キリクス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

キリクス古希: Κίλιξ, Kilix)は、ギリシア神話の人物である。フェニキアアゲーノールテーレパッサの子で、カドモスポイニクスエウローペーと兄弟[1]。一説にキリクスはタソスの父[2]。一説にキリクスはポイニクスとカッシオペイアの子で、タソス、テーベーと兄弟とされる。

ゼウスがエウローペーをさらったとき、アゲーノールにエウローペーの捜索を命じられたが発見できず、小アジア南部に移住した[1]。その地は当時ヒュパカイオイと呼ばれていたが[3]、それ以来キリクスにちなんでキリキアと呼ばれるようになった[1][3][4]。その後リュキア人と戦争になり、リュキアの一部を与えるという約束をしてサルペードーンとともに戦った[5]

脚注[編集]

  1. ^ a b c アポロドーロス、3巻1・1。
  2. ^ レーロスのペレキューデース(アポロドーロス引用、3巻1・1)。
  3. ^ a b ヘーロドトス、7巻91。
  4. ^ ヒュギーヌス、178話。
  5. ^ アポロドーロス、3巻1・2。

参考文献[編集]