ギヨーム1世 (ブルゴーニュ伯)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ギヨーム1世
Guillaume Ier
ブルゴーニュ伯
Guillaume le Grand.jpg
出生 1020年
死去 1087年
配偶者 エティエンネット・ド・ロレーヌ
子女 本文参照
父親 ブルゴーニュ伯ルノー1世
母親 アデライード・ド・ノルマンディー
テンプレートを表示

ギヨーム1世(Guillaume Ier, 1020年 - 1087年)は、ブルゴーニュ伯(在位:1057年 - 1087年)。ルノー1世の息子で、母はノルマンディー公リシャール2世の娘アデライード。

妻エティエンネット(上ロレーヌ公アダルベールの娘)との間に多くの子供をもうけた。

他に、カスティーリャ王アルフォンソ6世の妃ベルト(? - 1097年)もギヨーム1世の娘であったと推測されている。

先代:
ルノー1世
ブルゴーニュ伯
1057年 - 1087年
次代:
ルノー2世