クイズなないろDREAMS 虹色町の奇跡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
クイズなないろDREAMS
虹色町の奇跡
ジャンル クイズゲーム
対応機種 アーケード[AC]
セガサターン[SS]
PlayStation[PS]
ゲームアーカイブス (PS3/PSP/PSVita) [GA]
開発元 カプコン
発売元 カプコン
人数 1 - 2人
発売日 [AC]1996年9月20日
[AC安]1996年10月14日
[SS/PS]1997年6月27日
[GA]2011年7月27日
対象年齢 [GA]CEROB(12才以上対象)
コンテンツ
アイコン
恋愛・セクシャル
その他 [AC安]は、安価基板の意
他に携帯電話向け配信あり。携帯電話版およびGAのPSPでの使用時の人数は1人。
テンプレートを表示

クイズなないろDREAMS 虹色町の奇跡』(クイズなないろドリームス にじいろちょうのきせき)はカプコンより1996年9月に発売されたアーケード用クイズゲーム。カプコンお得意のクイズゲームに当時ブームだった恋愛ゲームの要素を盛り込んだ「恋愛クイズゲーム」という異色作となっている。

1997年6月27日にはセガサターンPlayStationに移植された。また、2006年 - 2007年にかけて携帯電話の各キャリア(iアプリEZアプリYアプリ)移植版が配信開始された。PlayStation版は2011年7月27日からゲームアーカイブスで配信されている。

ストーリー[編集]

3月31日の夜、星を見ていた主人公は虹色町に8つの流星が降り注ぐのを見る。主人公めがけて落ちてきたそのうちの一つは手のひらサイズの妖精少女だった。

彼女の話によると、異世界で魔王を封印していた「封印のクリスタル」が7つに分裂し虹色町に降り注ぎ、この町に住む7人の女の子と同化してしまったという。そして半年後に復活するであろう魔王を再封印するためにはその女の子たちと心を通わせることが必要だという。はたして主人公は世界を救うことができるのであろうか?

システム[編集]

ゲームは分岐する双六状になっているカレンダー(マップ画面)の上を1〜6の目の出るルーレットで出た目の分前進し、そのマスで登場したヒロインが出すクイズをノルマ数正解することでそのヒロインの好感度が上昇していく(コンシューマー版ではオプションでルーレットを使用しない設定も可)。クイズに失敗するとライフカードが-1され、0枚になるとゲームオーバーとなる。マップ中には特殊な効果のあるマスがあり、これらに止まるとゲームが有利に進行する(一部例外あり)。

特殊マスの一覧

ヒロイン
好感度が一定分上昇した状態でヒロインマスに止まればイベントが発生し、ストーリーが進行していく。また、ヒロインマスに止まった場合はそのヒロインに対応したジャンルセレクトができる。
テル
テルはめぐみの飼っている犬。正しい行動選択をするとライフカードが+1される。
リンツ
毎月末に必ずあり(9月末はリンツの代わりに魔王が表示される)、素通りはできない。月末以外にも特定のマスに潜んでいて、そこに止まった場合はクイズの正答率によってマップの形状が変化する。
日曜日
ヒロインの代わりに妖精が登場し、クイズに正解するとヒロイン1人の好感度を確認できるほか、ライフカードが+1されることがある。
施設
その施設が好きなヒロインが登場する。ヒロインイベントが進行する場合もある。
薬箱
妖精が登場し、クイズに正解するとライフカードが+1される。
分岐
このマスを通過する際は1、2ボタンでルートを選択する。ルートによって登場するヒロインのマスが決まっているため、攻略したいヒロインがいる場合はルート選択が重要となる。

ライフカードは絵柄によって正解が見える、スコアが2倍になるなどの特殊効果がある。発動時間が設定されており、クイズの制限時間とともに減少し、一定時間経過すると効果を失う。威力の高いカードほど発動時間は短い。

ルーレットは目押しすることである程度狙いのマスに止まることが可能。しかし、ルーレットはランダムで目押ししたマスからずれることがある上に(しかも3回目までに必ずずれる)外れの目が存在し、外れた場合は強制的に6マス進まされた上にオジャマキャラであるリンツとのクイズ対戦となりヒロインの好感度を稼ぐことはできない。ゲームは1か月ごとのステージに区切られており、それぞれの月末では強制的にリンツとのクイズ対戦に、最終月である9月末では魔王との最終決戦となる。

ストーリー上では「魔王の封印にはクリスタルの力が必要」とあるが、実際には魔王との最終決戦のときに最終イベントまでストーリーを進めたヒロイン1人につきライフが1増えるだけなのでクリスタルの力がなくとも魔王を倒すことは可能。しかし、最低でも1人のヒロインと仲良くなっていないと非常に寂しいエンディングになることは避けられない。また、分岐によって登場するヒロインのマスが限られる(原則的に桃子+その他のヒロイン2人の計3人。9月のみ全員登場する)ため、一度のプレイで全員からクリスタルを得ることはできない。

携帯電話版[編集]

ケータイカプコンより配信。ヒロイン別に1丁目〜4丁目の4本に分割されている。登場ヒロインが削減された分、ゲーム期間も3か月に圧縮されている。

携帯アプリ版だけのおまけ要素として、ゲーム中未使用のシナリオ、設定(ボツ案)を見ることができる。

また、少しではあるが、アーケード版およびコンシューマ版発売以降の年の話題に関するクイズを新収録している。たとえば綿矢りさ東京ディズニーシーに関することなど。

虹色町1丁目(2006年3月1日配信開始(iアプリ)、めぐみ編)
めぐみ、桃子、絵美の攻略が可能。
虹色町2丁目(2006年5月1日配信開始(iアプリ)、久美子編)
久美子、真由美の攻略が可能。おまけとしてボツになった話がある。
虹色町3丁目(2006年7月3日配信開始(iアプリ)、サキ編)
サキ、シャーロットの攻略が可能。おまけとして絵美シナリオのボツ案がある。
虹色町4丁目(2006年8月2日配信開始(iアプリ)、妖精)
妖精、リンツの攻略が可能。おまけとして虹色町の案内がある。

登場人物[編集]

恋愛ゲームとしては奇抜な設定のキャラクターが多い。また、アーケード版では7人のヒロインは製菓会社をモチーフとした名前がつけられていた[1]が、コンシューマー版以降の登場作品ではキャラクター名が変更となっている。これは特定の会社から抗議があったわけではないが、リスクを恐れたカプコン法務部からの要請による自主規制とのこと[2]。声優のキャスティング協力はアーツビジョン

以下、アーケード版とコンシューマ版で名前および声優が異なるキャラクターは、アーケード版の方を先にして併記する。

主人公
1P・2Pで2人同時プレイも可能。ディフォルト名は1Pが「まなぶ」、2Pが「まこと」。
森永めぐみ(もりなが めぐみ) / 森次めぐみ(もりつぐ めぐみ)
- 白鳥由里 / 川村万梨阿
16歳。主人公が最初に出会う女の子。ペンダントを拾ったことをきっかけに仲良くなるが、彼女がモデルにスカウトされたことで徐々に2人の気持ちがすれ違うようになっていく。
キャッチフレーズは「1億人の妹」。正統派ヒロインキャラクター。髪型はピンクのロングヘアにヘアピン。好物はアイスクリーム
趣味は散歩と昼寝であり、何故か日中でも町中をぶらついていることが多い。開発者の中だけの設定として「実は中卒」というものがある[3]
モデルは『ドラえもん』の源しずか、『同級生2』の鳴沢唯、『ときめきメモリアル』の藤崎詩織[4]。開発当初は久美子がメインヒロインだったが、暗い性格ではメインにはふさわしくないとして急遽追加されたキャラクター。「実はアンドロイド」という没案もあった[2]
不二家桃子(ふじや ももこ) / 藤倉桃子(ふじくら ももこ)
声 - 倉田雅世
16歳。眼鏡とセーラー服が似合う積極的な女の子。その行動力で主人公とも仲良くなる。
青色の髪で、独特の髪型は「きしめん」「紙テープ」と称されることもある。ラジオドラマでは真由美から「クルクルした綿菓子みたいな可愛い髪」と言われていた。
バスト88cmのムッチリした体格。アーケード版ではパンチラシーンがあったが、コンシューマー版ではカットされている。得意技はサマーソルトキック。好物はおはぎ(餡ころ餅)。
モデルは『同級生2』の都築こずえ、味覚糖のビタミンキャンディー「ピピンC」のCMで矢田亜希子の後ろで踊っている娘(小畑由香里)。眼鏡をかけているのは藤島康介の漫画からの影響[4]
江崎久美子(えざき くみこ) / 潮崎久美子(しおざき くみこ)
声 - 根谷美智子 / 荒木香恵
17歳。水泳一筋でオリンピック強化選手のスポーツ少女。髪型は緑色のショートヘア。無口で感情を表現することが苦手だった彼女も、主人公と仲良くなるに連れ徐々に打ち解けてくる。好物は杏仁豆腐
人付き合いの悪さは『新世紀エヴァンゲリオン』の綾波レイが基になっているが、一番のモデルは早見優[4]
鐘紡サキ(かねぼう サキ) / 想鐘サキ(おもかね サキ)
声 - 根谷美智子
16歳。虹色町に頻出する怪獣に立ち向かう地球防衛軍隊員(国際公務員)。主人公と知り合い、互いに心引かれていく。好物はカレーライス
彼女のシナリオには特撮ネタが多くちりばめられている。モデルは『新世紀エヴァンゲリオン』の惣流アスカ、綾波レイ、『ウルトラセブン[4]
佐久間絵美(さくま えみ) / 咲良絵美(さくら えみ)
声 - 倉田雅世 / 山田美穂
23歳。スクープを追うカメラマン。ひょんなことで彼女と知り合った主人公は、彼女の助手を勤める。
報道写真やモデル撮影など何でもこなす。「しっかりしたお姉さん」という立場で主人公の相談に乗る。
いつも頭に大ぶりのサングラスを乗せている。好物はキムチラーメンマンゴープリン
髪の色はオレンジでショートヘア。ヘソ出しTシャツやホットパンツなど、露出の多い服装が多い。
モデルは『シャカリキ!』の野々村さゆり、デザイン上のモデルは『キューティーハニー』のカメラマン状態[4]
東鳩真由美(とうはと まゆみ) / 小鳩真由美(こばと まゆみ)
声 - 天野由梨
25歳。虹色中央高校の教師で主人公の担任。教師と生徒の壁を越えて徐々に仲良くなる中で、彼女の周囲で不思議現象の数々が頻発する。
担当科目は多分理科。ラジオドラマでは、学生寮の寮生の指導も担当している。バスト91cmとセクシーな外見で生徒に人気だが、性格は脳天気で非常に子供っぽい。髪型は普段はウェーブのかかったロングだが、夏になるとアップにまとめる。色はピンク。
チャイナドレス女性警察官の制服など、コスプレシーンが多い。好物はくるみ餅
酒癖が非常に悪く、飲むと絡んできたり、ラジオドラマでは太腿の内側にあるほくろを見せつけようとするなどして、主人公を困惑させる。
大人になりきれない「頼りない大人」がコンセプトで、モデルは『ふしぎなメルモ』のミニスカートの大人状態[4]
シャルロッテ(Shalllotte) / シャーロット(Charlotte)
声 - 根谷美智子 / 菅原祥子
12歳。虹色町の豪邸に養育ロボットに囲まれ一人で暮らしているこの少女に気に入られた主人公は家族の温かみを教えようとするが、彼女を守ろうとする養育ロボとの対決により町は大騒ぎになる。
愛称は「ロッテ」。主人公を「サル」と呼び、騒動に巻き込む。髪は黄色で、「歯茎&コイル」とも呼ばれる個性的な髪型。好物はチョコレート
アーケード版では貧乳を露出するイベントシーンがあったが、コンシューマー版では下着が着せられている。
モデルは『サイバーボッツ』のデビロット[4]で、一部のイベント背景画像では『スーパーパズルファイターIIX』のデビロットステージを改変したものが流用されている。
妖精
声 - 白鳥由里
年齢不詳。魔王を封印しようとする主人公を陰から支援する。通常は全裸であり、胸や股の部分は長い髪の毛で隠れている(通称「妖精股隠し」)。昆虫のような羽が生えており、空が飛べる。コンシューマー版ではヒロインに追加され、日曜日に何度も止まっていると進行する彼女のストーリーが追加。
コンシューマー版のシナリオでは、次第に人間の感情を持っていく設定になっており、結構嫉妬深い性格が明らかになる。服を着るようになったり、グレて野良猫と仲良くなったりするシーンがある。
食いしん坊である。好物は新鮮なもの。
リンツ(Lindt) / リンツ(Linz)
声 - 根谷美智子
17歳。魔王の手下の悪魔娘で、主人公を邪魔すべく付きまとう。しかし、個人的には主人公のことを気に入っている節もある。
アーケード版では名前の綴りが「Lindt」(スイスチョコレート会社リンツ&シュプルングリーLindt & Sprüngli)と同じ)だったが、コンシューマー版では「Linz」に変更されている。
コンシューマー版ではルーレットのリンツの目を出し続けることで彼女とのエンディングが追加。
複数のキャラクターのシナリオの途中で登場する。めぐみシナリオではいかにもやり手そうなマネージャー・樺田に変身し、めぐみの貞操が狙われているのではないかと主人公を悩ませる。真由美シナリオでは対決するシーンがあり、リンツが女性であることが明かされるのはアーケード版ではこの絵のみである(アーケード版ではリンツは攻略できない)。
彼女いわく「妖怪天井下がりは遠い親戚」とのこと。典型的ツンデレキャラクター。好物はキャンディー
SNK VS. CAPCOM 激突カードファイターズ』シリーズ(トレーディングカードゲーム版も含む)では、1作目と2作目のアクションカード「いやがらせ」で登場している。
魔王ゴディバ / 魔王
声 - 西村知道
アーケード版ではチョコレートメーカーにちなんで「魔王ゴディバ」という名があったが、コンシューマーでは「魔王」としか呼ばれない。封印のときに垣間見える素顔は美形。実は女性である。
じいや
声 - 高木渉
シャルロッテ(シャーロット)の作った家族ロボット。ロッテの護衛役でもあり、何かと主人公に絡んでくる。
ホシノマナブ
声 - 白鳥由里
地球防衛軍に出入りする小学生の少年。サキに助けられたことをきっかけに、地球防衛軍特別隊員としての地位を与えられている。サキを「お姉ちゃん」と慕っている。
テル
めぐみの飼い犬。時々町をうろついている。好物はあんパンと骨。
樺田(かばた)
声 - 西村知道
めぐみのマネージャー。主人公のとの仲を引き裂こうと画策する。
めぐみシナリオクリア後は性格がすっかり丸くなり、おネエ言葉を多用するように変化しているとの描写がある。

関連商品[編集]

本作のキャラクターが出演している他のゲーム[編集]

MARVEL VS. CAPCOM CLASH OF SUPER HEROES
想鐘サキがスペシャルパートナーとして登場。
SNK VS. CAPCOM 激突カードファイターズ』シリーズ
全作品(トレーディングカードゲーム版も含む)で想鐘サキがキャラクターカードとして登場。
ネオジオポケット版2作品とトレーディングカードゲーム版で、森次めぐみ、リンツがアクションカードで登場。
タツノコ VS. CAPCOM CROSS GENERATION OF HEROES
Wii版のみ、想鐘サキがプレイヤーキャラクターとして登場。エンディングのアニメムービーでは本作の内容にも言及している。なお、声優が本名陽子に変更されている。
モリガン・アーンスランドのエンディングにホシノマナブが登場。
鬼武者Soul
カプコンヒロインズとして想鐘サキが武将となって登場。声優は本名陽子。

CD、グッズなど[編集]

QUIZなないろDREAMS虹色町の奇跡 ゲームサウンドトラック
アーケード版のサウンドとボイスが収録されたCD。1997年1月22日に発売。『スーパーパズルファイターIIX』のサウンドトラックとの2枚組。「誕生日の入力」など、実際のゲームでは使用されなかったボイスも一部収録されている。
なないろDREAMS虹色町の奇跡 ドラマアルバム
ラジオ番組「飯塚雅弓のMEGA-TONスマイル」で1999年1月2日から5週間放送されたドラマをCD化したもの。1999年2月20日に発売。主人公の「仲村誠」役は石田彰
ピンズシリーズ QUIZなないろDREAMS 虹色町の奇跡
カプコンのネット通販サイトe-capcomにて販売されているキャラクターピンズ
カプコン☆着音画報
カプコンの携帯電話向け着メロ、壁紙配信サイト。スタッフによるめぐみとサキの書き下ろしイラストがある。

ラジオCM[編集]

家庭用版発売にあたってCMが制作され、カプコンがスポンサーを務めるラジオ番組の枠で放送された。内容は主人公に女の子たちが迫って来てクイズゲームであることをアピールするもの。携帯アプリ版虹色町の4丁目には本CMの内容をテキスト化したものが収録されている。

脚注[編集]

  1. ^ エンターブレイン月刊アルカディア』2011年7月号91ページ
  2. ^ a b QUIZなないろDREAMS開発者インタビューその6(カプコンオンラインゲームズYouTube公式チャンネル)
  3. ^ スタジオベントスタッフ著『QUIZなないろDREAMS 虹色町の奇跡 公式ガイドブック』(アスペクト)より。
  4. ^ a b c d e f g カプコンの小冊子シークレットファイル『クイズなないろDREAMS 虹色町の奇跡』より。

外部リンク[編集]