ギルバート (単位)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ギルバート
gilbert
記号 Gb, Gi
度量衡 メートル法
CGS電磁単位系ガウス単位系
起磁力磁位
SI 10/(4π) A
組立 Oe·cm = dyn1/2
語源 ウィリアム・ギルバート
テンプレートを表示

ギルバート (gilbert) は、CGS電磁単位系・ガウス単位系における起磁力磁位単位である。

1ギルバートは、1エルステッド (Oe) の均一な磁場中で磁場の向きに1センチメートル (cm) 離れた地点間の起磁力・磁位で、10/(4π) アンペア回数 (AT) に等しい。国際単位系 (SI) では 10/(4π) アンペア (A) になる。

ギルバートは1930年国際電気標準会議で採択され、その名前は16世紀のイギリスの物理学者・ウィリアム・ギルバートに因む。

MKSA/SI 物理量 emu esu/gauss MKSA/SI 物理量 emu/gauss esu
アンペア (A) 電流 I 10−1 Bi 10−1c ボルト (V) - - - -
ボルト (V) 起電力電位 V 108 108/c アンペア (A) 起磁力磁位 Fm 10−1×4π Gb 10−1×4πc
オーム (Ω) 電気抵抗 R 109 109/c2 ジーメンス (S) - - - -
クーロン (C) 電荷 Q 10−1 10−1c Fr ウェーバ (Wb) 磁荷 Qm 108/4π 108/4πc
電束 ψ 10−1×4π 10−1×4πc 磁束 Φ 108 Mx 108/c
ファラド (F) 静電容量 C 10−9 10−9c2 ヘンリー (H) インダクタンス L 109 109/c2
V/m 電場 E 106 106/c A/m 磁場 H 10−3×4π Oe 10−3×4πc
- - - - 磁化 M 10−3 10−3/c
C/m2 電束密度 D 10−5×4π 10−5×4πc テスラ (T) 磁束密度 B 104 G 104/c
電気分極 P 10−5 10−5×c 磁気分極 Pm 104/4π 104/4πc
F/m 誘電率 ε 10−11×4π 10−11×4πc2 H/m 透磁率 μ 107/4π 107/4πc2
表の見方