KGDR

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
KGDR
別名 キングギドラ
KING GIDDRA
出身地 日本の旗 日本
ジャンル ヒップホップ
活動期間 1993年 - 1996年
2002年 - 2003年
2011年 -
レーベル Pヴァイン(1995年 - 1996年)
デフスター(2002年 - 2003年)
ワーナーミュージック(2011年 - )
メンバー Kダブシャイン
Zeebra
DJ OASIS

KGDR(キングギドラ)は、日本ヒップホップグループ。1993年キングギドラ名義で結成し、1995年に発表したデビュー・アルバム『空からの力』は日本のヒップホップ界のみならず、幅広い音楽シーンに影響を与え[1]、1996年に活動を停止。2002年に活動を再開しアルバム『最終兵器』を発表し、再び活動を停止。2011年に再び活動を再開し、現表記に改名。略称はKG、ギドラ。日本のヒップホップ・シーンで最も影響力を持つグループの1つ[1]

メンバー[編集]

旧表記は「K DUB SHINE」。リーダー。
旧表記は「ZEEBRA」。
  • DJ OASIS(ディージェイ・オアシス):DJ、MC

来歴[編集]

結成〜『空からの力』[編集]

1993年Kダブシャインがアメリカオークランドに住んでいた際に、Zeebraに電話で日本語によるラップを聴かせたところ意気投合し、Zeebraの幼馴染であるDJ OASISを加え[要出典]グループを結成。1995年12月10日、デビューアルバム空からの力』をPヴァインより発売。1996年4月25日、リミックス・ミニアルバム『影』をPヴァインより発売。同年、活動を停止し各自ソロ活動を開始[2][3]

活動再開〜『最終兵器』[編集]

2001年1月31日発売のDJ OASISの1stアルバム『東京砂漠』収録曲「ハルマゲドン」にK DUB SHINE、ZEEBRAが参加。また、同年9月19日発売のK DUB SHINEのミニアルバム『SAVE THE CHILDREN』収録曲「ザ・シャイニング(KG STILL SHINING REMIX)」にDJ OASIS、ZEEBRAが参加。

2002年4月10日、2枚同時シングル「UNSTOPPABLE」、「F.F.B.」をデフスターレコーズから発売し、約6年ぶりにキングギドラとしての活動を再開。オリコンチャート初登場5位(F.F.B.)、6位(UNSTOPPABLE)を記録するも、「UNSTOPPABLE」収録曲「ドライブバイ」の歌詞に「ヤワなラップをする偽者」を同性愛者に擬えて攻撃をほのめかした事が、同性愛者を蔑視していると市民団体が抗議。また、「F.F.B.」にもHIV患者への偏見があると抗議され[要出典]、両シングルの発売停止に至る。4月27日に両シングルから問題となった「ドライブバイ」「F.F.B.」以外の楽曲を1枚に収録したシングル「UNSTOPPABLE」を再発売。

同年9月11日、2枚同時シングル「911 (Remix)」、「ジェネレーションネクスト」をデフスターレコーズから発売。オリコンチャート初登場6位(911 (Remix))、9位(ジェネレーションネクスト)を記録。10月17日、アルバム『最終兵器』をデフスターレコーズから発売。オリコンチャート初登場3位を記録。Dragon AshKjKICK THE CAN CREWRIP SLYMEに向けたディス楽曲「公開処刑 feat. BOY-KEN」や、歌詞を一部削除した「F.F.B. (Album Version)」などを収録。また、ミュージック・ビデオやライブ映像が収録されたVHS・DVD『最終兵器』を同日に発売。

10月19日公開の映画『凶気の桜』の音楽をK DUB SHINEが担当[4]し、キングギドラの楽曲を多数使用した。2003年10月20日、『最終兵器』のリミックスアルバム『最新兵器』をデフスターレコーズから発売。

2007年3月31日、日本武道館にて開催されたRHYMESTERのライブイベントKING OF STAGEに出演し、約10年振りにRHYMESTERと共演[5]

2度目の活動再開〜震災復興支援[編集]

2011年4月30日、大阪城野外音楽堂で開催された東北地方太平洋沖地震チャリティーライブ「KEEP YOUR HEADS UP」に出演し、約8年ぶりに活動を再開[6]。6月8日、表記をKGDRに改名し、原発を批判した楽曲「アポカリプス ナウ」をワーナーミュージック・ジャパンより配信[6][7]。改名については、権利上の問題、歌詞の内容、チャリティに伴う印税の分配、ソニーとの契約上の障害が理由としている[8]

同年7月24日、赤坂BLITZにてワンマンライブを震災復興支援イベントとして開催[6][7]。9月18日、横浜スタジアムで開催された「AIR JAM 2011」に出演[9]。12月14日発売のZeebraのアルバム『Black World/White Heat』収録曲「Pop」にK DUB SHINE、DJ OASISが参加[10]

2012年10月30日、ライブ会場限定でライブDVD『APOCALYPSE NOW』を発売[11]

2014年12月27日、川崎CLUB CITTA'で開催された妄走族主催のイベント「核MIX」に出演[12]

2015年5月23日にLIQUIDROOMにて開催されたPヴァインの設立40周年記念イベント「P-VINE 40th ANNIVERSARY」にヘッドライナーとして出演し、デビューアルバム『空からの力』の発売20周年記念ライブを行う[13][14]

グループ名[編集]

東宝ゴジラシリーズに登場した三つ首の怪獣キングギドラ」から。グループ名を考えている時に、「日本を代表し海外でも知られている物」としてゴジラが候補に挙がるが、「金色でダークなイメージということからキングギドラのほうがヒップホップっぽい」ことや、「キングギドラは3本の首で自分達も3人組だから」という理由でキングギドラに決定した[要出典]。東宝から許可を得て名称を使用している[15]

評価[編集]

Amebreakの伊藤雄介は、『空からの力』はアメリカのヒップホップの構造を理解した上でそれを日本語で再解釈し、日本語ラップの表現の幅を拡げた[16]日本語ラップ史上最高の1枚と言われているアルバム[17]と評している。

ディスコグラフィ[編集]

12inchシングルレコード[編集]

  • 『空からの力 c/w 地獄絵図(AOZの視点)』 (1996年)
  • 『行方不明 c/w 真実の弾丸』 (1996年)
  • 『見まわそう c/w 大掃除』 (1996年)

LPレコード[編集]

  • 『空からの力』 (1996年)
  • 『空からの力 inst.バージョン』 (1996年)

CDシングル[編集]

CDミニアルバム[編集]

CDアルバム[編集]

配信[編集]

ビデオ・DVD[編集]

オムニバス参加作品[編集]

  • 『BEST OF JAPANESE HIP HOP VOL.2』 (1995年7月21日)
    「SAGA OF K.G.」名義で『未確認飛行物体接近中』を収録。
  • 『WHAT A HELL'S GOING ON?』 / SUPER STUPID (1996年10月21日
    12.BULLETS OF TRUTH with キングギドラ(真実の弾丸のバンドバージョン)

脚注[編集]

  1. ^ a b 日本語ラップの金字塔!キングギドラ『空からの力』20周年”. TOWER RECORDS ONLINE (2015年4月6日). 2015年6月3日閲覧。
  2. ^ プロフィール【キングギドラ】”. Sony Music. 2015年6月3日閲覧。
  3. ^ K DUB SHINE、チャリティー・ライヴのためにキングギドラ復活を宣言”. TOWER RECORDS ONLINE (2011年3月18日). 2015年6月1日閲覧。
  4. ^ 映画 凶気の桜”. allcinema. 2015年6月1日閲覧。
  5. ^ RHYMESTER KING OF STAGE Vol.7~メイドインジャパン at 日本武道館~”. Sony Music Shop. 2015年6月3日閲覧。
  6. ^ a b c KGDRことキングギドラ、原発批判曲で復活&ワンマン決定”. ナタリー (2011年6月8日). 2015年6月1日閲覧。
  7. ^ a b キングギドラ改めKGDRの新曲“アポカリプス ナウ”がついに配信開始。7月24日にはチャリティ・ライヴ開催決定!”. Amebreak (2011年6月9日). 2015年6月1日閲覧。
  8. ^ Amebreak News 2011年6月9日
  9. ^ AIR JAM 2011 @ 横浜スタジアム”. RO69. 2015年6月1日閲覧。
  10. ^ Zeebra (1/3) Power Push”. ナタリー. 2015年6月1日閲覧。
  11. ^ ZeebraOfficialの投稿 (10151145612374531) - Facebook
  12. ^ 12月27日(土)@川崎CLUB CITTA'で開催される『核MIX』MCバトル出場者が発表”. Amebreak (2014年12月23日). 2015年6月1日閲覧。
  13. ^ キングギドラ「空からの力」20周年ライブで「一生ヒップホップ辞めない」”. ナタリー (2015年5月30日). 2015年6月1日閲覧。
  14. ^ P-VINE 40th ANNIVERSARY - 2015.05.23 LIQUIDROOM”. LIQUIDROOM. 2015年6月3日閲覧。
  15. ^ 公式サイトトップページより。
  16. ^ Amebreak INTERVIEW AKLO(前編) 2012年9月5日
  17. ^ 伊藤雄介共著『ラップのことば』P-Vine BOOKS刊、2010年4月2日発行(278ページ)

外部リンク[編集]