キ哩岸駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
哩岸駅
駅舎(2009年8月23日撮影)
駅舎(2009年8月23日撮影)
唭哩岸
チーリーアン
Qilian
所在地 台北市北投区東華街二段301号
所属事業者 台北大衆捷運股份有限公司
台北捷運
駅構造 高架駅
ホーム 島式 1面2線
開業年月日 1997年3月28日
乗入路線 1 路線
所属路線 淡水線紅線
駅番号 R20
◄(R21)奇岩
石牌(R19)►
テンプレートを表示
哩岸駅
各種表記
繁体字 唭哩岸站
簡体字 唭哩岸站
拼音 Qīlǐ'àn Zhàn
注音符号 ㄑㄧ ㄌㄧˇ ㄢˋ ㄓㄢˋ
発音: チーリーアン ヂャン
台湾語白話字 khi-li-huānn tsam
日本語漢音読み きりがんえき
英文 Qilian Station
テンプレートを表示
本来の表記は「哩岸駅」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。

哩岸駅(きりがんえき[1])は、台湾台北市北投区にある、台北捷運淡水線捷運駅番号は(R20)である。

かつて存在していた台湾総督府交通局鉄道部淡水線(捷運淡水線の前身)にほとんど同名の駅(里岸駅)があったが、これは後に隣駅である石牌駅となった。

駅概要[編集]

当駅は東華街、西安街の間、公館路の近くにある。

開業前の計画時においては、付近の道、小学校(立農国小)、村(村里)の名前から本駅は「立農」と名づけられる予定であったが、地名の「哩岸」が用いられることになった。唭哩岸とは、一説には平埔族の言葉で湾を意味するとされる。湾とは、淡水河付近にある漢民族が最初に開墾した土地とされる北向きに突出した湾曲した地形を指すと言われる。この地は台湾北部における農地開墾発祥の地とされている。そのほかに、湖畔を指しているという説もある(台北盆地はもともと大きな湖であった)。

利用可能な鉄道路線[編集]

駅構造[編集]

駅階層[編集]

地上
二階
1番線 淡水線淡水北投方面へ奇岩駅
島式ホーム、車両左側のドアが開閉する
2番線 淡水線象山大安方面へ石牌駅
地上
一階
コンコース 出入口、コンコース、案内所、自動券売機自動改札機エスカレーター、トイレ(駅西側、改札内)

駅出口[編集]

出口2

出口は駅の南端にある。

  • 出口1:西安街 身障者用エレベーター
  • 出口2:公館路

利用方法[編集]

当駅傍の東華街、西安街沿いに「捷運唭哩岸站」バス停があり、新北投関渡方面への便が運行されている。

駅周辺[編集]

  • 奇岩公園
  • 東華公園
  • 立農公園
  • 鎮安宮(本駅と奇岩駅の間)
  • 台北市立立農国民小学
  • 台北市立清江国民小学
  • 全聯福利センター(本駅と石牌駅の間)
  • 軍艦岩自然歩道

歴史[編集]

隣の駅[編集]

台北捷運
淡水線
奇岩駅 (R21) - 哩岸駅 (R20) - 石牌駅 (R19)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『沿線案内 汽車の窓から』、昭和13年5月15日、臺灣總督府交通局鐵道部

外部リンク[編集]