ギコ猫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ギコから転送)
移動先: 案内検索
Example.of.SJIS.art.rendering.svg この項目ではアスキーアートについて扱っています。閲覧環境によっては正しく表示されない可能性があります。
ギコ猫

ギコ猫(ぎこねこ)は、匿名掲示板2ちゃんねるなどの電子掲示板で用いられるアスキーアート (AA) によるキャラクターの一種である。正式名称は「ギコ・ハニャーン」。通称ギコ

概要[編集]

1999年(平成11年)頃から使われ始めたAAによるキャラクター。掲示板上の文脈や表現したい内容に応じ、様々な表情・ポーズ・セリフが与えられる。好きな芸能人は木村拓哉である。

AAによる表現[編集]

  • 四本足形体
   ____∧∧  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ~' ____(,,゚Д゚)< 逝ってよし!
   UU    U U   \________
  • 直立二足歩行形体
    ∧∧  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   (,,゚Д゚)< ゴルァ!
   ⊂  ⊃ \_____
  ~|  |
 ,,  し`J

キャラクター誕生までの経緯[編集]

擬古猫

あやしいわーるど等UG掲示板の常連であるコブラが利用していた「ギコハハハ」という笑い声が語源(さらに辿ればもとはコブラの友人が使っていたもので、1994年(平成6年)には存在していた)。この言葉1998年(平成10年)に流行し、「ギコ○○」「ギコる」「ギコギコする」などのスラング動詞としても発展した。ちなみにすべての語源である「ギコハハハ」の発端は1992年(平成4年)当時、NIFTY-Serve内のCitizen Band Simulator[CBシミュレーター]内の富士通横浜支店社員・masand(後にdonasamに改名)が使用していたオンライン笑い声「ギコハハハ」をコブラも利用し始めた事に端を発する。「ギコハハハ」の誕生経緯については諸説あるが、富士通が開発・販売していた親指シフトキーボードでは「ゃ」と「こ」が同じキーに割り当てられていることから生じた「ギャハハハ」のタイプミスに起因するという説が有力である。

猫の文字絵の初出は(ログを見る限り)1998年12月3日だが「擬古猫」という固有のキャラクタとして確立されたのは翌4日に絵文字に「ギコニャーニャー」という鳴き声がついて以降、特に「あやしいわーるど」の擬古猫が自身のエイリアスとして猫の文字絵を用いるようになった後である。当初の顔は「(´ー`)」。

2ちゃんねるや他コミュニティに転載され広まるうちに顔が「(,,゚Д゚)」に変更され「ギコ猫」となった。現在2ちゃんねるで使われるAA(プロポーショナルフォントを使用)はカタカナの「ギコ猫」、あやしいわーるどの文字絵(等幅フォントを使用)および固定は漢字の「擬古猫」で表記するのが慣例。

[1]

2ちゃんねるではアスキーアートのキャラクターの1つであるモナーと共に「逝ってよし」「オマエモナー(お前もな)」といったフレーズで使われるようになった。

口癖・鳴き声[編集]

ギコ猫の口癖・鳴き声として使われるもの。

  • ハニャーン
2000年(平成12年)初期から使用されているギコの鳴き声である。正式名称「ギコ・ハニャーン」としても使われる。
元々はカードキャプターさくらの登場人物・木之本桜の口癖。これを元ネタに厨房板に立てられシリーズ化した「暴言はにゃーんスレッド」により定着した。
  • ゴルァ
「暴言はにゃーんスレッド」で初出、定着した。
  • 逝ってよし
「死んでよし」の意味で、遠まわしに「死ね」ということを表す。

ギコ猫商標問題(ギコ事件)[編集]

2002年(平成14年)3月12日玩具メーカーであるタカラ(現・タカラトミー)がギコ猫のアスキーアートを対象として商標登録出願し(商願2002-19166)2ちゃんねるユーザー(2ちゃんねらー)などの間で物議を醸した[2]。2ちゃんねる元管理人・西村博之がタカラへ質問状を送る等したことで、結局同年6月3日に商標登録出願は取り下げられた[3]

この事件が原因で後に陽気で能天気なキャラ「タカラギコ」が誕生した。

ちびギコ[編集]

ギコ猫やしぃとほぼ同時期に出現したAAキャラ。AAでは下記のように表現する(ちなみに下の小さいAAはベビギコ:参考までに)。年代、および毛の長さなどでさまざまなバリエーションがおり、短毛種がギコ猫。長毛がフサギコの子供だとされている。口癖は「 - デチ」で一人称は「チビタソ」。その性質上、母親はしぃである場合が多い。余談だがギコ猫にあまり似ていない。派生キャラも多数存在しちびフサダマレコゾウふとましなどが存在する。

2002年(平成14年)の虐殺スレッド乱立騒動の洗礼を受けたAAの1つで、しぃと同様に可愛い系という事で真っ先に標的にされた。性格改変は以前からあった性格が助長され「自己中で怠慢。お馬鹿」それ以外では「ギコ猫の子供ではなく、アホロートルと同じ幼形成熟である別種(この設定のちびギコはレッサーギコと呼ばれる)」「三度の飯より交尾が好きで、生まれた瞬間から交尾をする」「体が弱く1mの高さから落ちただけで即死する」「低俗化したしぃが産み落としたで、それが育ったもの」と言ったものとなり虐殺がメインのAAとなってしまった。虐殺ブームの時期にちびギコ系通常のスレッドが姿を消した事で、ブームの終了後の現在でも虐殺スレッドで見かけることが多い。ちびギコで虐殺AAを書いている職人はマターリAAも書いている事が多い。虐殺者の作者であるナツメなどが主である。

AAによる表現[編集]

    ∧ ∧
   (,,・д・)
  ~(_u_u_)


    ハ ハ
  ~(,,(,,・o・)

ギコ関連のFlash[編集]

古くはモナーから始まったあめぞう系Flashで、相方役としてしばしば登場する。最近は性格がモナーより主人公らしいためか、モララー同様主人公となっている作品が多い。また、主に恋人役として登場するしぃと絡んだFlashも多く存在する。ハンドルネーム・ハチミリの作品「Savior Cat-救世主猫-」やClairvoyanceの「Nightmare City」シリーズ、作者不明の「逆転裁判」(現在公開中止)、Studio_Dokuoの「PRESENT」などが有名。色は白色以外では殆ど水色で描かれるが、たまに黄色の場合もある。

脚注[編集]

  1. ^ 上記節全体、ばるぼら [2005] p.272
  2. ^ 「ギコ猫」、タカラが商標登録を出願”. ITmedia (2002年6月3日). 2013年9月1日閲覧。
  3. ^ タカラ、「ギコ猫」商標出願を取り下げ 「ユーザーにお詫びしたい」”. ITmedia (2002年6月3日). 2013年9月1日閲覧。

参考文献[編集]

  • ばるぼら 『教科書には載らないニッポンのインターネットの歴史教科書』翔泳社 2005年5月10日 ISBN 978-4798106571

関連項目[編集]