ギャング・オブ・フォー (情報工学)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

コンピュータ関連におけるGang of Four(ギャング・オブ・フォー、GoF)とは、書籍『オブジェクト指向における再利用のためのデザインパターン』(原題:Design Patterns: Elements of Reusable Object-Oriented Software) の著者である、エーリヒ・ガンマリチャード・ヘルムラルフ・ジョンソンジョン・ブリシディースの4人を指す。

GoFによるデザインパターン(GoFパターン)は、多数のソフトウェアパターンの中で最も広く知られているものである[1]

脚注[編集]

  1. ^ 鷲崎弘宜「ソフトウェアパターン概観」、『情報処理』第52巻第9号、一般社団法人情報処理学会、2011年9月、 1119頁、2017年6月1日閲覧。