キルクーク県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
キルクーク県

キルクーク県(キルクークけん、アラビア語: محافظة كركوكMuḥāfaẓat Karkūkクルド語: Parêzgeha Kerkukê / پارێزگای کەرکووک)は、イラク北部の県[1]人口は約90万人。県都はキルクーク

地理[編集]

隣接する県は、北にアルビール県、東にスレイマニヤ県、南西にサラーフッディーン県の3つ。石油天然ガスを産出するキルクーク油田を擁する。

歴史[編集]

1976年から2006年まではタミーム県(タミームけん、アラビア語: محافظة التأميم‎)と呼ばれていた(1976年以前はキルクーク県)。

元々はクルド人が多く住む地域に、20世紀初頭のキルクーク油田発見後、アラブ人などが多く移住して来た。フセイン政権はクルド人を追放し、アラブ人を入植させるアラブ化政策をとった。サダム政権が崩壊したイラク戦争時、クルド人武装勢力ペシュメルガが米軍と呼応してキルクーク県を制圧した。

2014年、ISIL(イスラム国)がイラク北部で攻勢に出ると、敗走したイラク政府軍を尻目に、ペシュメルガがキルクーク州を防衛。ペシュメルガを指揮下に置くクルディスタン自治政府(KRG)が県を実効支配した。イラク政府が自治を公認するクルディスタン地域ではないが、クルディスタン地域の独立を問う2017年9月の住民投票も実施され、KRG側は「独立賛成が9割を超えた」と主張している。これに対してイラク政府は、キルクーク県の明け渡しを要求している。

地元新聞『ハワル』の推計によると、2017年時点の民族構成はクルド人が5割強、アラブ人が2割強、トルクメン人が2割弱である[2]

脚注[編集]

  1. ^ 日本の外務省はイラクの地方行政区画を「県」と訳しているが、「州」と表現するメディアもある。
  2. ^ キルクーク、一触即発/クルドが支配「イラク軍来るなら応戦」朝日新聞』朝刊2017年10月9日

関連項目[編集]