ギフト (企業)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
株式会社ギフト
GIFT Inc.
種類 株式会社
機関設計 監査等委員会設置会社
市場情報
本社所在地 日本の旗 日本
194-0022
東京都町田市森野一丁目23番19号
設立 2009年12月7日
業種 小売業
法人番号 3012301007868
事業内容 飲食店の経営
代表者 代表取締役社長 田川翔
資本金 7億7640万円
(2019年10月期)
発行済株式総数 992万株
(2020年7月31日現在)
売上高 連結: 90億5242万円
単独: 87億4404万円
(2019年10月期)
営業利益 連結: 10億692万円
(2019年10月期)
経常利益 連結: 10億2326万円
単独: 10億9908万円
(2019年10月期)
純利益 連結: 5億2480万円
単独: 6億116万円
(2019年10月期)
純資産 連結: 31億4172万円
単独: 33億8348万円
(2019年10月期)
総資産 連結: 57億8108万円
単独: 56億8092万円
(2019年10月期)
従業員数 就業人数: 306人
ほか、平均臨時雇用人員: 544人
(連結・2019年10月31日現在)
支店舗数 直営: 95店舗
プロデュース: 367店舗
(2019年10月期)
決算期 毎年10月31日
会計監査人 EY新日本有限責任監査法人
外部リンク https://www.gift-group.co.jp/
テンプレートを表示

株式会社ギフト(ぎふと、: GIFT Inc.)は、東京都町田市に本社を置く企業。横浜家系ラーメンチェーン店町田商店」などのラーメン店の運営や、ラーメン店のプロデュースを主な事業とする[1]

概要[編集]

2008年1月に社長の田川翔らが東京都町田市で創業した町田商店1号店を源流とする[2][3]2009年12月に「株式会社町田商店」(現・株式会社ギフト)として法人化[1]:52010年8月に2号店を開業し、以後店舗数を増加させていった[2][3]2018年10月、東証マザーズへ上場[1]:52020年9月、東証一部市場変更[4]

事業内容は、町田商店をはじめとする直営店の運営と、ラーメン店のプロデュースである[1]:6。直営店事業部門では、国内で横浜家系ラーメンや豚骨ラーメンなどの店舗を運営するほか、海外にも3店舗を展開する[1]:6-8。プロデュース事業部門のビジネスモデルフランチャイズ方式とは異なり、ロイヤルティーなどを原則として受け取らず、店舗運営ノウハウのコンサルティングを提供しつつ自社食材を継続取引する形態を採る[1]:8[2]

2019年10月期末時点で、直営(国内・海外・委託)95店舗、プロデュース店367店舗の合計462店舗を展開する[1]:8

店舗[編集]

町田商店[編集]

町田商店のラーメン

オーソドックスな横浜家系ラーメンで、濃厚でまろやかな豚骨醤油をベースとしたスープが特徴[5][6]。自社製麺工場「四之宮商店」で3種類の小麦を独自に配合して製造された中太麺を使用する[1]:7[2]。 麺の固さ、スープの濃さ、脂の量をカスタマイズできるほか、客席には豆板醤ラー油などの調味料と並んで漬物や刻みショウガ・刻みタマネギ・おろしニンニクなどが常備されており、無料でトッピングすることができる[1]:6[5][6]

主に都市部では、「代々木商店」「池袋商店」「四谷商店」のように、地名を冠した「◯◯商店」の屋号での出店も多い[5][6]。これらの町田商店系列の店舗を総称して「町田商店系」とも呼ばれる[3][7]

釜焚きとんこつ ばってんラーメン・がっとん[編集]

細麺で濃厚な豚骨ベースの九州ラーメン[8][9]替え玉が可能であることが特徴[1]:6

四天王[編集]

2015年にコロワイドから買収した、訪日外国人向けの業態[7][8]。すっきりした豚骨スープが特徴の九州とんこつラーメン[8][9]

豚山[編集]

にんにく、野菜、背脂などを調整できる豚骨ベースの醤油スープラーメンが特徴の、二郎インスパイア系ラーメン[1]:6[10]

みそラーメン[編集]

2019年8月に買収した「株式会社ラーメン天華」による9店舗[10]。野菜の旨みを含んだ味噌ベースのラーメン[1]:7

E.A.K. RAMEN[編集]

家系ラーメンをベースに海外展開する業態で、ロサンゼルスで1店舗、ニューヨークで2店舗を運営している[1]:7[8]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m 株式会社ギフト (2020年1月30日). “有価証券報告書-第10期 (PDF)”. 2020年9月15日閲覧。
  2. ^ a b c d 遠山綾乃 (2018年10月27日). “家系ラーメン「町田商店」が抱く全国制覇の夢”. 東洋経済オンライン. 東洋経済新報社. 2020年9月15日閲覧。
  3. ^ a b c 長浜淳之介 (2019年2月19日). “横浜家系ラーメンで“天下取り”目指す「町田商店」の野望”. ITmedia ビジネスオンライン. ITmedia. 2020年9月15日閲覧。
  4. ^ 株式会社ギフト (2020年9月11日). “東京証券取引所市場第一部への上場市場変更承認に関するお知らせ (PDF)”. 2020年9月15日閲覧。
  5. ^ a b c 刈部山本 (2020年2月12日). “全国で大増殖、「町田商店」が家系ラーメンで“独り勝ち”の理由”. マネー現代. 講談社. 2020年9月15日閲覧。
  6. ^ a b c 家系ラーメン「町田商店」の魅力解剖 ファンが目指す「完まく」とは?”. マネーポストWEB. 小学館 (2019年3月3日). 2020年9月15日閲覧。
  7. ^ a b 駅前東口ラーメン店「綱島商店」と日吉浜銀通り「がっとん」の運営会社が上場”. 横浜日吉新聞 (2018年9月18日). 2020年9月15日閲覧。
  8. ^ a b c d 世界一のラーメン企業を目指す「ギフト」ってどんな会社?”. M&A Online. 株式会社ストライク (2018年11月17日). 2020年9月15日閲覧。
  9. ^ a b ブランド・事業紹介”. 株式会社ギフト. 2020年9月15日閲覧。
  10. ^ a b 「味噌ラーメン」が援軍に ギフトの戦線が拡大”. M&A Online. 株式会社ストライク (2019年7月18日). 2020年9月15日閲覧。

外部リンク[編集]