キョウ煌城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
本来の表記は「龔煌城」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。
龔煌城
出身地: 雲林県北港鎮
職業: 言語学者
各種表記
繁体字 龔煌城
簡体字 龚煌城
拼音 Gōng Huángchéng
和名表記: きょう こうじょう
発音転記: ゴン・ホワンチョン
英語名 Hwang-cherng Gong
テンプレートを表示

龔煌城(きょう こうじょう、1934年12月10日2010年9月11日)は、台湾言語学者

シナ・チベット語族比較言語学西夏語、および中国語音韻史に関する研究で知られる。

生涯[編集]

龔煌城は日本統治下の台湾台南州北港郡(今の雲林県北港鎮に生まれた。1958年に国立台湾師範大学を卒業した後、台北市立大同中学で英語を教えていた。1968年にドイツに留学して歴史言語学を学び、1976年に中国語上古音の研究[1]によってミュンヘン大学の博士号を取得した。

1976年に帰国し、中央研究院歴史語言研究所(のちに語言学研究所)に就職した。2004年に退職した。その間国立台湾大学で教え、また日本や米国でも客員教授として教えた。

癌のため2010年に没した。

業績[編集]

龔煌城はシナ・チベット語族の音韻対応の規則の追求で知られる。1980年の論文「A comparative study of the Chinese, Tibetan, and Burmese vowel systems」(『漢蔵語研究論文集』所収)で中国語上古音(李方桂の再構による)・チベット語ビルマ語の母音体系の音韻対応の法則を示して以来、シナ・チベット語族の厳密な音韻対応関係を求めつづけた。

龔煌城は1980年代には主に西夏語を研究した。龔は西夏語の音韻交替(人称による動詞の母音交替など)を明らかにし、また従来の西夏語再構音を改良した。李範文の『夏漢字典』(1997)は龔煌城の再構音を使用している。その後、龔煌城はシナ・チベット祖語の再構にも西夏語を利用した。

龔煌城の主な論文は2002年に出版された2つの論文集にまとめられている。

  • 漢蔵語研究論文集. 中央研究院語言学研究所. (2002). 
  • 西夏語文研究論文集. 中央研究院語言学研究所. (2002). 

脚注[編集]

  1. ^ Gong, Hwang-cherng (1976). Die Rekonstruktion des altchinesischen unter Berücksichtigung von Wortverwandtschaften. 

外部リンク[編集]