ギプスの女

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ギプスの女
QUID PRO QUO
監督 カルロス・ブルックス
脚本 カルロス・ブルックス
製作 サラ・ピルスバリー
ミッジ・サンフォード
出演者 ニック・スタール
ヴェラ・ファーミガ
公開 アメリカ合衆国の旗 2008年6月13日
日本の旗 劇場未公開
上映時間 82分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

ギプスの女』(QUID PRO QUO)は2008年公開のアメリカ映画。日本では劇場未公開で、DVDが2010年に発売された。

原題の『QUID PRO QUO』とは「ギブ&テイク」という意味。

ストーリー[編集]

自傷行為により自由を奪われた世界でしかエクスタシーを感じることができない人々が集うアンダーグラウンドの世界。ごく普通の日常から、そんな世界に足を踏み入れた男アイザック(ニック・スタール)と、そこで出会うミステリアスな女性フィオナ(ヴェラ・ファーミガ)。2人の間に生まれた歪んだ愛情の裏にひそむものとは?

スタッフ[編集]

  • 監督・脚本:カルロス・ブルックス
  • 制作:ジェイソン・クリオット、ジョアナ・ヴィンセンテ、トッド・ワグナー
  • 撮影:マイケル・マクドノー
  • 音楽:マーク・マザースボー
  • 美術:ロシェル・ベルリネール

出演[編集]