キョプリュリュ・アフメト・パシャ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
キョプリュリュ・アフメト・パシャ

キョプリュリュ・ファズル・アフメト・パシャKöprülü Fazıl Ahmed Paşa, 1635年 - 1676年10月19日)は、オスマン帝国大宰相首相)。父であり先代の大宰相でもあるキョプリュリュ・メフメト・パシャ英語版と共に国力の回復に全力を注ぎ、キョプリュリュ時代と呼ばれる帝国の中興の時代を作った。キョプリュリュ・ムスタファ・パシャの兄。

1661年、父の死に伴い大宰相に就任。1668年ヴェネツィアからクレタ島を奪取。1672年にはウクライナコサック達からの救援要請に応じてポーランド軍をポドリア(現在のウクライナ南西部)で破り、この地域の支配権を獲得した。これがオスマン帝国が最も膨張した時であり、キョプリュリュ時代の最盛期であった。

1676年、41歳で死去。後任には義弟のカラ・ムスタファ・パシャが就いたが、功を焦ったカラ・ムスタファは1683年第二次ウィーン包囲で失敗して処刑、キョプリュリュ家の時代は終わりを告げた。但し、後にキョプリュリュ家から大宰相に任命された者が確認され、弟のムスタファも大宰相になっている。

関連項目[編集]