ギン州区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
本来の表記は「鄞州区」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。
中華人民共和国 寧波市 鄞州区
時計回りに上から: 東銭湖、和豊広場、寧波博物館、寧波南部副都心、阿育王寺
時計回りに上から: 東銭湖和豊広場寧波博物館、寧波南部副都心阿育王寺
簡体字 鄞州
繁体字 鄞州
拼音 Yínzhōu
カタカナ転写 インチョウ
国家 中華人民共和国の旗 中華人民共和国
寧波
行政級別 市轄区
面積
総面積 1,481 km²
人口
総人口() 74 万人
経済
電話番号 0574
郵便番号 315040
行政区画代碼 330212
公式ウェブサイト http://www.nbyz.gov.cn/

鄞州区(ぎんしゅう-く)は中華人民共和国浙江省寧波市の管轄下にある市轄区

歴史[編集]

鄞州区の前身は前222年秦朝により会稽郡に設置された鄮県である。当時の鄮県は現在の寧波市江東区及び鄞州区北倉区舟山群島を管轄していた。漢朝が成立すると秦制を沿襲し鄮県が設置されたが、14年天鳳元年)、新朝により海治県と改称されたが、後漢により再び鄮県と改称されている。

589年開皇9年)、隋朝は鄮県、鄞県余姚県を廃止、句章県に統合、621年武徳4年)には句章県より鄮県及び鄞県が分割、625年(武徳8年)には再び統合されている。738年開元26年)、鄮県より慈渓県翁山県奉化県[要曖昧さ回避]が分割された。

五代十国時代909年開平3年)、後梁により鄮県は鄞県と改称され現代まで沿襲された。2002年2月1日、鄞県は市轄区の寧波市鄞州区に改編され現在に至る。

行政区画[編集]

  • 街道:鍾公廟街道、中河街道、下応街道、首南街道、梅墟街道、潘火街道、百丈街道、東勝街道、明楼街道、白鶴街道、東柳街道、東郊街道、福明街道、新明街道
  • :邱隘鎮、瞻岐鎮、五郷鎮、姜山鎮、雲竜鎮、東銭湖鎮、東呉鎮、橫渓鎮、塘渓鎮、咸祥鎮

出身者[編集]