ギガンテウスオオツノジカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ギガンテウスオオツノジカ
生息年代: 0.781–0.008 Ma
ギガンテウスオオツノシカ骨格
スミソニアン博物館所蔵の全身骨格
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
亜綱 : 獣亜綱 Theria
: 鯨偶蹄目 Cetartiodactyla
亜目 : 反芻亜目 Ruminantia
: シカ科 Cervidae
亜科 : シカ亜科 Cervinae
: メガロケロス属 Megaloceros
学名
Megaloceros giganteus
Blumenbach,1799
和名
ギガンテウスオオツノシカアイリッシュエルク
英名
Irish Elk

ギガンテウスオオツノシカMegaloceros giganteus)は、200万年前 - 1万2000年前(新生代第三紀鮮新世後期 - 第四紀更新世末)のユーラシア大陸北部に生息していた大型のシカマンモス毛サイと並んで氷河期を代表する動物として知られる。英名からアイリッシュエルクとも呼ばれる。巨大なの後枝を持つのが特徴で、学名は「巨大な枝角」を意味する。なお、日本で発掘されるヤベオオツノシカSinomegaceros yabei)は別属別種である。

概要[編集]

ギガンテウスオオツノシカ復元想像図。

最大のものでは肩高約2.3メートル、体長3.1メートルに達した大型のシカ。その名の通り巨大な角を持つ。角の差し渡しは最大3.6メートル以上、重量は50キログラムを超えるといわれる。この角を支えるため、首筋から肩にかけての筋肉が発達していた。この角は発情期において性的ディスプレイ及び闘争の手段として使われたと思われる。それによって傷を負い、動けなくなって餓死したと思われる個体の化石も発見されている。現生のヘラジカも大型の角を持つが、両者の類縁は遠い。

旧石器時代の壁画にかれらの姿が描かれている。おそらく人類の狩の対象になったと思われる。

分布[編集]

ヨーロッパからアジアの中北部に生息。特にアイルランドの泥炭地帯から多数化石が発見されている。そのため、かつてはアイルランドオオツノジカなどとも呼ばれた。氷河周辺の草地や疎林などで暮らしていたと思われる。


参考文献[編集]