キングジョージ6世&クイーンエリザベスステークス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
キングジョージ6世&クイーンエリザベスステークス
King George Vi And Queen Elizabeth S[1]
開催国 イギリスの旗イギリス
競馬場 アスコット競馬場
創設 1951年
2014年の情報
距離 芝12ハロン(≒2414m)
格付け G1
賞金 賞金総額115万ポンド
出走条件 サラブレッド3歳以上
負担重量 定量戦
*3歳牡・騙馬 8ストーン9ポンド=121ポンド(≒54.9kg)
*4歳以上牡・騙馬 9ストーン7ポンド=133ポンド(≒60.3kg)
*牝馬は3ポンド(≒1.4kg)減量
*南半球生まれの4歳馬は4ポンド(≒1.8kg)減量[1]
テンプレートを表示

キングジョージ6世&クイーンエリザベスステークスKing George VI and Queen Elizabeth Stakes)とはイギリスアスコット競馬場で開催される競馬の競走で、格付けは最高格のG1に序されている。イギリス国内の平地競走としては、ダービー(138万ポンド)、チャンピオンステークス(130万ポンド)に次いで、115万ポンドを出す高額賞金競走(2016年現在)で、ヨーロッパを代表する中長距離の競走のひとつである。

夏に行われ、3歳と古馬の一流馬がクラシック距離(12ハロン=約2400メートル)で対戦する。中長距離の競走としては、凱旋門賞ダービーとならんでヨーロッパの最高峰のレースの1つとみなされている。

しばしば「KGVI & QES」とも略記されるが[注 1]、競走名は前イギリス国王ジョージ6世とその王妃エリザベス・ボーズ=ライアンエリザベス2世の両親)に由来している。

歴史[編集]

競馬の発祥国であるイギリスでは伝統的に、サラブレッドの競走は年齢別に行われており、古い時代には3歳や4歳の馬は十分な成長を遂げていない若馬とみなされ、7歳や8歳になってようやく一人前と考えられてきた。しかし3歳馬による競走(ダービーなど)や2歳馬による競走が行われるようになって、7歳や8歳馬による4マイルや6マイルの長距離戦よりも、若い馬による2マイル(約3200メートル)や1マイル半(約2400メートル)の競走に人気がシフトしてきた。

3歳馬と古馬が対戦する大レースとしては、19世紀の終わりにエクリプスステークスが当時の最高賞金競走として創設されたが、初夏の若馬にも分があるように10ハロン(約2000メートル)で行われた。3歳の一流馬は秋はセントレジャーを走り、そのあとはジョッキークラブステークスで1年を終え、翌年古馬になると長距離のカップ戦を目指すのが一流馬の王道だった。

第二次世界大戦が終わって国際間の競馬が復活すると、イギリスではアスコット競馬場が1946年の9月にキング・ジョージ6世ステークスを創設し、ヨーロッパの一流3歳馬を集めて2マイル(約3200メートル)の距離を争った。このレースには、この年のイギリス、アイルランドのダービー馬やフランスのパリ大賞典優勝馬が出走し、ヨーロッパ3歳チャンピオンを決めるに相応しいレースになった。しかしこのレースの日程は、フランスがヨーロッパ最大の競走を目論んで行っている凱旋門賞と1週の差しかなく、一流競走馬を奪い合って競合することになった[2]

フランス側は、はじめはイギリス競馬界へキング・ジョージ6世ステークスの日程変更を申し入れたが断られ、1949年に凱旋門賞の賞金を当時世界最高額となる3000万フランに増やすことで対応した。アスコット競馬場ではこれに対抗できる賞金を出すことができないため、凱旋門賞と競合することを断念し、1951年からキング・ジョージ6世ステークスを9月から夏へ時期を変更し、従来夏に行われていたクイーン・エリザベスステークス(1マイル半≒2400メートル)と統合することにした[3]

1951年は大英博覧会100周年の年で、国をあげて英国祭(en:Festival_of_Britain)が行われた。これにあわせて、キング・ジョージ6世ステークスとクイーン・エリザベスステークスを統合した新レースは「フェスティヴァル・オブ・ブリテン・ステークス」と銘打ち、賞金を増やしてイギリス国内ではダービーに次ぐ2番めの高額賞金として行われた。凱旋門賞と競合しない国際大レースの創設はフランス競馬界からも歓迎され、前年の凱旋門賞優勝馬タンティエームを空輸で送り込んだ[注 2]。この「フェスティヴァル・オブ・ブリテン・ステークス」が、現在は第1回キングジョージ6世&クイーンエリザベスステークスとみなされており、翌1952年からは「第2回」キングジョージ6世&クイーンエリザベスステークスと名を変えて行われている[4][5][3][6]

以来、イギリスの夏競馬を代表する高額大レースとして定着したが、1972年からはダイヤモンド会社のデビアスがスポンサーになった。そのため、エリザベス2世の承諾を得て、1975年からはレース名が「キングジョージ6世&クイーンエリザベス・ダイヤモンドステークス(King George VI and Queen Elizabeth Diamond Stakes)」と改称されている。デビアスは2006年を最後にスポンサーから撤退したため、2007年と2008年は「ダイヤモンド」がつかない「キングジョージ6世&クイーンエリザベスステークス」で行われた。2009年からはベットフェアー社(イギリスのインターネット・ブックメーカー会社)がスポンサーとなり、賞金を積増しして100万ポンドの大台に乗せた。賞金額では、チャンピオンステークスとイギリス国内2位の座を争っている[4]

近年はチャンピオンステークスブリティッシュ・チャンピオンズシリーズを中心にイギリス国内の競馬体系の再編が行われており、2014年からはカタール資本のQIPCO(Qatar Investment & Projects Development Holding Company)がスポンサーとなっている[4]

沿革[編集]

  • 1951年 大英博覧会100周年記念行事として「キングジョージ6世&クイーンエリザベスフェスティバルオブブリテンステークス」(King George VI & Queen Elizabeth Festival of Britain Stakes)の名称で施行。
  • 1952年 競走名を「キングジョージ6世&クイーンエリザベスステークス」(King George VI & Queen Elizabeth Stakes)に改名。
  • 1972年 ダイヤモンドの採掘・流通会社デビアスがスポンサーとなる。
  • 1975年 競走名を「キングジョージ6世&クイーンエリザベスダイヤモンドステークス」(King George VI & Queen Elizabeth Diamond Stakes)に改名。
  • 1999年 ワールドシリーズ・レーシング・チャンピオンシップに参加。
  • 2005年 アスコット競馬場が改修のため、ニューベリー競馬場で開催。
  • 2007年 デビアスが2006年限りでスポンサーから撤退したため、競走名が「キングジョージ6世&クイーンエリザベスステークス」(King George VI & Queen Elizabeth Stakes)に戻る。
  • 2009年 ベットフェアーがスポンサーとなる。
  • 2014年 QIPCOがスポンサーとなる。

できごと[編集]

主なステップレース[編集]

競走名 格付 施行競馬場 施行距離 出走資格
プリンスオブウェールズステークス G1 イギリスの旗アスコット競馬場 芝10ハロン 4歳以上
サンクルー大賞 G1 フランスの旗サンクルー競馬場 芝2400m 4歳以上
アイリッシュダービー G1 アイルランドの旗カラ競馬場 芝12ハロン 3歳牡馬・牝馬
エクリプスステークス G1 イギリスの旗サンダウン競馬場 芝10ハロン7ヤード 3歳以上
  • その他のステップレース(イギリス国内)
    • キングエドワード7世ステークス(King Edward VII Stakes) 国際G2 3歳牡馬・騸(せん)馬 芝12ハロン
    • ハードウィックステークス(Hardwicke Stakes) 国際G2 4歳以上 芝12ハロン
    • プリンセスオブウェールズステークス(Princess of Wales's Stakes) 国際G2 3歳以上 芝直線12ハロン

歴代優勝馬[編集]

2006年から2008年までの3年間は3歳馬が1頭も出走しなかった。2010年は当年の英国ダービー馬でのちに凱旋門賞も制するWorkforceが出走したが5着に敗れているが、2011年Nathanielが出走して勝利を飾っている。

回数 施行日 調教国・優勝馬 日本語読み 性齢 タイム 優勝騎手 管理調教師
第1回 1951年7月21日 イギリスの旗Supreme Court シュプリームコート 牡3 2:29.66 C.エリオット E.ウィリアムズ
第2回 1952年7月19日 イギリスの旗Tulyar タルヤー 牡3 2:33.20 C.スマーク M.マーシュ
第3回 1953年7月18日 イギリスの旗Pinza ピンザ 牡3 2:33.60 G.リチャーズ N.バーティー
第4回 1954年7月17日 イギリスの旗Aureole オリオール 牡4 2:44.00 M.スミス C.ボイドロックフォート
第5回 1955年7月16日 フランスの旗Vimy ヴィミー 牡3 2:33.76 R.ポワンスレ A.ヘッド
第6回 1956年7月21日 イタリアの旗Ribot リボー 牡4 2:40.24 E.カミーチ U.ペンコ
第7回 1957年7月20日 フランスの旗Montaval モンタヴァル 牡4 2:41.02 F.パーマー G.ブリグランド
第8回 1958年7月19日 アイルランドの旗Ballymoss バリーモス 牡4 2:36.33 A.ブリースリー M.V.オブライエン
第9回 1959年7月18日 イギリスの旗Alcide アルサイド 牡4 2:31.39 W.カー C.ボイドロックフォート
第10回 1960年7月16日 イギリスの旗Aggressor アグレッサー 牡5 2:35.21 J.リンドリー J.ゴスデン
第11回 1961年7月15日 フランスの旗Right Royal ライトロイヤル 牡3 2:40.34 R.ポアンスレ E.ポレ
第12回 1962年7月21日 フランスの旗Match マッチ 牡4 2:32.02 Y.サンマルタン F.マテ
第13回 1963年7月20日 アイルランドの旗Ragusa ラグーサ 牡3 2:33.80 G.ブゴール P.プレンダーガスト
第14回 1964年7月18日 フランスの旗Nasram ナスラム 牡4 2:33.15 W.パイアーズ E.フェローズ
第15回 1965年7月17日 アイルランドの旗Meadow Court メドウコート 牡3 2:33.27 L.ピゴット P.プレンダーガスト
第16回 1966年7月16日 イギリスの旗Aunt Edith アーントエディス 牝4 2:35.06 L.ピゴット N.マーレス
第17回 1967年7月15日 イギリスの旗Busted バステッド 牡4 2:33.64 G.ムーア N.マーレス
第18回 1968年7月27日 イギリスの旗Royal Palace ロイヤルパレス 牡4 2:32.22 A.バークレー N.マーレス
第19回 1969年7月26日 イギリスの旗Park Top パークトップ 牝5 2:32.46 L.ピゴット B.ヴァン・カッツェム
第20回 1970年7月25日 アイルランドの旗Nijinsky II ニジンスキー 牡3 2:36.16 L.ピゴット M.V.オブライエン
第21回 1971年7月24日 イギリスの旗Mill Reef ミルリーフ 牡3 2:32.56 G.ルイス I.ボールディング
第22回 1972年7月22日 イギリスの旗Brigadier Gerard ブリガディアジェラード 牡4 2:32.91 J.マーサー W.ハーン
第23回 1973年7月28日 フランスの旗Dahlia ダリア 牝3 2:30.43 W.パイアーズ M.ジルベール
第24回 1974年7月27日 フランスの旗Dahlia ダリア 牝4 2:33.03 L.ピゴット M.ジルベール
第25回 1975年7月26日 イギリスの旗Grundy グランディ 牡3 2:26.98 P.エデリー P.ウォールウィン
第26回 1976年7月24日 イギリスの旗Pawneese ポウニーズ 牝3 2:29.36 Y.サンマルタン A.ペンナ
第27回 1977年7月23日 アイルランドの旗The Minstrel ザミンストレル 牡3 2:30.48 L.ピゴット M.V.オブライエン
第28回 1978年7月22日 イギリスの旗Ile de Bourbon イルドブルボン 牡3 2:30.53 J.リード R.ジョンソン・ホートン
第29回 1979年7月28日 イギリスの旗Troy トロイ 牡3 2:33.75 W.カーソン W.ハーン
第30回 1980年7月26日 イギリスの旗Ela-Mana-Mou エラマナムー 牡4 2:36.39 W.カーソン W.ハーン
第31回 1981年7月25日 イギリスの旗Shergar シャーガー 牡3 2:35.40 W.スウィンバーン M.スタウト
第32回 1982年7月24日 イギリスの旗Kalaglow カラグロウ 牡4 2:31.88 G.スターキー G.ハーウッド
第33回 1983年7月23日 アイルランドの旗Time Charter タイムチャーター 牝4 2:30.79 J.マーサー H.キャンディ
第34回 1984年7月28日 イギリスの旗Teenoso ティーノーソ 牡4 2:27.95 L.ピゴット G.ラグ
第35回 1985年7月27日 イギリスの旗Petoski ペトスキ 牡3 2:27.61 W.カーソン W.ハーン
第36回 1986年7月26日 イギリスの旗Dancing Brave ダンシングブレーヴ 牡3 2:29.49 P.エデリー G.ハーウッド
第37回 1987年7月25日 イギリスの旗Reference Point レファランスポイント 牡3 2:34.63 S.コーセン H.セシル
第38回 1988年7月23日 イギリスの旗Mtoto ムトト 牡5 2:37.33 M.ロバーツ A.ステュワート
第39回 1989年7月22日 イギリスの旗Nashwan ナシュワン 牡3 2:32.27 W.カーソン W.ハーン
第40回 1990年7月28日 イギリスの旗Belmez ベルメッツ 牡3 2:30.76 M.キネーン H.セシル
第41回 1991年7月27日 イギリスの旗Generous ジェネラス 牡3 2:28.99 A.ムンロ P.コール
第42回 1992年7月25日 アイルランドの旗St.Jovite セントジョヴァイト 牡3 2:30.85 S.クレイン J.ボルジャー
第43回 1993年7月24日 イギリスの旗Opera House オペラハウス 牡5 2:33.94 M.ロバーツ M.スタウト
第44回 1994年7月23日 イギリスの旗King's Teatre キングスシアター 牡3 2:28.92 M.キネーン H.セシル
第45回 1995年7月22日 アラブ首長国連邦の旗Lammtarra ラムタラ 牡3 2:31.01 L.デットーリ S.ビン・スルール
第46回 1996年7月27日 イギリスの旗Pentire ペンタイア 牡4 2:28.11 M.ヒルズ G.ラグ
第47回 1997年7月26日 アラブ首長国連邦の旗Swain スウェイン 牡5 2:36.45 J.リード S.ビン・スルール
第48回 1998年7月25日 アラブ首長国連邦の旗Swain スウェイン 牡6 2:29.06 L.デットーリ S.ビン・スルール
第49回 1999年7月24日 アラブ首長国連邦の旗Daylami デイラミ 牡5 2:29.35 L.デットーリ S.ビン・スルール
第50回 2000年7月29日 フランスの旗Montjeu モンジュー 牡4 2:29.98 M.キネーン J.ハモンド
第51回 2001年7月28日 アイルランドの旗Galileo ガリレオ 牡3 2:27.71 M.キネーン A.オブライエン
第52回 2002年7月27日 イギリスの旗Golan ゴーラン 牡4 2:29.70 K.ファロン M.スタウト
第53回 2003年7月26日 アイルランドの旗Alamshar アラムシャー 牡3 2:33.26 J.ムルタ J.オックス
第54回 2004年7月24日 アラブ首長国連邦の旗Doyen ドワイエン 牡4 2:33.18 L.デットーリ S.ビン・スルール
第55回 2005年7月23日 アイルランドの旗Azamour アザムール 牡4 2:28.26 M.キネーン J.オックス
第56回 2006年7月29日 フランスの旗Hurricane Run ハリケーンラン 牡4 2:30.29 C.スミヨン A.ファーブル
第57回 2007年7月28日 アイルランドの旗Dylan Thomas ディラントーマス 牡4 2:31.11 J.ムルタ A.オブライエン
第58回 2008年7月26日 アイルランドの旗Duke Of Marmalade デュークオブマーマレード 牡4 2:27.91 J.ムルタ A.オブライエン
第59回 2009年7月25日 イギリスの旗Conduit コンデュイット 牡4 2:28.73 R.ムーア M.スタウト
第60回 2010年7月24日 イギリスの旗Harbinger ハービンジャー 牡4 2:26.78 O.ペリエ M.スタウト
第61回 2011年7月23日 イギリスの旗Nathaniel ナサニエル 牡3 2:35.07 W.ビュイック J.ゴスデン
第62回 2012年7月21日 ドイツの旗Danedream デインドリーム 牝4 2:31.62 A.シュタルケ P.シールゲン
第63回 2013年7月27日 ドイツの旗Novellist ノヴェリスト 牡4 2:24.60 J.ムルタ A.ヴェーラー
第64回 2014年7月26日 イギリスの旗Taghrooda タグルーダ 牝3 2:28.13 P.ハナガン J.ゴスデン
第65回[7] 2015年7月25日 イギリスの旗Postponed ポストポンド 牡4 2:31.25 A.アツェーニ L.クマーニ
第66回[8] 2016年7月23日 アイルランドの旗Highland Reel ハイランドリール 牡4 2:28.97 R.ムーア A.オブライエン

日本調教馬の成績[編集]

脚注・出典[編集]

参考文献[編集]

  • 『凱旋門賞の歴史』第1巻(1920-1951)アーサー・フィッツジェラルド・著、草野純・訳、財団法人競馬国際交流協会・刊、1995
  • 『凱旋門賞の歴史』第2巻(1952-1964)アーサー・フィッツジェラルド・著、草野純・訳、財団法人競馬国際交流協会・刊、1996
  • 『凱旋門賞の歴史』第3巻(1965-1982)アーサー・フィッツジェラルド・著、草野純・訳、財団法人競馬国際交流協会・刊、1997

注釈[編集]

  1. ^ 「キングジョージ」と略す向きもある。なお、同じイギリス国内には「キングジョージステークス」というG2の重賞もあるが、これは別のレースである。
  2. ^ 結果的にはこの「空輸」が裏目に出た。嵐で飛行機が激しい揺れに見舞われて、イギリスへ到着した頃には既にタンティエームは消耗してしまっていて、3着に終わった。

出典[編集]

  1. ^ a b IFHA Race Detail King George Vi And Queen Elizabeth S2014年11月12日閲覧。
  2. ^ 『凱旋門賞の歴史』第1巻,p230
  3. ^ a b 『凱旋門賞の歴史』第1巻,p264
  4. ^ a b c Galopp-Sieger King George Vi And Queen Elizabeth S2014年11月12日閲覧。
  5. ^ 『凱旋門賞の歴史』第1巻,p262
  6. ^ 『凱旋門賞の歴史』第1巻,p300
  7. ^ 2015年結果レーシングポスト、2015年7月26日閲覧
  8. ^ 2016年結果レーシングポスト、2016年7月24日閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]