キース・ルーカス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

キース・ルーカス: Keith Lucas1879年3月8日 - 1916年10月5日) は、イギリスの科学者である。ケンブリッジ大学トリニティ・カレッジに研究員、講師として勤め、神経科学分野において先駆的な業績を残した。

1879年にフランシス・ロバート・ルーカスとK.ルーカス夫妻の間にグリニッジで生まれ[1]ラグビー校、ケンブリッジ大学トリニティ・カレッジで学び、1904年にトリニティ・カレッジの研究員(フェロー)になった[2][3]。1913年、王立協会会員に選出され、その前年には王立協会のクルーニアン講義の講師に招かれている[2][4]第一次世界大戦まで、ケンブリッジ大学で調査研究と指導に携わると共に、ケンブリッジ科学計器社(Cambridge Scientific Instrument Company)の重役の一人であった[2]

1914年[1]、戦争が勃発すると、ルーカスは大学を離れ、計器についての貴重な技術と創造性を英国陸軍航空隊に捧げた[2]。英国陸軍航空隊の大尉としてハンプシャーファーンバラにあったRoyal Aircraft Factory(ロイヤル・エアクラフト・エスタブリッシュメントの前身)で、航空機用コンパスの開発と改善に従事し、飛行中の多様な条件下に適応したコンパスの開発に成功[2]

第一次世界大戦中の1916年10月5日、ウィルトシャーソールズベリ平原上空で、ルーカスの乗った飛行機が別の飛行機と衝突した事故で死亡した。彼の遺体はオールダーショット軍事墓地に埋葬され[5]ケンブリッジシャーフェンディットンに記念碑が建てられた。

著書[編集]

"The conduction of the nervous impulse"(openlibrary.org)、エドガー・エイドリアン改訂、1917年、LONGMANS, GREEN AND Co.

家族[編集]

1909年、C.E.ハバート牧師の娘アリスと結婚し、三人の息子が生まれた[2]。息子たちはそれぞれ別の道を歩み、各分野で業績を残した。

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b A Dictionary of Scientists, Keith LucasAnswers.com
  2. ^ a b c d e f Aviation History1916、flightglobal.com
  3. ^ "Lucas, Keith. (LCS898K)". A Cambridge Alumni Database (英語). University of Cambridge.
  4. ^ "Lucas; Keith (1879 - 1916)". Record (英語). The Royal Society. 2012年5月2日閲覧
  5. ^ "Casualty Details". Commonwealth War Graves Commission. ウィキデータを編集