 1991年3月7日(27歳)
出身地 キュラソーの旗 キュラソーウィレムスタット
身長 183cm
体重 70kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 浦和レッズ
ポジション MF (SH) / FW (WG)
背番号 11
利き足 左足
ユース
オランダの旗 SCカンブール・レーワルデン
オランダの旗 SCヘーレンフェーン
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2010-2013 オランダの旗 SCヘーレンフェーン 7 (0)
2012-2013 オランダの旗 スパルタ・ロッテルダム(loan) 15 (1)
2013 ハンガリーの旗 フェレンツヴァーロシュTC 7 (0)
2013-2014 オランダの旗 FCエメン 34 (3)
2014-2016 ルーマニアの旗 FCボトシャニ 49 (8)
2016-2017 日本の旗 横浜F・マリノス 53 (9)
2018- 日本の旗 浦和レッズ
代表歴2
オランダの旗 オランダU-17 3 (0)
2014- キュラソー島の旗 キュラソー 8 (1)
1. 国内リーグ戦に限る。2018年1月5日現在。
2. 2018年10月13日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

マルティノスことクエンテン・ジョージ・フェリックス・マルティノス(Quenten Geordie Felix Martinus、1991年3月7日 - )は、キュラソー出身、オランダ国籍[2]プロサッカー選手キュラソー島代表Jリーグ浦和レッズ所属。ポジションはサイドハーフ(SH)ウイングフォワード(WG)

来歴[編集]

クラブ[編集]

キュラソー島で生まれ、家族とともに生後8か月でオランダ北部のレーワルデンへ移住。幼少期よりストリートで技術を磨き、地元SCカンブール・レーワルデンの下部組織を経て2005年SCヘーレンフェーンの下部組織に加入。2009-2010シーズンの初めに膝半月板および軟骨損傷の重傷を負い、約2年に及ぶ治療とリハビリを経て2010-2011シーズンのリーグ最終戦でトップチームデビューを果たした[3][4]

2012-2013シーズンにスパルタ・ロッテルダムにレンタル移籍し、シーズン途中にハンガリーフェレンツヴァーロシュTCに移籍。2013-2014シーズンはFCエメンで、2014-2015シーズンから2015-2016シーズンにかけてはルーマニアFCボトシャニでプレーした。

2016年3月25日、Jリーグ・横浜F・マリノスへの移籍加入が発表された[5]4月2日、第1ステージ第5節のガンバ大阪戦に先発し、公式戦初出場。後半に決勝点となる初ゴールを記録し、勝利に貢献した[6]

2018年1月5日浦和レッズに完全移籍で加入[7]

代表[編集]

ユース年代にオランダの世代別代表(U-16、U-18)に選出されていたが、18歳の時の膝の負傷に伴う2年間のブランクにより代表から遠ざかることとなった[4]

オランダ代表には縁がないと感じ始めていた時に熱心な誘いを受けて、2014年よりキュラソー島代表を選択。パトリック・クライファート監督のもとで国際Aマッチ3試合に出場した[3][4][8]

2017年にはCONCACAFゴールドカップに初出場を果たしたキュラソー島代表に再び選出された[9]

2018年、CONCACAFネーションズリーグ予選のアメリカ領ヴァージン諸島代表戦で初ゴールを決めた。

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
オランダ リーグ戦 リーグ杯KNVBカップ 期間通算
2010-11 ヘーレンフェーン エールディヴィジ 1 0 1 0
2011-12 6 0 6 0
2012-13 スパルタ・ロッテルダム エールステ 15 1 15 1
ハンガリー リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
2012-13 フェレンツヴァーロシュ NB1 7 0 7 0
オランダ リーグ戦 リーグ杯KNVBカップ 期間通算
2013-14 エメン エールステ 34 3 34 3
ルーマニア リーグ戦 リーグ杯ルーマニア杯 期間通算
2014-15 ボトシャニ リーガ1 30 4 30 4
2015-16 19 4 19 4
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2016 横浜FM 20 J1 24 4 6 0 5 0 35 4
2017 29 5 0 0 2 0 31 5
2018 浦和 11
通算 オランダ エールディヴィジ 7 0 7 0
オランダ エールステ 49 4 49 4
ハンガリー NB1 7 0 7 0
ルーマニア リーガ1 49 8 49 8
日本 J1 53 9 6 0 7 0 66 9
総通算

代表歴[編集]

試合数[編集]

  • 国際Aマッチ 8試合1得点(2014年 - )
代表国 試合数 得点
通算 キュラソー 8 1

脚注[編集]

  1. ^ Twitter:713202579581186054”. 横浜F・マリノス (2016年3月25日). 2016年3月25日閲覧。
  2. ^ マルティノス:横浜F・マリノス”. Jリーグ.jp. Jリーグ. 2018年5月23日閲覧。
  3. ^ a b 横浜FMも発表…キュラソー代表FWマルティノスが完全移籍加入”. サッカーキング (2016年3月25日). 2016年3月25日閲覧。
  4. ^ a b c 井川洋一 (2017年9月16日). “クライファート愛弟子に横浜で直撃。マルティノス、Jリーグってどう?”. Number Web (文藝春秋). http://number.bunshun.jp/articles/-/828883 2018年5月20日閲覧。 
  5. ^ マルティノス選手 移籍加入のお知らせ”. 横浜F・マリノス (2016年3月25日). 2016年3月25日閲覧。
  6. ^ 横浜3連勝 マルティノスがデビュー弾/G-横5節”. 日刊スポーツ (2016年4月2日). 2016年4月2日閲覧。
  7. ^ 横浜FMのマルティノス、浦和に完全移籍「数多くのタイトルを」サッカーキング(2018年1月5日)
  8. ^ 横浜FMが“キュラソー島の使者”獲得を発表「サポーターの雰囲気が素晴らしい」”. FOOTBALL CHANNEL (2016年3月25日). 2016年3月25日閲覧。
  9. ^ “【横浜M】マルティノスがキュラソー代表選出!ゴールド杯で悲願の1勝目指す”. スポーツ報知. (2017年6月30日). http://www.hochi.co.jp/soccer/national/20170630-OHT1T50095.html 2018年5月24日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]