キルギスの国旗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
キルギスの国旗
キルギスの旗
用途及び属性 市民・政府陸上?
縦横比 3:5
制定日 1992年3月3日
使用色
テンプレートを表示

キルギス国旗は、赤地に黄色の太陽を描いた旗。太陽は40本の光条を放ち、内部には円形のシンボルが描かれる。現行の国旗は、1992年3月3日キルギス最高会議で制定された。

意匠[編集]

tunduk をユルト内部から見上げたもの

赤地は勇敢さと勇気を、太陽は平和と豊かさを象徴する。太陽の中に描かれた、円の中で2組の3本線を交差させたシンボルは、キルギス人など遊牧民伝統的なテント式家屋(キルギスではユルトと呼ぶ)の頂部にある構造 tundukキルギス語: түндүк)を表したもので[1]、祖国や宇宙を象徴する。

tunduk は、住居の要となる部分であり、親から子へと受け継がれていくものである。中央アジアでは広く用いられているシンボルであり、カザフスタンの国章にも用いられている。

過去の国旗[編集]

キルギスは、1936年にソビエト連邦を構成するキルギス共和国(キルギス・ソビエト社会主義共和国)となった。当初は赤旗の上部に黄色で КЫРГЫЗ ССР (Kirghiz SSR) や КИРГИЗСКАЯ ССР(Kyrgyzskaja SSR) といった文字が描かれたものを国旗とした。1952年12月22日、青と白の帯を配した国旗が制定された。ソ連崩壊から1991年までは、キルギス・ソビエト社会主義共和国の旗から鎌と槌、星を取り除いた図柄の国旗を使用していた。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『なるほど知図帳 世界 2007』 昭文社2007年、4版第1刷、143頁。ISBN 4-398-20029-0

関連項目[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]