ギヤースッディーン・ピール・アリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ギヤースッディーン・ピール・アリー(? - 1389年[1])は、クルト朝の君主(在位:1370年 - 1389年)。

ギヤースッディーン・ピール・アリーはトランスオクシアナ地方に建国されたティムール朝に臣従を誓うが、ティムールが主催したクリルタイに出席せず、1371年に首都ヘラートはティムールの攻撃を受けた[2]。ギヤースッディーンはティムールに降伏し[2]、子のピール・ムハンマドとともにティムール朝の首都サマルカンドに移送される[1]

1383年にヘラートで大規模な反乱が起きた後、ギヤースッディーンは反乱に関与した嫌疑をかけられて処刑された[2]

脚注[編集]

  1. ^ a b 本田「カルト朝」『アジア歴史事典』2巻、244-245頁
  2. ^ a b c ルスタン・ラフマナリエフ「チムールの帝国」『アイハヌム 2008』収録(加藤九祚訳, 東海大学出版会, 2008年10月)、60-62頁

参考文献[編集]

  • 本田実信「カルト朝」『アジア歴史事典』2巻収録(平凡社, 1959年)