ギャビー・カサドシュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ギャビー・カサドシュ
Robert et Gaby CASADESUS.jpg
ギャビーと夫のロベール・カサドシュ
基本情報
生誕 (1901-08-09) 1901年8月9日
出身地 フランスの旗 フランスマルセイユ
死没 (1999-11-12) 1999年11月12日(98歳没)
学歴 パリ音楽院
ジャンル クラシック音楽
職業 ピアニスト
担当楽器 ピアノ

ギャビー・カサドシュ(Gaby Casadesus, 1901年8月9日1999年11月12日[1])は、フランスピアニストマルセイユ出身で旧姓ロテ(l'Hôte)。有名なピアニストのロベール・カサドシュと結婚し、息子ジャンを儲ける。ジャンもまた両親を継いで著名なピアニストになった。

経歴[編集]

パリ音楽院ルイ・ディエメマルグリット・ロンに師事し、16歳のときピアノで首席となる。この頃にドビュッシーに出会い、自分の作品を講評してもらった。ドビュッシーの愛娘シューシューとも親しくなったが、間もなく彼女はジフテリアに斃れてしまう。その後、当時のフランスでは最も名誉のあった賞、パージュ賞(Prix Pagès)を授与された。

1921年にロベール・カサドシュと結婚し、2人でカサドシュ・デュオを結成し、4手ピアノ作品を数多く録音した。

その後はソリストとしても著名になり、モシュコフスキーフォーレフローラン・シュミットラヴェルらと親交を結び、その指導のもとに作品の解釈を行なった。レパートリーには、バロック音楽の作曲家や、メンデルスゾーンの作品が含まれていた(ギャビー・カサドシュはメンデルスゾーンのピアノ曲の擁護者でもあった)。

教師としては、アメリカ合衆国フォンテーヌブローアメリカ音楽院サン=ジャン=ド=リュズのモーリス・ラヴェル・アカデミー、ザルツブルクモーツァルテウムで教鞭を執った。グラント・ヨハネセンやオデット・ヴァラブレーグ=ヴュールビュルジェール(Odette Valabrègue Wurtzburger)とともにクリーヴランドに、ロベール・カサドシュ国際ピアノコンクールを創立した。

脚注[編集]

  1. ^ http://www.independent.co.uk/arts-entertainment/obituary-gaby-casadesus-1126866.html