キンタマーニ高原

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
バトゥール山(標高1,717メートル)とバトゥール湖

キンタマーニ高原(キンタマーニこうげん)は、インドネシア共和国バリ島北東部の高原地帯で、キンタマーニのなかでも観光スポットのひとつとして知られている。

位置[編集]

キンタマーニ高原は、全体がほぼバリ州バンリ県キンタマーニ郡に含まれるが、外輪山の東部の外側はカランガスム県に属する。「聖なる山」として知られ、麓のブサキ寺院でも有名なバリ島最高峰のアグン山(標高3,031メートル)からは西北約15キロメートルの位置に所在する。

概要[編集]

標高1,500メートル程度の高原がひろがり、最高地点は外輪山(東側)のアバン山(標高2,151メートルである。

バトゥール山と、バトゥール山火口湖バトゥール湖、及び外輪山のひとつであるプヌリサン山、外輪山の尾根伝いにあるキンタマーニ(キンタマーニ村)、バトゥール(バトゥールウタラ村)、ペネロカン(バトゥールトゥンガー村)の各集落とそれらの間にあるレストランなどが観光の中心となっている。

関連項目[編集]