キングコモディティ証券

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
キングコモディティ証券株式会社
King Commodity Securities Co.,Ltd.
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
604-8143
京都府京都市中京区東洞院通四条上ル阪東屋町664番地
設立 1948年5月
業種 証券、商品先物取引業
代表者 代表取締役社長 岡田 光雄
資本金 5億8,000万円
従業員数 410人(2001年4月30日時点)
外部リンク http://www.kingcom.co.jp/(※閉鎖済み)
特記事項:2002年4月1日、萬成プライムキャピタル証券(現・ばんせい証券)に吸収合併され消滅。上記情報は特記以外、2002年2月時点でのデータ[1]
テンプレートを表示

キングコモディティ証券株式会社きんぐこもでぃてぃしょうけん、英文名称:King Commodity Securities Co.,Ltd.)は、かつて存在した日本の証券会社。2002年4月1日に萬成プライムキャピタル証券(現・ばんせい証券)に吸収合併された。

沿革[編集]

  • 1948年昭和23年)5月 - 大盛証券株式会社を資本金100万円で設立、京都証券取引所に正会員として加入。
  • 1962年(昭和37年)1月 - 本社を京都市中京区東洞院に移転。
  • 1963年(昭和38年)12月 - 資本金を400万円に増資。
  • 1968年(昭和43年)4月 - 証券業免許制度実施に伴い、証券取引所法に基づく免許を取得。
  • 1981年(昭和56年)10月 - 資本金を6000万円に増資。
  • 1987年(昭和62年)10月 - 資本金を1億円に増資。
  • 1990年平成2年)4月 - 北大路営業所を開設。
  • 1999年(平成11年)10月 - 明倫社株式会社と合併し、商号をキングコモディティ証券株式会社に変更[3]
  • 1999年(平成11年)10月 - 資本金を5億8000万円に増資し、東京支店を開設。
  • 1999年(平成11年)12月 - 札幌支店、仙台支店、広島支店を開設。
  • 2000年(平成12年)6月 - 松本支店を開設。
  • 2001年(平成13年)4月 - 新潟支店を開設。
  • 2002年(平成14年)4月1日 - 萬成プライムキャピタル証券株式会社と被合併し消滅。

コマーシャル[編集]

2000年4月から[4]2001年3月にかけて[5]TBSテレビの番組「JNN報道特集」のスポンサーを務めており、梓みちよ高田純次を起用したCMを放送していた。

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ 会社概要 - キングコモディティ証券(2002年2月8日時点でのインターネットアーカイブ)、2016年2月1日閲覧。
  2. ^ 沿革”. キングコモディティ証券 会社案内. キングコモディティ証券 (2002年2月13日). 2016年2月1日閲覧。
  3. ^ 日本商品先物取引協会(会員の異動-合併) - 日本商品先物取引協会、2016年2月1日閲覧。
  4. ^ 「番組提供スポンサーリスト」『CM NOW』84号、玄光社、2000年5月、 p.149、2016年2月1日閲覧。
  5. ^ 「番組提供スポンサーリスト」『CM NOW』89号、玄光社、2001年3月、 p.149、2016年2月1日閲覧。

外部リンク[編集]