クイーカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
クイーカ
別称:クイカ
各言語での名称
Cuíca
Cuíca
Cuica
Cuica
クイーカ
内部の棒の見えているクイーカ
分類

打楽器

関連楽器
関連項目

クイーカ(:Cuíca, Cuíga)は、打楽器に分類される楽器の一種。「クイカ」とも表記されることもある。

概要[編集]

皮に垂直に短い棒を取り付けたもの。片面太鼓の皮の内側中央に付けられたこの棒を、ぬらした手やしめった布でこすり振動させることにより、独特の音を出す。棒を挟む指の力を調整したり、もう一方の手で皮の張力を調整することで、音の高低を作ることができる。9.25インチのものが比較的多く見られるが、特にプラスチックヘッドやプリマウントヘッドでは6、8、10インチのものもある。本皮ヘッドでは「ポッチ」のある竹ヒゴのポッチ部分を皮で包み込むようにして糸で留めるが、プラスチックヘッドの場合は小さな穴をナイロンナットおよび竹ヒゴ付きのナイロンボルトで挟み込んで固定することが多い。

ブラジル楽器で、サンバなどのブラジル音楽に多く使われる。

こんな音です。

こんな音も出ます。

これらの音声や映像がうまく視聴できない場合は、Help:音声・動画の再生をご覧ください。

主な使用例[編集]

類似する楽器[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 丸本大輔 (2017年3月29日). “おわり(泣)「けものフレンズ」福原P絶賛「たつき君、本当にすごいな!」”. エキサイトレビュー. エキサイト. 2017年10月13日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]