キーラーの空隙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
キーラーの空隙

キーラーの空隙(キーラーのくうげき)は、土星のうちA環内にある隙間のことをいう。キーラーの間隙(キーラーのかんげき)、キーラーの隙間(キーラーのすきま)ともいう。

土星の中心から136,530km(土星の半径の2.263倍)、A環の外縁から60分の1ほど内側にある。幅は35km。

土星の衛星の一つ、ダフニスが空隙の中を公転している。

天文学者ジェームズ・エドワード・キーラー1888年にA環の外縁から5分の1ほどのところに隙間を発見したことを元に命名されたが、現在のキーラーの空隙は1980年ボイジャーによって発見されたものである。

キーラーが実際に発見したのは現在でいうエンケの間隙である。キーラーの空隙を地球から観測するのは不可能に近い。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]