ギャラクシーレーサーヴィーナスGP

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ギャラクシーレーサーヴィーナスGP(グランプリ)は、かつて北九州市八幡東区に存在したテーマパーク、スペースワールドに存在したジェットコースターである。本記事ではギャラクシーレーサーヴィーナスGPの前身である「スパイラル彗星ヴィーナス」についても同時に触れる。

2017年12月撮影の運行中のヴィーナスGP
閉園の12日前に撮影した、ライトアップされたコースの外観

スペック[編集]

設計 アントン・シュワルツコフ
施工 マウラゾーネ
最大時速 83km/h
コース全長 1040m
最高部 40m
最大傾斜角 65°
最大バンク 95°
最大G 5.2G
定員 24名(2人乗り12両編成、2台運行可能)
乗車制限 身長120㎝以上
セーフティー装置 垂直肩ハーネスおよび逆U字型安全バー

概要[編集]

スペースワールドに存在したループコースターである。「ジェットコースターの神様」とも呼ばれたアントン・シュワルツコフ氏の遺作。同園においてはマグナムブースターザターン、タイタンMAXとともに三大コースターと呼ばれていた。冬季夜間営業時には車両及びコースターにライトアップが施され、「ルミナス」と呼ばれていた。

ライトアップされたヴィーナスGP『ルミナス』のホーム
ライトアップされたヴィーナス『ルミナス』の車両


歴史[編集]

1996年、北九州市八幡東区のテーマパーク、スペースワールドに「スパイラル彗星ヴィーナス」の名でオープンした。設計は「コースターの神様」とも呼ばれるドイツのコースター設計者、アントン・シュワルツコフが行った。ヴィーナスはシュワルツコフ社の従来の代表商品である「ルーピングスター」を発展させたもので、狭い敷地に多くのレールを敷き詰め、かなり入り組んだコースとなっているのが特徴的である。コースの色はオープン当初は黄緑色であった。2006年12月21日、「ギャラクシーレーサーヴィーナスGP(グランプリ)」としてリニューアルオープンし、コースの色が従来の黄緑色から淡い緑色へチェンジされた。2017年12月31日のスペースワールド閉園後には解体工事が行われており、ルスツリゾートへの移転が決まっている。


コース概要[編集]

スタート後は最高部40mまでの巻き上げが行われる。その後ファーストドロップ。ファーストドロップは中途半端な位置までしか行われず、その最下部はエア・ポケットと呼ばれる。最下部に到着後はぐさま再上昇し、今度はひねりながらのドロップ(シュワルツコフ・ドロップ)を行い、垂直ループへ(ループ・ザ・ループ)突入する(この時、最大G5.2へ達する。また、この垂直ループは国内最大級である。)。その後はUスパイラル、バーチカルバンクなどと呼ばれる旋回コースを繰り返し。ゴールに至る。


演出[編集]

ギャラクシーレーサーヴィーナスGPへのリニューアル後には様々な演出が行われた。 プラットフォームにはこのコースターのコンセプトである「ギャラクシーレースの地球代表選考会」を連想させる効果音が流れる。プラットフォームのゲートオープン時には「Next team , please ride on」とう音声が流れ、スタート時には「Set , GO !」という音声が流れた。 コースター走行中にもプラットフォームにおいてレースを連想させるようなBGMが流れていた。 また、このコースターは「宇宙にやさしい駆動システム(NORIDES)を採用している」という設定があり、このNORIDESはパイロット(乗客)のエンジョイヒューマンパワー(ノリ)を原動力としているという物である。実際の演出としては、コースタースタート前に操作室のクルーが「エネルギーチャージ、ヴィー?」と乗客に問いかけ、それに対して乗客は「ナース!」と返答を行い、その声(ノリ)の大きさによってコースターの速度が変動するというものがあった。声(ノリ)の大きさは「エネルギーチャージ率」という数字で表され、最高で120%である。また、夜間ライトアップ時には「エネルギーチャージ、ヴィー?」の掛け声が「ルミナスチャージ、ヴィー?」に変更されていた。なお、ヴィーナスGPにおける最高タイムは2017年12月31日におけるラストランでのエネルギーチャージ率120%によるもので、走行タイムは測定不能とのスピールがあった。

コンセプト(ヴィーナスGP改修後)[編集]

『4年に一度開催される銀河系最大のレース「ギャラクシーレース」が来年ヴィーナス(金星)で開催される。地球ギャラクシーレース委員会では、宇宙環境保護の観点から環境保護機関ラブジアースとスペースワールド社が共同開発した宇宙にやさしい駆動システム(NORIDES)を採用した。これはパイロットのエンジョイヒューマンパワーを原動力とした画期的なエコロジカル推進システムである。このシステムではパイロットの「ノリ」が好記録の重要な要素となるため、地球全土を対象に「ノリ」の良い人材を求めてこのスペースワールドにおいて選考会を開催している。』というものであった。また、NORIDESUは「Nori Driving Energy System」の略である。