キリギリス亜目

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
キリギリス亜目
Mombach fg24.jpg
キリギリス科の1種 Metrioptera bicolor
分類
: 動物界 Animalia
: 節足動物門 Arthropoda
: 昆虫綱 Insecta
: バッタ目(直翅目)Orthoptera
亜目 : キリギリス亜目(剣弁亜目)Ensifera
学名
Ensifera Ander1939
シノニム

Grylloptera Kevan[1]1973
Locustoidea Handlirsch1906–08

上科

キリギリス亜目 (Ensifera) は、剣弁亜目コオロギ亜目ともいい、昆虫綱バッタ目の1亜目である。

特徴[編集]

「鳴く虫」として知られる。左右の前翅をすりあわせて鳴くコオロギやキリギリスが有名だが、他にも、脚や腹を使って鳴く種もいる。なお、姉妹群バッタ亜目には前翅と後脚をすりあわせて鳴く種が多い。

鳴くのは原則として雄だけであるが、ケラ科ツユムシ科などは雌も鳴く。

コオロギ上科、一部の科は、前脚の肘のあたりに、耳を持つ。

分類[編集]

現生群[編集]

現生科の分子系統分類は次のようになる[2]

バッタ目

バッタ亜目


キリギリス亜目

ハグラ科 Haglidae



コロギス上科


クロギリス科 Anostostomatidae



コロギス科 Gryllacrididae




Stenopelmatidae*



Lezinidae





キリギリス科 Tettigoniidae




カマドウマ科 Rhaphidophoridae




Schizodactylidae


コオロギ上科

ケラ科 Gryllotalpidae




アリヅカコオロギ科 Myrmecophilidae




カネタタキ科 Mogoplistidae



コオロギ科 Gryllidae











なお、主に形態系統からなる分類により、コオロギ上科・Schizodactyloidea 以外をまとめたキリギリス上科 Tettigonioidea sensu Gwynne 1995(分子系統からは側系統となる)や、キリギリス科とハグラ科をまとめたキリギリス上科 Tettigonioidea sensu Otte 1997(分子系統からは多系統となる)が使われることもある。

絶滅群[編集]

Wikispeciesより絶滅群を抜粋。

  • Elcanidea
    • Elcanoidea
      • Elcanidae, †Permelcanidae
    • Permoraphidioidea
      • Permoraphidiidae, †Pseudelcanidae, †Thueringoedischiidae
  • コオロギ下目 Gryllidea
    • コオロギ上科 Grylloidea
      • Baissogryllidae, †Protogryllidae
  • Oedischiidea
    • Oedischioidea
      • Anelcanidae, †Bintoniellidae、†Mesoedischiidae, †Oedischiidae, †Proparagryllacrididae, †PruvostitidaeTcholmanvissiidae
    • Triassomanteoidea
      • Adumbratomorphidae, †Triassomanteidae
    • Xenopteroidea
      • Xenopteridae
  • キリギリス下目 Tettigoniidea
    • Hagloidea
      • †ハグラ科 Haglidae, †Hagloedischiidae, †Tuphellidae - (ハグラ科から現生群が Prophalangopsidae として分離されてハグラ科が絶滅群となっている)
    • キリギリス上科 Tettigonioidea
      • Haglotettigoniidae

出典[編集]