ギーベリッツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Rapperswil-Jonaのギーベリッツ本社

ギーベリッツドイツ語: Geberit AG)は、スイスザンクト・ガレン州Rapperswil-Jonaに本拠を置く、水道機器を中心とするサニタリーシステムおよび関連製品を扱うメーカー。ヨーロッパをはじめ、世界40か国以上で事業を展開する。スイス証券取引所上場企業(SIXGEBN)。

ギーベリッツの事業は1874年Caspar Melchior Gebert配管ビジネスをRapperswilで始めたことに端を発する[1]1905年に接合部品の製造を開始し、タンク式水洗トイレの部品製造で成功を収めた。創業者が1909年に亡くなると一族が後を継ぎ、1930年代にはサニタリー回りのプラスチック部品におけるパイオニア企業となった。第二次世界大戦の影響を一時的に受けたもののほどなく回復し、1953年With HeinrichKlaus Gebertが会社を継ぐと、社名がGeberitに改められた。1955年西ドイツに最初の国外拠点を開設、以降フランスなどヨーロッパ各地へ進出し、技術サービスを提供するようになった。1962年に本社をRapperswilからRapperswil-Jonaへ移転した[1]1986年に製造のオートメーションに着手、1991年Gebert一族が経営から手を引くと、1994年中国に2つの工場を新設し、アジアでの市場を拡大した[1]1999年スイス証券取引所に上場、2012年スイス株価指数の構成銘柄となった。

2002年8月、アメリカ合衆国の配管メーカーであるChicago Faucetを買収して子会社とし[2]2015年2月、フィンランドの浴室部品メーカーであるサニテック(Sanitec)の買収を完了した[3]。2015年時点での従業員数は世界で12,000人以上、売上高は約26億スイスフランとなっている[4]

脚注[編集]

  1. ^ a b c History” (英語). ギーベリッツ. 2016年11月9日閲覧。
  2. ^ Geberit buys Chicago Faucet” (英語). Contractor (2002年8月1日). 2016年11月9日閲覧。
  3. ^ Geberit says has acquired 99.27 pct of Sanitec shares” (英語). ロイター (2015年2月3日). 2016年11月9日閲覧。
  4. ^ Publications” (英語). ギーベリッツ. 2016年11月9日閲覧。

外部リンク[編集]