キングオブチェアー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
キングオブチェアー
ジャンル バラエティ番組
放送時間 月曜日 23:50 - 24:50(60分)
放送期間 2010年10月11日 - 2011年1月1日
放送国 日本の旗 日本
制作局 TBS
NET WEB
演出 藤代賢二
プロデューサー 辻村たろう
出演者 田中みな実(当時TBSアナウンサー
佐藤渚(TBSアナウンサー)
江藤愛(TBSアナウンサー)
ほか
エンディング ORANGE RANGE今すぐMy way
外部リンク 公式サイト

特記事項:
放送開始5分前の23:45 - 23:50に「もうすぐキングオブチェアー」を放送。
テンプレートを表示

キングオブチェアー』(: King of Chair)とは、2010年10月11日から2011年1月1日までTBSにて放送されていた日本バラエティ番組ハイビジョン制作。同年7月20日23:45 - 25:20に放送された単発番組を経てレギュラー番組となった。

2011年5月5日にはTBSと一部を除いた系列局において『スパモク!!』枠でスペシャル番組(単発バージョンでは2回目)として放送された。当初は3月19日の19:00 - 20:54の枠で初のJNN系列28局フルネットで放送される予定だったが、3月11日に発生した東日本大震災の影響により放送が延期されていた。

概要[編集]

一般的な子どもの遊びである椅子取りゲームをモチーフとしたゲームバラエティ番組。広大なフィールドの中にある膨大な椅子の中から正解の椅子「トゥルーチェアー」を探し出し、いち早く座った参加者の勝利となる。トゥルーチェアーやそこに至るためのヒントチェアーは巧妙に隠されており、そもそも一般的な「椅子」の形をしているとは限らないため、謎解きや無理難題、トラップの類を乗り越えることになる。

参加者の服装[編集]

番組のゲームに参加する出演者は全員 制服姿で、椅子取りゲームに参加。出演者によってバラバラであるが、男性は学生服またはブレザー。女性はセーラー服またはブレザー、女子用制服。
頭にヘルメットを装着しなければならなかった。
特に女性陣の服装例をあげるとすれば、
熊田曜子濃紺の冬用セーラー服(臙脂色スカーフ)にミニスカートハイソックスに白の運動靴黄色のヘルメットにの膝サポーター。
大島麻衣は、白のブラウスベージュジャケット臙脂色リボン。臙脂色と白のチェックのミニスカート。黒のハイソックスに白の運動靴。黒のヘルメット。
ミニスカートの下はか濃紺のブルマーまたはマイクロスパッツを必用。
ヘルメットはウォータースポーツ用のものを必用し、プール等の真ん中に浮いている場所にある椅子に座る為に泳いで目指さなければならない為、制服着用のままプールに飛び込んで泳いで全身びしょ濡れにならなければならなかった。

レギュラーシーズンのルールと結果[編集]

ルール[編集]

予選
  • プレイヤーとして10人〜11人の芸能人が参加する。
  • プレイヤーはエリア内に置かれた1,000脚ある椅子の中から3脚(単発初回のみ5脚)だけある真実の椅子「トゥルーチェアー」を探し出す。椅子にはICチップつきのシールが貼られており、プレイヤーにつけられた装置に反応し正誤を判定する。置かれている椅子の中には、近くに落とし穴があったり、座ると脚が折れたりするものやが降ってくるなどのが仕掛けられているが、明らかにバレている椅子(特に人間イス、座ると抱きつかれる。)も数脚置かれている。トゥルーチェアーは普通に置かれているわけではなく、ヒントがないとわからないものやある場所に隠されていることが多く、それをいかに見つけ出すかが勝負である。中にはプールの真ん中に浮いて設置されているところもあり、その椅子に座るには自ら泳いで目指して座らなければならなかった。
  • 「トゥルーチェアー」に座ったプレイヤーは、後に行われる決勝に進出でき、建物内の放送で他のプレイヤーに進出者の名前・座った場所を伝えられる。
  • 予選の中盤になると、プレイヤーを追いかける「ファントム(単発初回決勝戦のみジェイソン)」が登場する。「ファントム」に捕まると、その場で(防犯用)ネットによって10分間拘束される。最初の頃は普通に現れていたが後にファントムチェアーという椅子に座ったら出現という事になった。
  • 最後の1個は、エリア内に出現したヒントチェアーに座りヒントを獲得→そこにあるトゥルーチェアー出現ボタンを押す→トゥルーチェアーが出現するボタンに書かれていた場所に行き座るという手順を踏む必要がある。ボタンを押した時点で椅子取りでおなじみの音楽「マイムマイム」が流れ出すため全プレイヤーに存在が知らされる。通常同様罠が仕掛けてある場合もある。
  • 「トゥルーチェアー」が全て見つかった時点で終了。
決勝
  • 先に決勝進出したプレイヤーから、1つだけ当たりの椅子があるA、B、Cの3つの椅子から1つの椅子に座る。(当たりがどれであるかは毎回抽選)
  • 座った椅子が当たりであれば年明けに行われる「ファイナルステージ」の出場権が得られる[1]
  • ハズレであれば、椅子が傾き粉とスポンジのあるプールに落とされ失格。
  • 3人とも当たりの椅子を選ばなかった場合、決勝に進出できなかった7人の中からくじ引きで選ばれた1人が同様に椅子を選ぶ。それでも決まらない場合は再び勝ち抜け1位から行う。
  • 単発初回では決勝は予選同様イス取りゲームだった。

各回結果[編集]

予選
グループ
放送日 場所 同行アナ プレイヤー 決勝(太字が優勝者)
# 2010年
7月20日
学校 田中みな実 IZAMハイキングウォーキング
フルーツポンチ大島麻衣アジアン
ヘリョン梶原雄太キングコング
馬場園梓(アジアン)
ヘリョン
村上健志(フルーツポンチ)
大島麻衣
梶原雄太
A 10月11日 廃校栃木県[2] JOYペナルティ上原美優
天津手島優春日俊彰オードリー
武田修宏渡辺直美
上原美優
JOY
春日俊彰
B 10月18日 ロマンの森共和国 おかもとまりTIM
NON STYLE安田美沙子
小林さりハライチユージ
安田美沙子
小林さり
レッド吉田(TIM)
C 10月25日 学校 ゆってぃどきどきキャンプ夏川純
小島よしお山崎邦正ロバート
池田夏希落合真理
池田夏希
山崎邦正
小島よしお
D 11月1日 むさしの村 イーグル溝神超新塾)、U字工事
今野浩喜キングオブコメディ)、インパルス
小原正子クワバタオハラ)、次原かな
博多華丸博多華丸・大吉
河西智美AKB48
益子卓郎(U字工事)
河西智美
イーグル溝神
E 11月8日 アクアマリンスタジオ 佐藤渚 クロちゃん安田大サーカス)、宮地真緒
アンガールズ庄司智春品川庄司
松本さゆき楽しんご熊田曜子
濱口優よゐこ)、青島あきな
宮地真緒
庄司智春
熊田曜子
F 11月29日 ロマンの森共和国 田中みな実 もう中学生ダチョウ倶楽部
平成ノブシコブシ山本高広椿鬼奴
石田晴香(AKB48)、谷桃子
椿鬼奴
石田晴香
谷桃子
G 12月6日 むさしの村 あべこうじなだぎ武TKO
ローラ・チャン、大島麻衣、山田親太朗
広海・深海杉原杏璃
ローラ・チャン
大島麻衣
山田親太朗
H 12月13日 アクアマリンスタジオ 佐藤渚 カンニング竹山加藤歩ザブングル
元木大介磯山さやかナイツ
菜々緒中川愛海佐藤唯
佐田正樹バッドボーイズ
佐藤唯
磯山さやか
元木大介

敗者復活戦[編集]

  • 安田美沙子、河西智美、石田晴香、山田親太朗、磯山さやかの5人がスケジュールの都合[3]でファイナルステージを辞退したため、敗者復活戦を行う。敗者復活戦はファイナルステージ開始8時間前に東京都庁前を出発してから、ファイナルステージが行われる群馬県猿ヶ京温泉に到着するまでの間にさまざまな運試しやクイズに挑戦し、5人のファイナルステージ進出者を決定する。
放送日 同行アナ プレイヤー ファイナルステージ進出者(敗者復活者)
2010年
12月20日
田中みな実 JOY、上原美優、平成ノブシコブシ
ユージ、イーグル溝神(超新塾)
ヘリョン、宮地真緒、どきどきキャンプ
小林さり、庄司智春(品川庄司)、大島麻衣
ローラ・チャン、小島よしお、杉原杏璃
TIM、あべこうじ、ワッキー(ペナルティ)
ヘリョン
レッド吉田(TIM)
宮地真緒
大島麻衣
あべこうじ

ファイナルステージ[編集]

  • 予選ラウンドではアスリート軍団も参加し、猿ヶ京温泉で10,000脚ある椅子の中から5人の決勝ラウンド進出者を決定する。予選ラウンドの途中でお年玉チェアーが出現し、決勝ラウンド進出者が1人増える。なお、ダミーチェアーに座った回数もカウントされエリア内にある射的屋で弾と交換できに椅子の的を落とすことでヒントを入手可能。決勝ラウンドは夜の廃校で行われ、ヒントチェアーに座る→出現したA・B・Cの3つのチェアーに座る→出現したトゥルーチェアーに座るという手順を踏む必要がある。優勝すると300万が授与される。
放送日時 場所 同行アナ プレイヤー 決勝(太字が優勝者)
2011年1月1日[4]
24:10 - 26:10
猿ヶ京温泉
廃校
田中みな実 梶原雄太(キングコング)、春日俊彰(オードリー)
山崎邦正、熊田曜子、ヘリョン、レッド吉田(TIM)
宮地真緒、大島麻衣、あべこうじ
具志堅用高須藤元気宮下純一
須藤元気
宮地真緒
梶原雄太
熊田曜子
大島麻衣
春日俊彰

スペシャルバージョンのルールと結果[編集]

ルール[編集]

予選ステージ
13チームが熱海市内からスタート。トゥルーチェアーを見つけ出し座ることができれば決勝進出(座るのはメンバーのうちどちらでもいい)。ハズレの椅子に座ってもポイントがもらえ、獲得したポイントでエリア内にある道具屋でヒントや船のチケットなどのアイテムをもらうことができる。ポイントによる引き換えや、隠された船のチケットがもらえるイスに座ると船に乗って初島に行くことができる。初島には熱海市内よりも多くトゥルーチェアーが隠されている。
イスには座るとヒントかトラップが発動するハテナチェアーや座るとトゥルーチェアーかトラップが発動するトラップorトゥルーチェアーといった種類がある。
有名芸能人が、いたる所に隠れており、トゥルーチェアーの隠された場所を教えたり、トラップとして、妨害している。
トゥルーチェアーは複数(放送上確認できたのは8つ[5])あるが、そのうち座ることができた先着5チームのみが決勝進出となる。制限時間2時間が設けられており、時間内に5チームに達しなかった場合は進出出来たチームのみで決勝ラウンドを行う。
決勝ステージ
舞台を夜の初島に移し、制限時間30分以内にキングオブチェアーを探し出す。最初に座ったチームに賞金100万円が与えられる。タイムアップと同時にイスは消滅する。

結果[編集]

放送日時 場所 同行アナ プレイヤー 決勝(太字が優勝者)
2011年5月5日[6]
19:00 - 20:54
熱海市
初島
江藤愛 チームカミさんがアイドル
庄司智春(品川庄司)、藤本敏史FUJIWARA
チーム高学歴
小島よしお優木まおみ
チームサッカーバカ
松木安太郎ワッキー
チームグラビアアイドル
原幹恵松井絵里奈
チームD☆DATE
五十嵐隼士堀井新太
チームはなわ家
はなわ、長男、次男
チームジャガー
ジャガー横田木下博勝
チームモデル
小森純ユージ
チームものまね
山本高広おかもとまり
チームサンミュージック
カンニング竹山鳥居みゆき
チーム平成
平成ノブシコブシ(徳井健太、吉村崇)
チームファイター
内藤大助武蔵
チーム我
我が家坪倉由幸杉山裕之谷田部俊
チームサッカーバカ
チームモデル
チーム平成
チーム高学歴
チームファイター

ネット局と放送時間[編集]

パイロット版[編集]

放送対象地域 放送局 系列 放送日時 遅れ
関東広域圏 TBSテレビ(TBS) TBS系列 2010年7月20日 23時45分 - 25時20分 制作局
新潟県 新潟放送(BSN) 同時ネット
長野県 信越放送(SBC) 2010年7月20日 23時50分 - 25時20分
静岡県 静岡放送(SBS)
中京広域圏 中部日本放送(CBC)[7]
熊本県 熊本放送(RKK)

レギュラー版[編集]

放送対象地域 放送局 放送日時 遅れ
関東広域圏 TBSテレビ(TBS) 月曜 23時50分 - 24時50分[8] 制作局
北海道 北海道放送(HBC) 同時ネット
山形県 テレビユー山形(TUY)
福島県 テレビユー福島(TUF)
静岡県 静岡放送(SBS)
石川県 北陸放送(MRO)
中京広域圏 中部日本放送(CBC)
高知県 テレビ高知(KUTV)
福岡県 RKB毎日放送(RKB)
愛媛県 あいテレビ(ITV) 14日遅れ
富山県 チューリップテレビ(TUT) 水曜 24時40分 - 25時40分 16日遅れ
新潟県 新潟放送(BSN) 水曜 24時50分 - 25時50分 9日遅れ
熊本県 熊本放送(RKK) 不定期放送
青森県 青森テレビ(ATV) 月曜 24時25分 - 25時25分 3ヶ月遅れ

スペシャル版[編集]

放送対象地域 放送局 系列 放送日時 遅れ
関東広域圏 TBSテレビ(TBS) TBS系列 2011年5月5日 19時00分 - 20時54分 制作局
北海道 北海道放送(HBC) 同時ネット
宮城県 東北放送(TBC)
山形県 テレビユー山形(TUY)
福島県 テレビユー福島(TUF)
山梨県 テレビ山梨(UTY)
新潟県 新潟放送(BSN)
長野県 信越放送(SBC)
静岡県 静岡放送(SBS)
富山県 チューリップテレビ(TUT)
石川県 北陸放送(MRO)
近畿広域圏 毎日放送(MBS)
岡山県・香川県 山陽放送(RSK)
広島県 中国放送(RCC)
愛媛県 あいテレビ(ITV)
長崎県 長崎放送(NBC)
熊本県 熊本放送(RKK)
鹿児島県 南日本放送(MBC)
中京広域圏 中部日本放送(CBC) 2011年5月14日 13時00分 - 15時00分 9日遅れ
岩手県 IBC岩手放送(IBC) 2011年5月26日 19時00分 - 20時54分 21日遅れ
山口県 テレビ山口(tys)

スタッフ[編集]

  • ナレーション:平井誠一杉本るみ(ファイナルステージのみ)
  • 編成:宮尾毅
  • 構成:堀田廷、大船知克、佐藤ラヴリー
  • CAM:安達良
  • 音声:福重伸隆
  • 編集:清水良浩
  • MA:岡崎博之
  • 音効:中村充、佐藤光成
  • メイク:吉田みわ
  • 美術プロデューサー:松沢由之
  • 美術進行:安楽信行
  • 協力:池田屋フジアール麻布プラザ、アーツポート企画、デジデリック
  • ブレーン:西森尚展
  • AP:山本薫、山口ななえ
  • AD:上原脩平、富田賢一、菅原綾乃、松村早葵、田中勝
  • ディレクター:山本伸彦、石井賢次、木村亮、桜庭明夫、石田直央、小俣裕美
  • 演出:藤代賢二
  • プロデューサー:辻村たろう
  • 制作:NET WEB、TBS

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 単発番組の優勝者である梶原雄太は「第2回のキングオブチェアーを冠番組にできる権利」が与えられたが、レギュラー版は梶原の冠番組ではなかった。初代王者としてファイナルステージにシード(レギュラーシーズン免除)参加。
  2. ^ “春日、ペナら廃校イス取りゲームで死闘” (日本語). お笑いナタリー (東京都). (2010年10月10日). http://natalie.mu/owarai/news/38874 2010年12月8日閲覧。 
  3. ^ 河西と石田はAKB48のじゃんけん選抜メンバーによるシンガポール公演に出演するため。他の辞退メンバーに関しては辞退理由は明らかにされなかった。
  4. ^ 当初は2010年12月27日の予定だった。
  5. ^ 1つはお試しかっ!の形式で得る形である。
  6. ^ 当初は2011年3月19日の予定だった。
  7. ^ JNN基幹局で唯一、同時ネット。
  8. ^ TBSなど一部の地域では23時45分より『もうすぐキングオブチェアー』が放送されるためフライングスタート扱いとなる。世界バレーハイライト放送時は繰り下げ、アジア大会放送時は休止。

外部リンク[編集]

TBS 月曜23:50 - 24:50枠
前番組 番組名 次番組
G.I.ゴロー
※23:50 - 24:20
ビジネス・クリック
※24:20 - 24:25
【30分繰下げて継続】
全種類。
※24:25 - 24:55
キングオブチェアー
(2010.10 - 2011.1)
TBS もうすぐ月曜深夜枠
もうすぐG.I.ゴロー
もうすぐキングオブチェアー
(2010.10 - 2010.12)
もうすぐ妻と罰