ギャラクシー級

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ギャラクシー級(-きゅう、Galaxy class)は、アメリカ合衆国のSFテレビドラマ『スタートレック』シリーズに登場する宇宙艦隊保有の宇宙船のクラス名の一つである。

なおgalaxyとは「銀河」という意味であるが、宇宙SFドラマであるスタートレックにおいては「銀河」の意味でよく使われる単語であり、そのため日本語吹き替えや字幕版の中には「ギャラクシー級」というべきところを「銀河級」と誤訳しているのが何回か確認できる(TNG37話「埋もれた文明」、TNG62話「亡霊戦艦エンタープライズ"C"」)。

概要[編集]

  • 全長:641m
  • 全幅:467m
  • 全高:138m
  • デッキ数:42
  • 重量:約500万t
  • 乗員:約1200名(通常時)、最大1700名。ただし容積ではなく生命維持能力の限界による。
  • 最大速度:ワープ9.6(最大12時間)
  • 通常速度:ワープ6
  • 耐久年月:通常任務:約7年、最大使用:約20年

「新スタートレック(TNG)」の主人公・ジャン=リュック・ピカード艦長の艦として有名な、U.S.S.エンタープライズNCC-1701-Dに代表される宇宙艦級。

24世紀後半に就航した宇宙艦で、アンバサダー級に代わる宇宙艦隊旗艦として、深宇宙探査を目的とした探査巡洋艦。質量500万t、デッキ数42という惑星連邦宇宙艦隊において最大の規模の艦である。なお後継のソヴェリン級は全長こそギャラクシー級より長いが、質量は350万tであり規模は縮小している。外観のデザインは初代エンタープライズのコンスティテューション級のものを踏襲した「エンタープライズ的」な形状の艦級となっているが、すらりと長く伸びたスタイルの初代艦とは対照的に、優美な巨大さを強調した「銀河の白鳥」とも呼ばれる優雅なデザインとなっている。

これまで正円形のデザインが主流であった円盤部とディフレクター盤は楕円形をしており、ドーサルネックも長く優美で、ワープナセルも船体に対して上向きについているタイプの艦であるにも関わらず、ナセルの位置は円盤部の下という変わった特徴を持つ。

ギャラクシー級はその巨大な船体の内部のほとんどは実は空洞のような余剰スペースであり、新技術の機関をいちはやく設置・装備することができる柔軟さを持つ。また24世紀宇宙艦隊最強クラスの艦であるため、必然的に最前線や危険地帯での任務が多い。そのため損耗率が非常に高く、エンタープライズを始め登場艦の大半が修復不能の大破もしくは轟沈している。

第一船体(円盤部)と第二船体(機関部)の分離が可能かつ合体が容易な点が大きな特徴であり、戦闘などの緊急時には円盤部に非戦闘員を乗せて切り離し、機関部のみで戦闘を行うことや、ワープコアが危険になったときに機関部を切り離して円盤部を救命ボートに脱出するといったことを可能にしている。なお宇宙艦隊においては、円盤部の分離そのものは第一船体と第二船体の区別が明確な艦型であれば可能であるが、ギャラクシー級のように自力で合体することはできない。(例:小説『スタートレック7・ジェネレーションズ』前半部のUSS・エクセルシオールの訓練シーン)

武器はタイプXのフェイザーを11基、マーク80光子魚雷ダイレクト発射管を、スタードライブセクション(第二船体)に3門搭載している。また、ドミニオン戦争中には、ワープナセル上面にフェイザー・アレイを増設し攻撃力を強化した船もあった。

乗組員数は1000名を超え、宇宙艦隊士官並びに下士官の他、子供を含むその家族まで乗船可能となっている。これは長期任務における士官の精神的負担を軽減するための措置であるが、その一方で戦闘などの緊急事態におけるリスクを大きくしている。また、乗組員のためにホロデッキ、学校、ジム、劇場、バーなどの教育、娯楽施設も備えられている。

当初の設定では建造艦数は6隻と宇宙艦隊の中でもかなり少なかった。ドミニオン戦争におけるクリンゴンロミュラン連合軍らとの艦隊戦で、大量のギャラクシー級艦が参戦している事から、最終的にそれなりの数が量産されていると考えられる。

ギャラクシー級宇宙船一覧[編集]

U.S.S.ヴェンチャー(U.S.S. Venture、NCC-71854)
ハスター提督の座乗艦。船名は「冒険」の意味。『スタートレック:ディープ・スペース・ナイン』第74話『クリンゴンの暴挙(後編)』(The Way of the Warrior, Part II)、同第130話『ディープスペース・ナイン奪還作戦(後編)』(Sacrifice of Angels)、同第150話『決意の代償』(Tears of the Prophets)に登場。
U.S.S.エンタープライズ(U.S.S. Enterprise、NCC-1701-D)
詳細はエンタープライズ (スタートレック)を参照。
U.S.S.オデッセイ(U.S.S. Odyssey、NCC-71832)
マイケル・キーオ大佐の指揮。船名はギリシャの叙事詩オデュッセイアに由来。2370年にガンマ宇宙域を調査中、ドミニオンの特攻攻撃を受け喪失(『スタートレック:ディープ・スペース・ナイン』第46話『新たなる脅威』(The Jem'Hadar))。
U.S.S.ギャラクシー(U.S.S. Galaxy、NCC-70637)
船名は「銀河」の意味。ギャラクシー級の一番艦。2357年進宙『スタートレック:ディープ・スペース・ナイン』第150話『決意の代償』(Tears of the Prophets)、『ネメシス/S.T.X』に登場。
U.S.S.チャレンジャー(U.S.S. Challenger、NCC-71099)
船名はスペースシャトルチャレンジャーに由来。2390年、U.S.S.ヴォイジャーの一部クルーが別の時間軸で遭遇した。艦長は、バイザーの無いジョーディ・ラ=フォージ大佐。
U.S.S.トリンキュロー(U.S.S. Trinculo、NCC-71867)
船名は、天王星の衛星トリンキュローと、その命名の由来となったウィリアム・シェイクスピアの戯曲『テンペスト』の登場人物トリンキュローに由来。『スタートレック:ディープ・スペース・ナイン』第130話『ディープスペース・ナイン奪還作戦(後編)』(Sacrifice of Angels)に登場。
U.S.S.マゼラン(U.S.S. Magellan、NCC-71820)
船名はポルトガルの探検家フェルディナンド・マゼランに由来。『スタートレック:ディープ・スペース・ナイン』第130話『ディープスペース・ナイン奪還作戦(後編)』(Sacrifice of Angels)に登場。
U.S.S.ヤマト(U.S.S. Yamato、NCC-71807(初期設定ではNCC-1305-E、だが後に偽りとされる。)。
船名は大日本帝国海軍の戦艦大和に由来。艦長はドナルド=バーリー大佐。2365年(宇宙暦42193.6)にワープコア爆発で喪失(『新スタートレック』第37話『埋もれた文明』(Contagion)。他に同第28話『闇の住人』(Where Silence Has Lease)にナギラムの作った幻影として登場)。なお第28話本編吹替版ではデータ少佐が「U.S.Sエンタープライズより宇宙戦艦ヤマトへ…」と呼称している。
U.S.S.エクスカリバーA(U.S.S.Excalibur-A、NCC-26517-A)
エリザベス・シェルビー大佐、マッケンジー・カルフーン大佐の指揮。2376年、ジャン=リュック・ピカード大佐の立ち会いのもと、ブリッジにおいてカルフーン艦長とシェルビー大佐の結婚式が執り行われた。「Star Trek:New Frontier」シリーズの主役艦。
U.S.S.ラサ(U.S.S.Lhasa)
2409年、ハーコナ星系に発見されたレムスの兵器研究施設の偵察任務を終えた友軍シャトルを収容した。船名はチベットの古都ラサに由来。
U.S.S.シャイアン(U.S.S.Cheyenne)
スタートレック:ボーグ」に登場。

関連項目[編集]

スタートレックに登場した宇宙船のクラス一覧