ギャングスター・ナンバー1

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ギャングスター・ナンバー1
Gangster No. 1
監督 ポール・マクギガン
脚本 ジョニー・ファーガソン
製作 ジョナサン・カヴェンディッシュ
ノーマ・ヘイマン
製作総指揮 ピーター・ボウルズ
出演者 マルコム・マクダウェル
ポール・ベタニー
デヴィッド・シューリス
サフロン・バロウズ
音楽 ジョン・ダンクワース
サイモン・フィッシャー・ターナー
撮影 ピーター・ソーヴァ
編集 アンドリュー・ハルマー
製作会社 フィルムフォー
配給 日本の旗 ギャガ
公開 イギリスの旗 2000年6月9日
日本の旗 2003年5月24日
上映時間 103分
製作国 イギリスの旗 イギリス
言語 英語
テンプレートを表示

ギャングスター・ナンバー1』(Gangster No. 1)は、2000年公開のイギリス映画

「ギャングスター」は、ギャングを意味する一般名詞で、主人公の本名は劇中に登場しない。ギャングスター・ナンバー1は北アメリカの興行収入でたった$ 30,915を得た。

あらすじ[編集]

1968年、若かりしギャングスターは、「メイフェアの惨殺者」「暗黒街の貴公子」の異名を持つマフィア:フレディ・メイズの手下になる。ギャングスターは優雅で洗練されたフレディを崇拝し、悪事を重ね、フレディの信頼を勝ち得た。しかし、フレディが愛人のカレンを真剣に愛したことで、破局が訪れる。

ギャングスターは、敵対勢力のフレディ襲撃計画を知りながらそれを伝えず、フレディとカレンは重傷を負った。警察は、これを機にフレディを逮捕し、禁固30年の刑に処した。そして、フレディ無き後のボスに収まったギャングスターは、敵対勢力のボスや殺し屋を次々に惨殺して仇を取り、名実共にフレディの後継者となった。それから30年余、ギャングスターはフレディの美学に反するギャンブルをはじめ、強盗麻薬など様々な裏社会のビジネスに手を広げ、勢力を拡大していった。

そしてついに、フレディが出所した。ギャングスターは、フレディを事務所に呼び出すが、彼にかつての面影は無かった。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ギャングスター マルコム・マクダウェル 宝亀克寿
若かりしギャングスター ポール・ベタニー 咲野俊介
フレディ・メイズ デヴィッド・シューリス 家中宏
カレン サフロン・バロウズ 本田貴子
レニー・テイラー ジェイミー・フォアマン 岩崎ひろし
エディ エディ・マーサン 遠藤純一
トミー ケネス・クラナム 布目貞雄
マッド・ジョン ダグ・アレン 上田陽司
ローランド ラザーク・アドティ 最上嗣生
デレク ジョニー・ハリス 吉野貴宏
ビリー キャヴァン・クラーキン 大久保利洋
メル ナディーン・レオナルド よのひかり
レスリー ジョー・マクイネンス MAI

外部リンク[編集]