ギリクス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ギリクス Gillicus
生息年代: 100.00–65.50 Ma
Gillicus arcuatus.JPG
Gillicus arcuatus (生態復元想像図)
地質時代
約1億- 約6550万年前
中生代白亜紀前期末期アルビアンen]半ば - 後期末マーストリヒシアン末[K/T境界])
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
上綱 : 顎口上綱 Gnathostomata
: 条鰭綱 Actinopterygii
亜綱 : 新鰭亜綱 Neopterygii
階級なし : (未整理[1]真骨類 Teleostei
(未整理)骨鰾亜区 Ostarioclupeomorpha
上目 : アロワナ上目 Osteoglossomorpha
: イクチオデクテス形目 Ichthyodectiformes
: イクチオデクテス科 Ichthyodectidae
亜科 : イクチオデクテス亜科 Ichthyodectinae
: ギリクス属 Gillicus
学名
Gillicus
Hay1898
和名
ギリクス

ギリクスギッリクスとも、学名Gillicus)は、約1億- 約6550万年前
中生代白亜紀前期末期アルビアンen]半ば - 後期末マーストリヒシアン末[K/T境界])において、浅海 Western Interior Seaway (西部内陸海道。北アメリカ大陸を東西に分かつ内海)に棲息していた硬骨魚類の一種(1)。アロワナ上目- イクチオデクテス形目en)- イクチオデクテス科en)に分類される真骨類である。

研究者等の間では、アメリカニオブララ累層en)にて最も一般的に見られる魚類化石の一つとして知られている。

呼称[編集]

属名ラテン語Gillicus日本語では「ギリクス」「ギッリクス」「ギリックス」などと表記する。本項では比較的普及していると思われる「ギリクス」を用いる。

生物的特徴[編集]

分類[編集]

系統分類[編集]

不確定ながら、イクチオデクテス亜科 (Ichthyodectinae) に分類される。 同亜科には他に、体長約4mイクチオデクテス、体長(標準体長)約1.20– 1.30 mのワレキリクチスen[2]、および、6m超えの個体も存在する最大種シファクティヌスが含まれる。

下位分類[編集]

下位分類は、1のみが知られている。

  • Gillicus arcuatus Cope1875 ギリクス・アルクアトゥス(アーキュアタスなどとも称)

形態・生態[編集]

体長(標準体長[端- 尾柄部椎骨末端の長さ]か)は、最大で約2m。体形の長い大魚であるが、近縁種との比較では小型種の部類は入る。

"fish-within-a-fish"[編集]

シファクティヌスは同じ亜科の近縁種であり、かつ、ギリクスにとって怖ろしい捕食者でもあった。1982年にアメリカ合衆国カンザス州の後期白亜紀層で発見され、"fish-within-a-fish (フィッシュ・ウィズイン・ア・フィッシュ)" の通り名で知られる最も有名なシファクティヌスの化石は、3.96m (13 ft) のシファクティヌス・アウダクス (Xiphactinus audax) の胃の内容物として、1.83m (6 ft) のギリクス・アルクアトゥス (Gillicus arcuatus) がほぼ原形をとどめた状態で納まっていた。なおこの標本は、カンザス州のヘイズにあるスタンバーグ自然史博物館 (Sternberg Museum of Natural History) に展示されている。★画像への直接外部リンクXiphactinus audax - Sternberg Museum of Natural History.

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]