キルヤタイム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

キルヤタイム旧約聖書に登場する地名である。「2重の町」という意味であると考えられている。

  1. キルヤタイム (モアブ)--ヨルダンの東にあったモアブの町。後に、ルベン族の相続地になった。
  2. キルヤタイム (レビ族)--ナフタリ族の相続地の中にあった町で、レビ族の支族ケハテ族に与えられた。レビの町のひとつである。