ギャレット・ウェズリー (初代モーニントン伯爵)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

初代モーニントン伯爵ギャレット・コリー・ウェズリー: Garret Colley Wesley, 1st Earl of Mornington1735年7月19日 - 1781年5月22日)は、アイルランドの貴族、音楽家。

初代ウェリントン公爵アーサー・ウェルズリーの父にあたる。

経歴[編集]

1735年7月19日に後に初代モーニントン男爵英語版となるリチャード・ウェズリー英語版とその妻エリザベス(旧名セール)の間の長男として生まれる[1]

ダブリン大学トリニティ・カレッジを卒業。1754年にバチェラー・オブ・アーツ英語版、1757年に マスター・オブ・アーツ英語版の学位を受けた。音楽の才能があり、1764年には音楽博士号を受けた[2]

1757年から1758年までトリム選挙区英語版から選出されてアイルランド議会庶民院議員を務めた[1]

1758年1月31日、父が死去し、第2代モーニントン男爵位を継承した。さらに1760年10月2日モーニントン伯爵英語版とウェルズリー子爵に叙せられた。伯爵位を与えられたのは彼の音楽の才能にジョージ3世が感心したことによるという[1]

フリーメイソンで活躍し、トリム・ロッジNo.494のマスターを務めた後、アイルランド・グランドロッジ英語版のグランドマスターとなった[3]

1776年9月にはアイルランド枢密顧問官(PC(Ire))英語版となった[1]

1781年5月22日にロンドンのケンジントンで死去した[1]

爵位[編集]

家族[編集]

初代ダンガノン子爵英語版アーサー・ヒル=トレヴァー英語版の娘アンと結婚。彼女との間に以下の6子を儲ける[1]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g Lundy, Darryl. “Garret Wesley, 1st Earl of Mornington” (英語). thepeerage.com. 2015年9月8日閲覧。
  2. ^ Webb, Alfredl. “John Murray, 3rd Duke of Atholl” (英語). A Compendium of Irish Biography. 2015年9月8日閲覧。
  3. ^ Wellington: Soldier, Politician and Initiated Freemason” (英語). Irish Masonic History and the Jewels of Irish Freemasonry. 2015年9月7日閲覧。

外部リンク[編集]

アイルランド議会
先代:
チチェスター・フォーテスキュー英語版
ジョゼフ・アッシュ
トリム選挙区英語版
1757年 - 1758年
同一選挙区同時当選者
ジョゼフ・アッシュ
次代:
ウィリアム・クロスビー英語版
ジョゼフ・アッシュ
フリーメイソン
先代:
第2代ベルベデーレ伯爵英語版
アイルランド・グランドロッジ
グランドマスター
英語版

1776年 - 1777年
次代:
第2代リンスター公爵
アイルランドの爵位
新設 初代モーニントン伯爵英語版
1760年 - 1781年
次代:
リチャード・ウェルズリー
先代:
リチャード・ウェズリー英語版
第2代モーニントン男爵英語版
1758年 - 1781年