クイーン (護衛空母)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
HMS Queen (D19).jpg
艦歴
発注
起工 1943年3月12日
進水 1943年8月2日
就役 1943年12月7日
退役 1947年7月
除籍
その後
性能諸元
排水量 8,333トン
全長 496 ft (151.2 m)
全幅 69 ft 6 in (21.2 m)
吃水 23 ft 3 in (7.1 m)
機関
最大速 18 ノット
航続距離
乗員 士官、兵員646名
兵装 5インチ砲2門
連装40 mm機銃 8基、
20 mm機銃 27-35基
搭載機 18-24

クイーン (HMS Queen, D19) は、イギリス海軍護衛空母アメリカ海軍ボーグ級航空母艦セント・アンドルーズ (USS St. Andrews, AVG/ACV/CVE-49) として完成し、レンドリース法に基づきイギリスに貸与された。

艦歴[編集]

セント・アンドルーズは海事委任契約の下ワシントン州タコマシアトル・タコマ造船所で1943年3月12日に起工された。1943年7月15日に CVE-49(護衛空母)に艦種変更され、1943年7月31日にロバート・W・モース夫人によって進水した。1943年12月7日にレンドリース法に基づきイギリス海軍へ引き渡され、同日クイーン (HMS Queen, D19) の艦名でイギリス海軍で就役した。

クイーンは1944年を北大西洋で活動し、アメリカからイギリスへ兵員や物資を運搬する船団の護衛に従事した。

1945年になるとノルウェー沿岸での機雷敷設や船舶攻撃作戦に参加。続いて5月にはソ連へ向かうJW67船団とソ連から戻るRA67船団を護衛した。1945年末にはインド洋へ移動した。

戦争が終了するとクイーンは1946年10月31日にバージニア州ノーフォークに帰還、イギリス海軍を退役しアメリカ海軍へ返還された。1947年7月に除籍され、アムステルダムN.V. Stoomv, Maats, Nederland Co. に売却、1947年7月29日に Roebiah と改名された。その後1967年に President Marcos、1972年に Lucky One と改名され、1972年に台湾でスクラップとして廃棄された。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • David Hobbs, Royal Navy Escort Carriers, Maritime Books, 2003, ISBN 0907771998

外部リンク[編集]