クィントゥス・マルキウス・レクス (紀元前118年の執政官)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Rmn-social-header-1-.svg
クィントゥス・マルキウス・レクス
Q. Marcius Q. f. Q. n. Rex
出生 不明
死没 不明
出身階級 プレブス
氏族 マルキウス氏族
官職 法務官紀元前121年以前)
執政官紀元前118年
前執政官紀元前117年
指揮した戦争 対ストエニ族
テンプレートを表示

クィントゥス・マルキウス・レクス(Quintus Marcius Rex)はプレブス(平民)出身の共和政ローマの政治家・軍人。紀元前118年執政官(コンスル)を務めた。

出自[編集]

マルキウス氏族はローマで最も古い氏族の一つであり、第4代ローマ王アンクス・マルキウスの子孫であると称している。当初はパトリキ(貴族)であったと思われるが、一族で最初に執政官になったのは、紀元前357年のガイウス・マルキウス・ルティルスであり、彼以降歴史に登場するマルキウス氏族の人物は、全てプレブスである。レクスの父も祖父も、プラエノーメン(第一名、個人名)はクィントゥスであるが、父レクスは紀元前144年法務官(プラエトル)であり、ローマ最大の水道であるマルキア水道を建設している。

経歴[編集]

紀元前118年、レクスはマルクス・ポルキウス・カトとともに執政官に就任した。レクスはこの年に植民市コロニア・ナルボ・マルティウス(現在のナルボンヌ)を建設するが、その地域は後に属州ガリア・ナルボネンシスとなる。レクスはリグリアのアルプスの麓に居住するストエニ族との戦争を指揮した[1]。この戦いに勝利した後、レクスは凱旋式を実施する栄誉を得ている[2]。しかしながら、当時のローマの若者の中でも将来が嘱望されていた子息を、この戦争中に失っている。 この悲劇にも関わらずレクスは非常に懸命に感情を制御し、息子の葬儀の日にも他の元老院議員と会い、正常に政務を執り行った[3][4][5][6][7]。息子は失ったもののレクスの血統は続き、紀元前68年の執政官クィントゥス・マルキウス・レクスは孫であると思われる。

レクスは数年後の訴訟を起こされているが、弁論家のマルクス・アントニウス(en)の弁護を受けている[8]

家族[編集]

レクスの姉または妹のマルキアはカエサルの祖父にあたるガイウス・ユリウス・カエサルと結婚している。両者の間に生まれた子供は、紀元前91年の執政官でガイウス・マリウスの盟友であるセクストゥス・ユリウス・カエサル、マリウスの妻ユリア(姉)、法務官ガイウス・ユリウス・カエサル(カエサルの父)があった。他の子孫としては、紀元前56年の執政官ルキウス・マルキウス・ピリップスがいる。マルキアとカエサルの祖父の間にはルキウス・コルネリウス・スッラの妻となったユリア(妹)もいる。即ち、マリウスとスッラは義理の兄弟となるが、これはユグルタ戦争ヌミディアとの戦争の時代における両者の関係の近さを示している。

脚注[編集]

  1. ^ リウィウスローマ建国史』、Epit. , LXII
  2. ^ 凱旋式のファスティ
  3. ^ 大プリニウス博物誌』、II 31
  4. ^ アウルス・ゲッリウス『アッティカ夜話』、XIII 19
  5. ^ リウィウス『ローマ建国史』、Epit. LXII
  6. ^ オロシウス『異教徒に反論する歴史』V 14
  7. ^ ウァレリウス・マクシムス "Factorum ac dictorum memorabilium libri IX, V
  8. ^ キケロ『弁論家について』、II 125.

参考資料[編集]

古代の資料[編集]

その他資料[編集]

  • Broughton, T. Robert S. (1951). The Magistrates of the Roman Republic . Volume I, 509 BC - 100 BC (in English). I, number XV. New York: The American Philological Association. 5 page
  •  この記事には現在パブリックドメインである次の出版物からのテキストが含まれている: Smith, William, ed. (1870). "Quintus Marcius Rex". Dictionary of Greek and Roman Biography and Mythology (英語).
  • Friedrich Münzer: Marcius 91). In: Paulys Realencyclopädie der classischen Altertumswissenschaft (RE). Band XIV,2, Stuttgart 1930, Sp. 1583.
  • Georgius Fündling: [I 22] M. Rex, Q .. In: Der Neue Pauly (DNP). Volume 7, Metzler, Stuttgart 1999, ISBN 3-476-01477-0 , Pg. 861.

関連項目[編集]

公職
先代:
ルキウス・アウレリウス・コッタ
ルキウス・カエキリウス・メテッルス・ダルマティクス
執政官
同僚:マルクス・ポルキウス・カト
紀元前118年
次代:
ルキウス・カエキリウス・メテッルス・ディアデマトゥス
クィントゥス・ムキウス・スカエウォラ