キーナン・ロビンソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
No image.svg キーナン・ロビンソン American football pictogram.svg
Keenan Robinson
ワシントン・レッドスキンズ #52
ポジション インサイドラインバッカー
生年月日 (1989-07-07) 1989年7月7日(31歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ネブラスカ州オマハ
身長 6' 3" =約190.5cm
体重 242 lb =約109.8kg
経歴
大学 テキサス大学
NFLドラフト 2012年のNFLドラフト|2012年 - 4巡目全体119位
初出場年 2012年
初出場チーム ワシントン・レッドスキンズ
所属歴

受賞歴・記録
NFL 通算成績
(2012年終了時点)
タックル 11回
サック 0回
ファンブルフォース 0回
Player stats at NFL.com
Player stats at PFR

キーナン・ロビンソン(Keenan Robinson 1989年7月7日- )はネブラスカ州オマハ出身のアメリカンフットボール選手。現在NFLワシントン・レッドスキンズに所属している。ポジションはインサイドラインバッカー

経歴[編集]

ネブラスカ州オマハで生まれた彼は、テキサス州プレイノの高校に進学、ラインバッカー、ディフェンシブエンドとしてプレー、273タックル、5サック、5ファンブルフォース、5ファンブルリカバー、1インターセプトを記録した。2006年、USAトゥデイパレード誌よりオールアメリカンに選ばれた。大学入学を前に Rivals.com からは四つ星、全米4位のアウトサイドラインバッカーに[1]、Scout.com からは四つ星、全米5位のストロングサイドラインバッカーに評価された[2]

テキサス大学では39試合の先発を含む51試合に出場、バトカス賞のセミファイナリストに2度選ばれた。

2008年、12試合に出場し、アウトサイドラインバッカー、スペシャルチームでプレーした。2009年、全14試合にアウトサイドラインバッカーとして先発出場し、ビッグ12カンファレンスのオールチームに選ばれた。2010年、チームトップの113タックル(61ソロタックル)、2サック、2インターセプト、2ファンブルリカバー、1ファンブルフォースをあげて、全12試合にアウトサイドラインバッカーとして先発出場、カンファレンスのセカンドチームに選ばれた。またバトカス賞のセミファイナリストに残った[3]。2011年、全13試合に先発し、106タックルをあげた。この年もカンファレンスのセカンドチームに選ばれ、バトカス賞のセミファイナリストにも残った[4]

2012年のNFLドラフト4巡でワシントン・レッドスキンズに指名された[5]。レッドスキンズのディフェンスコーディネーター・ジム・ハスレットは、彼をアウトサイドラインバッカーからインサイドラインバッカーにコンバートすることを発表した[6]。5月17日、レッドスキンズと4年契約を結んだ[7]感謝祭の日に行われた第12週ダラス・カウボーイズ戦で胸筋を断裂し、11月26日に故障者リスト入りした[8]ペリー・ライリーの控え、スペシャルチームとしてプレーし[9]、12タックルをあげた。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 2007 Prospect Ranking Rivals.com outside linebackers 2007”. Rivals.com. 2013年4月30日閲覧。
  2. ^ Profile”. Scout.com. 2013年4月30日閲覧。
  3. ^ PROFILE”. テキサス大学. 2013年4月30日閲覧。
  4. ^ Chris Low (2011年10月25日). “Where's Danny Trevathan on Butkus list?”. ESPN. 2013年4月30日閲覧。
  5. ^ 2012 NFL Draft Pick List and Results - Round 4”. ESPN (2012年). 2013年4月30日閲覧。
  6. ^ Mike Jones (2012年4月28日). “Redskins take ILB Keenan Robinson in fourth round”. ワシントン・ポスト. 2013年4月30日閲覧。
  7. ^ Mike Jones (2012年5月17日). “Redskins sign fourth-round pick, ILB Keenan Robinson”. ワシントン・ポスト. 2013年4月30日閲覧。
  8. ^ 11月26日発表のNFL選手契約”. アメフトNewsJapan (2012年11月28日). 2013年4月30日閲覧。
  9. ^ Daniel Zimmet (2012年10月25日). “Robinson Learning From Top Role Model”. ワシントン・レッドスキンズ. 2013年4月30日閲覧。

外部リンク[編集]