キース・キャンベル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
キース・キャンベル
Gthumb.svg
画像募集
グランプリでの経歴
国籍 オーストラリアの旗 オーストラリア
活動期間 1950 - 1958
チーム ノートンモト・グッツィ
レース数 11
チャンピオン 350cc - 1957
優勝回数 3
表彰台回数 8
通算獲得ポイント 53
ファステストラップ回数 2
初グランプリ 1950 250cc アルスター
初勝利 1957 350cc ダッチTT
最終勝利 1957 350cc アルスター
最終グランプリ 1958 350cc ベルギー
テンプレートを表示

キース・ロナルド・キャンベルKeith Ronald Campbell 、1931年6月1日 - 1958年7月13日)はオーストラリア出身のオートバイレーサーである。ロードレース世界選手権で世界チャンピオンとなったライダーである。

略歴[編集]

メルボルン郊外のプラーンで育ったキャンベルは、幼い頃からオートバイのチャンピオンになるという目標を持っていた。やがてモト・グッツィファクトリーチームの一員としてロードレース世界選手権に出場すると、1957年の350ccクラスチャンピオンに輝いた[1]。これはオーストラリア人として初めてのタイトル獲得でもあった。この年のシーズン終了後にはイギリス人チャンピオンのジェフ・デュークの義姉であるジェラルディーンと結婚した。

1958年7月、キャンベルはフランストゥールーズ近くにあるカドゥール・サーキットで行われたレースに出場した。350ccクラスに勝利して次に500ccクラスのレースに出たキャンベルはコースレコードに迫る速さで後続を引き離していた1周目、コックス・コーナーと呼ばれる高速カーブを曲がり切れずにコースアウトしてクラッシュ、死亡した[2]。死因は頭蓋骨骨折と言われ、ほぼ即死の状態だった。

ロードレース世界選手権での戦績[編集]

1950年から1968年までのポイントシステム

順位 1 2 3 4 5 6
ポイント 8 6 4 3 2 1
  • 凡例
  • ボールド体のレースはポールポジション、イタリック体のレースはファステストラップを記録。
クラス チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 ポイント 順位 勝利数
1950 250cc エクセルシオール IOM
-
SUI
-
ULS
6
ITA
-
1 17位 0
1954 500cc ノートン FRA
-
IOM
-
ULS
-
BEL
5
NED
-
GER
-
SUI
-
ITA
-
SPA
-
2 19位 0
1955 350cc ノートン FRA
-
IOM
-
GER
-
BEL
3
NED
-
ULS
-
ITA
-
4 11位 0
1957 350cc モト・グッツィ GER
-
IOM
2
NED
1
BEL
1
ULS
1
ITA
-
30 1位 3
500cc モト・グッツィ GER
-
IOM
5
NED
-
BEL
-
ULS
-
ITA
-
2 15位 0
1958 350cc ノートン IOM
7
NED
3
BEL
3
GER
-
SWE
-
ULS
-
ITA
-
8 7位 0
500cc ノートン IOM
NC
NED
-
BEL
2
GER
-
SWE
-
ULS
-
ITA
-
6 9位 0

脚注[編集]